■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    やっと少し公開
    ようやく、7月のバルカン旅行の写真がPCに取り込めました。
    (USBケーブルかドライバか、どっちかに異常があった模様)

    というわけで、何枚かアップしてみます。

    そのうち、時間ができましたら、旅行記サイトを作りたいな、と思っております(が、いつになることやら・・・)

    RIMG0267.jpg

    ボスニアの古都モスタルの橋です。
    内戦で破壊されましたが、見事復活し、昨年、見事に世界遺産登録されました。


    RIMG0660.jpg

    マケドニアのオフリド湖畔。
    カネヨ寺院という僧院と湖が入った写真は絵葉書の定番でもあります。
    大好きな所です。



    RIMG0337hosei.jpg

    アドリア海に面したドブロブニク(クロアチア)。たしか、「紅の豚」はこの街の景色をヒントにしたとか、聞いたような気がします。
    夕焼けの中で、とても美しい景色。


    RIMG0552hosei.jpg

    わずか1日前(!)に国連から承認されたばかりの新独立国・モンテネグロ共和国のブドヴァという街のバスターミナルにあったバスの時刻表です。
    こちらの国々の多くは、キリル文字を使用。
    この「2ちゃんねる」でしか見かけないような文字列(笑)、読める方いらっしゃいますか?
    自分は2週間くらいの特訓により、だいたい読めるようになりましたよん、エヘン♪
    このバスの行き先、「ポドゴリッツァ」とか「コトル」とか「ノビサド」とか「ベオグラード」とか、、、バルカン半島フリークには、ヨダレもんの地名たちなんです。



    RIMG0840hosei.jpg

    ギリシア第2の都市テッサロニキの街を歩いていたら、どこからか弦楽器の音が。音のする方へ行って覗いてみると、中ではこのオジサンがギリシアの民俗楽器ブズーキを弾いていました。
    「自分はマンドリンをやってるんすよ」
    「ほぉ~、日本人はマンドリン好きなのか?」
    「いやいやいや、そんなにみんなやるわけじゃないっす^^;)」
    なんて会話をし、少しブズーキを触らせてもらうも、まずチューニングがよくわからず、全く弾けませんでした。
    帰り際、外に出た自分に向かって、「上を見ろ!」って英語で言うから、ふと見たら、2階の窓からサンドイッチが降ってきました。
    奥様がいつの間にか準備してくれてて、上から投げてくれたんです。
    私はこれを見事にナイスキャッチ!
    「遠い所から旅に来たんだから、これ食べて元気出せ!じゃあな!」なんて感じのことを言われて私を送り出してくれました。なんと意気な人なのでしょう!
    もし自分の家に外国人が来ることがあったら、自分も絶対これ、やってやろうと思っております~。



    【ただ今のBGM】
    交響曲第5番(ベートーヴェン)

    スクロヴァチェフスキ指揮ザールブリュッケン放送交響楽団★★★★★




    「よっぽどの場合しかCD買わないキャンペーン」は何とかかんとか実行中。

    今年はまだ30~40枚くらいしかCD買ってません。
    (例年ならば9月にもなれば軽く3ケタです・・・)

    上記はその「よっぽどCD」の1つでした。

    「巨匠」と呼ばれた指揮者はほぼ全員が20世紀のうちに死去したとされており、現在生きている指揮者は、20世紀の巨匠時代から見たら、ほとんどの人が小粒も小粒っていうのは、音楽業界内ではほぼ一致を見ている意見のようです。
    しかし、スクロヴァチェフスキは、数少ない「20世紀的巨匠指揮者の残り香」がする人です。

    もっとも、フルトヴェングラーみたいな身振りの大きな表現を志向する人では決してなく、あくまで丁寧に、音のバランスを整えながら作り込んでいくタイプの指揮者です。
    このベートーヴェンの俗称「運命」と呼ばれる交響曲においても、彼は「運命が扉を叩く」なんていう標題性はほとんど感じさせません。
    あくまで曲を「アレグロ コン ブリオ」の音響体として、スコアを建物の設計図のように見立てて構築している、そんな感じです。

    それなのに、出てくる音楽にスケール感があるのは、「人間としての器」なのでしょうか?

    アンナー・ビルスマという名のバロックチェロの第一人者がいるのですが、彼によると、ベートーヴェンを境に、その前と後で、音楽は真っ二つに分類できるのだそうです。

    「平等の音楽」とそうでない音楽。

    つまり、ベートーヴェンの生きている時代に、「フランス革命」が起きたのが大きいんだということだそうです。

    これにより、人類は皆平等なんだ、という思想が欧州内に根付いて行った。だから、それ以降の音楽は全て、「作曲家の感情は聴衆もまた共有できる」という前提の下に作曲されねばならなくなったんだとか。

    だから、ベートーヴェンは、自分の持っている熱意がそのまま聴衆にも共有される筈である、そうでなければ、「平等」と「博愛」を旨とするフランス革命の精神は成り立たなくなってしまうと、そう思っていたって言うんですね。

    ベートーヴェン以降のロマン派音楽たちが、時に押し付けがましく感じられるのは、おそらくこの、「作曲家のパーソナルな感情の強制的な共有」を強いられる所にあるんだろうな、っていうのは、以前から思っていたことでしたが、この某所に書かれたビルスマ氏のインタビュー記事を読み、そのことが確認できましたね。

    自分はロマン派の中にも好きな音楽はいっぱいありますが、でも、自分が楽器を弾く時は、なるべくその時代を避けたいんです。

    バロックか古典派の前期をやるか、あるいはずっと後の20世紀音楽をやるか、どっちかがいいな、と。

    特に自分はバロックのことは全くと言っていいくらいわかっていないので、これから、まずは「奏者として」必要なバロックの知識をどんどん仕入れていきたいものです。

    そして、11月4日(土)は、第一生命ホールで奏でられる、ヴィヴァルディの「四季」を聴きにお越しくださいませ~(チカラワザ)
    スポンサーサイト


    | 01:22:03| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    うわー素敵な写真ですねえ。
    こんどお会いした時にでも他の写真も是非見せてください!
    ユーゴは僕も昔から特別な関心を寄せていましたが、
    さすがに現地に赴くまではいきませんでしたから……
    2006-09-22 金 09:39:35 | URL | テット [編集]
    テットさん
    はい、ぜひそれまでにプリントアウトしておきたいものです(笑

    いえ、本当は旅行記にしてまとめたいのですがね。
    テットさんの大学の「卒業文集」のように・・・。
    2006-09-23 土 00:32:06 | URL | タテラッツィ [編集]
    オフリド
    素敵な写真ですね。どれも絶景。
    私は夜、カネヨに行ったので様子がよくわかりませんでした。
    もったいないことです。マケドニアの他の写真もぜひ公開してください。
    2006-09-26 火 02:16:46 | URL | LINDA [編集]
    LINDAさん
    こんばんは!

    カネヨは夜景も綺麗なんでしょうね。自分はそっちの方が羨ましいです(隣の芝生はなんとやら、っていうやつですかね?)。

    本当に、旧ユーゴはもっとメジャーになっていい土地がたくさんある所ですよね。観光から国の再興が始まるかもしれませんね(クロアチアなんかは既にその傾向が強そうですが)。

    他の写真も少しずつアップしていこうと思いますので、また感想お聞かせくださいね。
    2006-09-27 水 01:48:07 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。