■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    きんちょーかん
    演奏会が近くなりますと、たいてい自分のパート譜は書き込みだらけになります。

    当日はそれを誰かと一緒に見ることもあるので、なるべく誰もがすぐにわかる書き方をしているつもりではありますが、合奏中に例えば、

    「はい、じゃあここはチェロは、聴いてる方がゾクっとするくらい、緊張感を持って弾いてみて」

    なんて言われるとします。

    しかし、それを克明にメモしてたら、次の音出しに間に合わなくなるわけで、そういう時は仕方ないので、

    「きんちょーかん」

    などと、小学生バリに平仮名でメモすることになります。
    それもめちゃくちゃ汚い字で。

    で、そうするとですね、演奏していてこの箇所にやってくると、視界に「きんちょーかん」っていう脳天気な文字が入ってきて、むしろ緊張感が解けてしまうことにつながるという罠が・・・。

    ちゃんちゃん。

    あ、これだけではナンなので、ちょっとだけマジ話をしますと、

    音符の所に、文字を書かずに、ただ○印なんかを付ける

    これは、良くないですね。

    後で見て、

    「はて、これは何の○印だろうか?なにか重要で気をつけろ!っていうことを示唆しているのはわかるのだが・・・」

    ってなります。で、それを考えているうちに、演奏はどんどん先に進んでしまっているということに(って、それはさすがにそこまでは、そうそうないですけど)。

    ちなみにこの「ただ○印はダメ」ってのは、メトでよく言われることです。自分もこれは注意していたつもりなのに、さっき見たら、いくつかやってしまってました・・・。

    あと、自分の譜面を見ていて、

    「レガートで」

    とか、

    「音を抜かずに保つ」

    なんてはっきりと書いてある箇所は、あとで見ても意図が明確でわかりやすくていいのですが、困るのが文学的表現。

    「夢の中を散歩するかのように」

    って、、、佐久間学(@のだめカンタービレの音楽記者)じゃあるまいし・・・。あ、ちなみにこれは今回のメトではありません、念の為。

    あと、単に

    「しっかりと」

    って書いてあったのも後で見て困りました。。。

    一体、何を「しっかりと」やるのか?

    弾けないから、「しっかりと弾け!」ってことなのか?

    音が弱弱しくなりがちな箇所だから、「はっきりした強い音で」という意味なのか?

    精神的に弱気になりがちだったり、そろそろ疲れてくる頃だから、「頑張れ!自分!!」みたいな青春応援歌的な意味で書いたのか?

    自分で書いたクセに、全く思い出せないんですよね・・・。


    【ただ今のBGM】
    コダーイ:ガランタ舞曲

    ドラティ指揮フィルハーモニア・フンガリア




    本番まで毎日アップの演奏会情報↓

    チケットご入用の方はメールか鳩か念でも送ってください(って、またしても!他人様のパクリかいっ!)


    メトロポリタン・マンドリンオーケストラ第17回演奏会

    日時:2006年9月17日(日) 18:00開場 18:30開演

    場所:日本大学カザルスホール(JR御茶ノ水駅)

    地図はこちら

    指揮者:小出雄聖

    曲目:
    アルフレード・カセッラ(笹崎譲編曲)/「小管弦楽のためのセレナード」より「カヴァティーナ」

    ゾルターン・コダーイ(笹崎譲編曲)/ガランタ舞曲

    リヒャルト・ワーグナー(笹崎譲編曲)/楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲、愛の夜の場面と愛の死

    料金:全席自由 前売2,500円 当日3,000円


    演奏会が近づいてきたので、曲紹介でもしてみんとしてすなり、ってことで、ええとまずは、

    曲目紹介:ゾルターン・コダーイ/ガランタ舞曲

    コダーイはハンガリー人。1882年生まれ、1967年死去です。
    生没年の割には、割と旧時代的な音楽を作る作曲家なのかな?という印象です。
    例えば、コダーイと同じハンガリー人で、コダーイと似た傾向ながら、さらに先鋭的な音楽作りをしたバルトークなんかは、実はコダーイよりも1年早く生まれています。

    ちなみに1つ豆知識をひけらかせていただきますと、ハンガリー式表記ではコダーイ・ゾルタンの順です。
    つまりハンガリーって、ヨーロッパの中心にある国でありながら、アジア系マジャール人の国家なのですよ(とは言っても混血が進んでいるため、見た目は周辺の東欧各国と大差ありませんが)。
    そのため、日本人と同じく、「苗字-名前」順で表記するんです。ご存知でした?
    って、そんなことばっかし知って、肝心なことは何も知らない不毛な自分です。。。

    コダーイはバルトーク同様、ハンガリー民謡を研究し、その語法をクラシック音楽の形式の中に盛り込んだ曲を作った人です。

    最も有名な曲は、「ハーリ・ヤーノシュ」ですね、間違いなく。
    これの「ウィーンの音楽時計」は、たぶん大抵の方は、聴けば、「ああ、これか」ってなるくらい、有名です。

    その次が「無伴奏チェロ組曲」でしょうか。これはあのJ.Sバッハの同名曲に次いで「無伴奏チェロ」の定番曲として知られるものです。
    シュタルケルというチェリストが弾いた名盤があります。
    これ、とてつもなく鬼気迫る演奏で、聴く者を圧倒する演奏です(新旧ありますが、私は新盤しか聴いてません)。

    そして、コダーイの中では、その次、3番目くらいに知名度が高い曲が、今回メトで演奏する「ガランタ舞曲」。

    ガランタというのはハンガリー西部(現チェコ領?ウィーンとブダペストの間という説もあるが、私には今、確認する術がない・・・)の街の名前です。

    冒頭のテンポはLento。
    私のパート譜には「四分音符=54」という表記がありますが、32分音符が多用されており、ゆっくりなテンポ感の割に音はチャカチャカ動いている印象です。
    あとはpoco a poco accel(少しずつ加速)とかrall(ラレンタンド・だんだんゆっくりと)などのテンポ操作があるものの、全体としてはレントやアンダンテ・マエストーソ(四部音符=76~80)といったテンポ感で、曲全体の時間の半分近くを占めます。
    2/4拍子に変わる所で、初めてAllegro con moto(四部音符=126)となり、あとはテンポの減衰はあれど、基本的には曲の最後までなだれ込むように盛り上がる一方。

    この曲後半のアッチェレ(加速)、聴く人にとっては、生理的快感を味わえる部分かと思います。
    演奏会が楽しくなること間違いなし!っていう具合に行きたいものです。

    あと、メトにおいてはソロの名手が各パートにいるので、それをお楽しみいただくのも、重要なポイントでしょう。
    自分もステージ最後列から楽しませてもらうつもりです。






    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:15:29| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。