■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    出世魚は上手いかマズイか
    ここをご覧の皆様の7~8割の方が多分サラリーマンだと思います。
    で、突然聞きますが、皆様、出世ってしたいですか?

    今年の3月まで俺がいた部署っていうのは、若手は玉石混合で、40歳以上
    は諦めてのんびり人生って感じの所で、リラックスできてなかなか良い所で
    した。4月からいる今の部署は、若手はやはり玉石混合なんですが、40歳
    以上は全員が出世コースまっしぐら組なんですね。
    職場の雰囲気は当然全く違います。前は、仕事中テキトーにさぼったりして
    ましたけど、今はもう無理ですね。。
    あ、決して俺が出世コースに乗ったっていう意味じゃありませんので、念の
    ため。若手は試されていろんな部署に行かされるんです、うちは。
    その出世組の人たちを毎日見ていて思うこと。
    出世するには、下記の要件を満たさなければならない。

    ・長時間の残業をしても元気に仕事を続けられる強靭な肉体
    ・少々の理不尽なことは目をつぶれる、ある意味鈍感で耐性の強い心
    ・様々の利害(上司、同僚、部下、他の部署など)の合間をうまくぬって
     生きていくバランス感覚
    ・自分をまずい立場に置かないようにする口の巧さと人当たりの良さ
    ・プライベートよりも仕事を優先させられること(できれば無趣味が吉)

    うちの管理職たちは上記の要件のほとんどを満たすサイボーグみたいな人が
    多いですね。
    特にうちのボスは、周りがあくびしたり目にクマ作ってる中で、一人で嬉々
    として仕事の話を続けるタイプで、夜遅くなってみんながようやく開放され
    たー!って思ったら、「俺は今から飲みに行って、うちに帰って(仕事の)
    資料読んでくる」とか言っちゃう人で、まさにサイボーグです。
    倍率何倍だか知りませんが、出世競争の勝者はこうでなきゃ、って感じの人
    ですね。

    ここをご覧の皆さんは、サラリーマンでも、マンドリンやら映画やら、趣
    味を持ってる人がほとんどだと思います。だから、絶対このへんのことでの
    ジレンマってあると思うんですけど、いかがですか?
    俺はジレンマはジレンマなりに結論は出せません。どっちかというと、趣味
    重視のつもりで人生生きてますけどね。でもそう一方的に割り切れるもんで
    もないです。実際、仕事は今の「勝ち組」部署の仕事の方が面白いですし。
    しつこいですが、俺自身はぜんぜん勝ち組でもなんでもないんですけどね。

    え、要領良くこなせば、簡単に両立できる?そりゃ失礼しました。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。