■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    演奏会当日です
    今日は演奏会本番。

    昨日はなかなか充実した1日だったので、ブログの更新もせずグッスリ就寝でした。

    そしてつい先ほど起床。

    ずいぶん寝たので、すっきりいい気持ち。

    まだカーテンすら開けておらず天気すらわかってませんが、今日はきっといい一日になることでしょう~。
    そんな予感がする爽やかな朝です。

    9月15日(土)の一日

    7:15 起床
    8:15 家を出る
    10:00~13:00 リベルテ(アンサンブル)練習@横浜桜木町
    13:00~13:30 リベルテ・打ち合わせ
    15:00~19:00 メトロポリタン・マンドリンオーケストラ、
                ステージリハ@カザルスホール(東京お茶の水)
    20:30 帰宅・夕食等々
    22:30 練習
    23:30 映画「ビフォア・ザ・レイン」(マンチェフスキー監督・マケドニア)を観る(後日、感想書きます)
    25:00過ぎ 就寝

    でした。

    リベルテでは、もともと少人数のアンサンブルをさらに分解し、6重奏(1st・2nd・ドラ・チェロ・ギター・ベース、各1人ずつ)の形でいくつかのグループを作って演奏し、他のメンバーはそれを聴くという練習をしました。
    これ、バーンスタインがウィーンフィルでベートーヴェンの弦楽四重奏曲第14番と16番の弦楽合奏版をやった時と同じ練習法ですね(あちらでは、お互い聴くことまでしてたかどうか不明ですが)。

    別に見せしめのためにやるわけではなく、現状の問題点の把握や、同じパートの人に頼らずに他のパートを聴いて合わせることの良い練習になると感じました。

    メトは、いよいよ最後の練習でした。

    本番前日に会場入りして、練習できるという贅沢な環境!

    昨日、演奏中に数回、客席に降りて、ホールの音響を確認しましたので、今日の当日ゲネは、とにかく演奏する全ての音符をきっちり弾くということに専念したいと思います(同じ箇所をもし繰り返したら、また客席まで聴きに降りるかもしれませんが)。

    カザルスホール、ステージにいると、他のパートがあまり聴こえません。
    なので、指揮者やコンマスの動き、自パートの1プル目の人たちの動きを注視して合わせる必要がありそうです。

    そんな時、

    「あー、暗譜しときゃよかった」

    って思うのですが、どうにもこうにもこの所、こなす楽譜の数が多い状態が続いているので、なかなか1曲1曲をそこまで深くやれません。

    これから会場へ向かう電車の中で、1つでも2つでもいいから、暗譜してみようかしらん~、と思います。

    奇しくも昨日、リベルテでもM月君より、「ソロの部分は少なくとも全部暗譜してください」指令が出ました。

    ソロの部分ったって、5小節や10小節じゃないんですよね、今回。
    50~100小節くらいはあります。
    でも確かに、全部(「おたまじゃくしの形」だけではなく、フォルテとかピアノとかスラーとかクレシェンドとか休符の長さとかも含めた全体を)暗譜しておくと、周囲の動きが、耳だけでなく目でもカンタンに追えるようになるし、そもそも暗譜するくらいになれば、初歩的なミスもあまりしなくなっていることでしょうし、かなりの効果がありそうです。いや、「効果がある」のではなく、「やらないとダメ」なのかも。
    十分条件ではなく必要条件ってことですか。。。

    演奏会当日ですが、【暗譜】というキーワードを今後の課題として1つ胸の中に置こうと思った今日この頃です。


    チケットにまだ若干余りがありますので、今日になって来られるようになった!っていう方は、チケットまけときますんで、duende-juergaあっとまーく以下イーズィーウェブまでメールか何かを送ってください。

    午後4時くらいまででしたら受付可能と思われます。


    メトロポリタン・マンドリンオーケストラ第17回演奏会

    日時:2006年9月17日(日) 18:00開場 18:30開演

    場所:日本大学カザルスホール(JR御茶ノ水駅)

    地図はこちら

    指揮者:小出雄聖

    曲目:
    アルフレード・カセッラ(笹崎譲編曲)/「小管弦楽のためのセレナード」より「カヴァティーナ」

    ゾルターン・コダーイ(笹崎譲編曲)/ガランタ舞曲

    リヒャルト・ワーグナー(笹崎譲編曲)/楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲、愛の夜の場面と愛の死

    料金:全席自由 前売2,500円 当日3,000円


    曲目紹介は尻切れトンボでした。ゴメンナサイ。

    演奏会プログラムに詳細に説明されてますので、そちらでお読みになってくださいまし~。

    ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」は今回の演奏会の目玉ですので、ひと言だけ。

    最近読んだ本に、

    「ワーグナーにないもの。それは舞踏と諧謔(ユーモア)である。」

    てな記述がありました。

    たしかに。自分はそれ以外に「祈り」もないのかな、と思います。

    専門的なことはよくわかりませんが、おそらく西洋音楽の源っていうのは、「舞踏と祈り」だと思うんです。農民やら修道士やらが、生活の中で育んでいった音楽。それが近代のシステマチックな時代になって、体系化されていったのが、今私たちがクラシック音楽として認識しているもの、大雑把過ぎますが、だいたいそんな感じだと思います。

    でも、ワーグナーにはそれがない。

    その代わり、それを補って余りある(ありすぎる)パワーが彼の音楽にはあると思います。
    聴いてる・弾いてるうちに、体内に潜在しているエネルギー分子が全て活性化していくような、そんな感覚があります。

    だからこそ、ナチスに利用されたりもしたんだと思いますけど。
    「トリスタンとイゾルデ」は退廃的な愛を描いた音楽なので、国民を1つに束ねて前進していかないといけないナチス政権には恐らくそんなに好まれなかったんじゃないかと思いますが。

    しかし、この曲の演奏を終えるといつになくドッと疲れが来るのは、曲の長さによるものだけではなさそうです。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 09:21:35| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。