■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ナイーブな平日
    【ただ今のBGM】
    「鏡」より「鏡の谷」(ラヴェル)

    ペルルミュテール(ピアノ)




    ラヴェルと同時代のピアニストで直接交流のあったペルルミュテール。だから,彼の演奏は正しいとか優れているとかいうつもりはないけれど,しかし素晴らしい。羽のように軽やかな音で,水のように透き通った音楽が流れていく。空気が光っているように感じる。

    演奏会が終わる度にいつも思うことですが、

    演奏会が終わっても世界は続く

    のですね。当ったり前なのですが。。。

    どこか華やぎ、寂しく、そして浮ついた感じの気分は、日常の現実があっという間に洗い流してくれます。

    もちろんそれに順応できないほどウブではありません。

    給与所得者として、そんなにナイーブじゃ生きていけませんもの。

    ただ、帰宅してラヴェルのピアノ音楽なんぞを聴いてしまうと、またまた一直線に「不思議な国のアリス」の世界へ舞い戻ります。

    体育会系の人から見ると、クラシック音楽なんてやってる人は、相当にお上品で、済ましていて、浮世離れしているように映るようです。実際は人のキャラにもよりけりとは言え(お下品で、野卑で、世俗的なクラシック愛好家だっていっぱいいますしね^^;)やはり、このラヴェルなんかを聴いていると、「六甲おろし」で騒いでいる世界とはほとんど違う星にいるような気がします(でも自分はどっちも好きな人格分裂者・・・)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:24:13| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。