■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    誕生日のパラドックス
    【ただ今のBGM】
    「グラゴル・ミサ」より(ヤナーチェク)

    カレル・アンチェル指揮チェコフィルハーモニー管弦楽団




    ヤナーチェクって、田舎っぽい(チェコ東部モラビア地方の人)のに、どこか抽象的な音楽で、超然としていて、ミステリアスで、「理解」なんて全くできませんが、とても惹かれるものがある作曲家です。

    彼のオペラもいいですね。

    「イエヌーファ」と「利口な女狐の物語」は実演で観たことがあります。
    音楽も格好いいですし、演劇文化(特に風刺的なもの)や文学(カフカなど)が発達しているチェコらしく、内容も含蓄あるものでした。

    そしてこの「グラゴール・ミサ」。

    大規模な宗教音楽だったら自分は、

    「フォーレのレクイエム」
    「モーツァルトのミサ曲K337」
    「バッハのミサ曲ロ短調」
    「ペルゴレージのスターバト・マーテル」

    といったあたりが好きです(相当ベタですね)が、「グラゴール・ミサ」も上記4曲と同じくらい好きな曲です。

    特に、「Postlude」のオルガンソロ、あの「ウィーウィルロックユー」(クイーン)みたいな(?)音楽はなんですか、あれ?

    宗教音楽のクセ(?)に(「のび太のクセに」と同じ理論)格好良すぎです。


    さてさてやってきました、9月20日

    この日は何を隠そう(何も隠しませんけど)ワタクシのバースデイであります。

    ケーキにローソクを三十ウン本立てて盛大にお祝いしました(やるわけねー。実際は残業でした・・・)。

    もはや、この年になって自分の誕生日なんて嬉しくもなんともないのですが、実は我が飼い犬のクッキー@コーギー犬♂がまったく同じ誕生日で、この日で6歳になったんですね。

    というわけで、たまには画像を貼りコしてみましょうか。
    後姿ですけど。。。

    maydoginthecar.jpg


    さて、このわんこを除けば、同じ誕生日っていうのは、滅多にいるもんじゃありません。

    そういえば、私の大学のマンドリンの後輩には、この9月20日近辺5日以内に4~5人、誕生日の人がいたような話を聞いたことがありますが、それでも、全く同じ日の人は聞いたことがありません。

    かつては、【安室奈美恵と同じ誕生日】ということを自分より年少者に対するウリにしてみた甘酸っぱい過去もありましたが・・・(ナハハハ)。

    時に、ワタクシ@私立文系がニガテとする数学の世界には、【誕生日のパラドックス】という問題があるそうです。

    これは、

    「何人集まればその中に同じ誕生日の人がいる確率が50%を超えるか?」

    ということを解明しようとすると、直感的な答えよりもずっと少ない結果が出るというものだそうで、私の弱いオツムでは、

    「365日の半分で182、5人くらいじゃね?」

    とかテキトーに考えてみたりするわけですが、

    答えは、コチラのサイトにあるように、「23人」なのだそうです。

    「うっそだ~!?23人いたって、そん中に、おいらと同じ誕生日の人なんて普通いねーべよ。数式上正しくたって、オラの目は誤魔化されんぞい。」

    と、右脳的には思ってしまうのですが(数学を「右脳的に」捉えるなっつーの!って気もしますが)、ただでさえニガテな所が更に老化したオツムでは、もうこのサイトの式で求められた結果を信じる他ないのです。

    いやしかし、数学の式ってずいぶん久々に見ましたが、これを週何時間もやってる中高生っつーのは、スゴイですわ。

    自分、もはや「微分積分」なんか絶対わからないし、

    だいたいリンク先の「!」マークってなんだったっけ?っていうレベルの低さ。

    たぶん、「三角関数」も忘れてるし、それどころか、「2次方程式」も危うい。

    いや、格好付けず率直に言いますと、「1次方程式」も「因数分解」も危ういかもしれません・・・。

    確実にわかる!と胸を張れるのは、ひょっとしたら、「ひと桁の足し算・引き算・掛け算九九・割り算」くらいかも・・・(いくら何でも情けなすぎ)

    一方、自分が高校時代に一番得意だった学科の「世界史」なら、今でもかなり行ける気はします。
    今年の1月、新聞に載ってたセンター試験の世界史の問題見たら、だいたいわかりましたしね。
    かつては、某S台予備校だのYゼミナールの模試で、「全国1位」を取ったこともありましたっけ(そういう過去にしがみつくとロクな大人にならない)。
    しかし、世界史に関しては、その後さらに磨きをかけたので、むしろ今の方が詳しい面もあります。

    中学とか高校でやった勉強って、大人になって一体なんの役に立つのか、今なおようわからん所もありますが、しかし、それがわからぬまま、そして自分自身どんどん学ぶこと自体も忘れていく大人を目の前にした子供たちは、いくら「勉強しなさい!」って言われたって、勉強しなくなるのは当然なのではないか?っていう気もします。

    人生は生涯勉強なんだと言いますが、それは「酒を呑みながら、友だちや上司から人生観を勉強する」とかそういうことだけでなく(それも無論大切ですが)、やっぱり少しは机に向かう時間も必要なんだろうな、と思います。
    特に、「メシの種」になんて全くならない雑学みたいな勉強がいいな、と個人的には思います。
    資格試験とかには、あまり惹かれませんが、少しは「ハク」も欲しいので、そろそろ何か取得しようかとも最近思います。

    というわけで、今年の目標は、漠然と、

    「勉強」

    ということにしておきましょう(確か、正月に立てた目標と同じですな。9月にして全然できてないんです・・・)


    スポンサーサイト


    ブログ | 00:57:32| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    「自分と同じ誕生日の人がいる確率」ではなく、
    「その集団の中に同じ誕生日同士の二人(もしくはそれ以上)がいる確率」
    ということらしいですヨ。

    >部屋に22人の人間がいる。あなたがその部屋に入ったときに、
    >「あなたと同じ」誕生日の人がいる確率は50%ではない。
    >その確率はずっと低い。これは、「あなた以外の人」の
    >誕生日が同じであるという可能性は考慮されないからである。

    それにしても、タテラッツィさんの日記をさらりと読んで
    「因数分解くらいはさすがに……!」と思いかけて、はた、と。

    因数分解って何だっけ。

    と思ってしまった僕はもうだめぽ。
    時々無性に、小中学校時代の教科書を読み返してみたいという衝動に駆られます。
    2006-09-21 木 09:44:47 | URL | テット [編集]
    まあ!
    なんと!
    娘と誕生日が同じなのですね。
    しかも、私の勤務先にも9月20日生まれの方がいますのよ。
    案外、誕生日が同じ人っているものねえ。
    2006-09-21 木 19:24:05 | URL | ささざき妻 [編集]
    むむむ
    なつかしい響き・・とだけ言っておきます。ああ・・あんなに勉強したことは何だったんだ~!

    でも、おっしゃるように、一度でも机に向かい、必死にやったことは、今思うとすごくよかったなぁと思います。たとえ忘れても、やっぱり必死に勉強する期間って人間に必要ですよね(^-^)

    同じ誕生日かぁ。私は知り合いで2人います。そのうち1人はいとこですよ。
    2006-09-21 木 22:56:57 | URL | えりぞう [編集]
    皆々さま
    テットさん

    そうですね。
    「その集団の中に同じ誕生日同士の二人(もしくはそれ以上)がいる確率」

    自分もそれはわかっていたつもりですが、書いているうちにゴッチャになってしまっておりました。。。

    ご指摘ありがとうございます。

    「因数分解」っていうのはですね!ええっとぉ、


    「因数を分解するんです」

    おーい山田君、座布団全部持っていって~状態ナリ・・・。

    ささざき妻さま

    おー!!ほんとですか?
    「さよちん」ですよね??あのメト本番に会わせて誕生されたお子様ですよね??
    いやはや光栄です。
    しかし、お二人のDNAが娘さんだけでなく自分に1割でも来ればよかったのにぃ、、、。

    えりぞうさん

    「いとこ」と同じ日に生まれたら、親戚はみなさん大変だったでしょうね(笑

    双子とかそういうシチュエーションを除けば(そういえば“未』には双子が2組もいるんでしたっけ)なかなかお目にかかることも少ないですよね、同じ誕生日の人って。

    2006-09-22 金 01:46:02 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。