FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    社会的動物
    【ただ今のBGM】
    弦楽五重奏曲(シューベルト)

    メロス四重奏団+ロストロポーヴィチ(チェロ)




    「弦楽五重奏」というのは四重奏に比べると相当にマイナーなジャンルですが、いくつか名曲もあります。

    ブラームスやモーツァルトのように、ビオラ2本にして五重奏にするものもありますが、このシューベルトの場合、チェロが2本で五重奏です(あとはヴァイオリン×2、ビオラ×1ですね、念の為)。

    この編成はやはり低音に厚みが出ますね。フォルテの箇所は相当な迫力があります。

    あるお方から最近、「シューベルトの最晩年の曲のいくつかは、ブルックナーなんかの世界につながる先進性があった」ということを聞いたので、聴いてみたくなった次第です。

    そうしたシューベルト晩年の先進的な要素が感じられる作品としては、「弦楽四重奏曲第15番」、そしてこの「弦楽五重奏曲」が挙げられるそうです。
    似た時期に書かれた「ザ・グレート」や「死と乙女」、「アルペジオーネ・ソナタ」などは、そうでもないってことですかね。
    にしましても、前者2曲の方が圧倒的にシブい感じですね。

    「弦楽五重奏曲」、これまでもなんとなく聴いてはいましたが、じっくり集中して聴くのは、これが初めて。

    この曲、室内楽としてはあまりに長大(50分くらい)なので、どうもこれまで敬遠していたんです。
    でも、同じシューベルトの長大な曲の代名詞「ザ・グレート」よりもむしろ飽きずに聴けるな、という感触です。

    ただ、自分にはまだ、ブルックナーなどへと続く系譜というのは、どうしても理解できません。

    自分のイメージだと、

    ブルックナーは、手鏡でミニスカートを下から覗き込んだりし兼ねないアブノーマルさ、あるいは「趣味は切手収集ですっ!」って度の強いメガネをかけて主張しているガクラン姿の高校生的な偏執狂な面が感じられる

    のに対して、

    シューベルトのこの最晩年の作品は、もちっと諦観に満ちているというか、

    月下の元、お腹が大きくなった女性が、恋人を前にして、「でも、この子は貴方の子ではないの!」と告白してしまうような、そんな理不尽な情景

    を感じさせる音楽

    っていう感じがします(って、後者はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、思いっきり「浄夜」の世界じゃないですか!
    ってことは、ブルックナーじゃなくて、シェーンベルクにつながるんですかね。そういや新ウィーン楽派はシューベルト好きですもんね。)

    このあたりはスコアをしっかり読み込まないと、なかなか本格的なことは、わからないのかもしれません。


    さて、人間は社会的動物だそうでして、このブログに関しても、あんまりいつもパーソナルな体験のことばかり書くのもバランスが悪いような気がしますので、今日はメモ書き程度に社会の話。

    昨日は「道を歩いている時も音楽のことを考える」宣言なぞを恥ずかしげもなくしてしまったワタクシですが、社会的動物として、どんなに仕事だの勉強だの家事だの音楽活動だのパーソナルな人間関係だのが多忙だったとしても、1日の思考の1割程度は、社会的な事柄に割いてしかるべきではないか?と思う今日この頃なのです(自戒の念を込めて、というよりも、自戒の念のみ)

    1)【ガリガリ君いちご味発売】

    で、お前にとっての「社会的」とは、この程度かよ、っていうか・・・あ・ほ・か!?

    って言われちゃいそうですが、文句なしに9月25日(月)に起きた世界最大の事件なのです(んなこたない)。

    でも、せっかくなんで本当に食べようと思いまして、今日は仕事帰りに駅からわざわざ遠回りしてコンビニ2軒巡るも、どちらも置いてない!

    発売日だと言うのに、なんという弱弱しいプロモーション攻勢・・・。

    そして、そもそも問題なのが、

    「ふつう、アイスクリームの新商品の発売日を9月後半にするかいな!?」

    ってこと。

    これからアイスが売れない季節にまっしぐら!って時になぜ新商品。

    今年はお試し販売で、行けそうなら来夏に攻勢かけようって算段かしらん。

    で、結局、見つからないので、どなたか見つけたら、レビュー願いますね・・・。

    2)【飲酒運転取締り強化ブームに思うこと】

    最近、一斉に「飲酒運転取り締まりブーム」ですよね。
    って、少しほとぼり醒めかけた頃に記事にするずれーた@パナマ運河なワタクシですが、なぜこうも「公務員の飲酒運転」ばかり問題にされるのでしょうね??

    思うに、

    公務員だろうが
    銀行員だろうが
    パーマ屋さんだろうが
    ハンカチ王子だろうが
    ●△妃殿下様だろうが
    ジャン・アレジさんだろうが

    飲酒運転はダメ

    なのですよ。

    それと、飲酒運転は確かに悪ですが、なぜ「スピード違反」だとか「免許証不所持」だとか「駐車違反」だとかに比べて、こうも飲酒運転だけを目の仇にするのか?それもわかりません。

    人類にとって、「酒」は永遠のジレンマだから、より問題として取り上げられやすいということなのでしょうか?

    しかし本当の問題は、ニュースやワイドショーが、流行っている時だけ、鬼の首を取ったかのように連日連夜取り上げておいて、他の話題に世間の耳目が移り変わったことを察知するやいなや、これだけ騒いだこの問題を完全に打ち捨てていく、はしたなさ。

    年金未納問題とかアスベストとか耐震強度偽造問題とか、最近ぜんぜんやってないじゃないすか。

    映画「ホテル・ルワンダ」で、ルワンダ内戦を取材する報道陣に対して、現地人が言った言葉。

    「世界の人々はあなたの映像を見て“怖いね”と言うだけで、そのまままたディナーを続ける。」

    こういう世知辛い時代に、己の視座を確固として持ち続けることは困難ではあります。が、それは努力次第で誰にでもできることでもあるんだと思います。

    3)【高校生ドラフト】

    「堂上君あげたんだから、ペナントくらいはこっちにください」by岡田彰布

    今は高校生ドラフトどころではありません。

    なにせ!「3ゲーム差」ですよ!?

    ひょっとしたら??

    っていう状況です。阪神VS中日の熾烈な争い。

    しかし、追い込んで、でも最後の最後でダメってパターンになりそうです。
    ていうか、今年の阪神のあの戦力で優勝してしまったら、それもまたどうかという気も。
    去年よりプラスの材料なんて、濱中の完全復活と福原の神がかり投球くらいしかないチームですからね。

    マイナスの材料なら、

    去年より不安定でケガ人続出のJFK
    なぜかエラー倍増の鳥谷
    長打力激減の金本
    走れなくなった(最近は打てなくもなった)赤星
    今岡の長期離脱
    ますます打てなくなった桧山と片岡

    ここ一番の大勝負で必ず負ける井川は、そこそこの状態で健在ですが。。。

    ドラフトに関しては、智弁和歌山から阪神に入るキャッチャー、橋本君には期待大です!

    自分が一人で「矢野2世やな」って騒いでました所、わが妹から、

    「志が小さい!せめて城島2世くらい言いなよ」

    って言われたとです。なぜ、わが妹はこんなに野球オタなのだ・・・。

    4)【金村投手@日ハム大暴言】

    個人成績とチーム成績のどっちが大事なのか?

    って、これ結構、インド哲学的大問題だと思う(どこが?)んですが、なぜか反論の余地なく200万円の罰金+プレーオフ出場停止と選手登録抹消なんですね。

    監督批判を擁護する気はまったくないですが、でも、ちょっと重過ぎるように、個人的には思います。

    で、大予想です。

    来期、金村(日本ハム)と多村(横浜)の間でトレードが成立するでしょう!

    当たったらどなたか、ガリガリ君おごってください。

    っていうのも、実は今日、ガリガリ君のいちご味が出(以下、無限ループ)


    スポンサーサイト





    時事 | 01:45:54| Trackback(0)| Comments(6)
    コメント
    アイスクリームって
    冬でも案外売れるのよ。氷はやっぱり夏が勝負みたいですけど。
    あ、ガリガリくんは氷だったよね・・・。
    2006-09-26 火 06:15:17 | URL | ささざき妻 [編集]
    マンゴー味
    ガリガリ君好きです。
    マンゴー味は試しました。
    イチゴが出ていたとは。さっそく食べなければ。
    しっかし、ガリガリ君日和とは言えない今日この頃ですね。
    2006-09-26 火 07:29:00 | URL | 長谷島 [編集]
    浄夜、花村萬月ですね。むかしゲルマニウムの夜を読んで「何じゃこりゃ」と思って以来ノーマークだったのですが、先ほどアマゾンで見たらかなり評判がいいですね。今度読んでみようかな。

    ホテル・ルワンダ、ビデオが出たら是非観たいと思っている1本です。紹介されている作中の台詞を見て、コミックの銀河鉄道999にまるっきりそんなシーンがあったのを思い出しました。ホテルで食事をしながら、防弾ガラスの窓外では戦争が繰り広げられている、と言ったような。あるいはユーゴ紛争だかどこかの紛争の終盤辺りにも戦争見学ツアーみたいなのをどこかの国が企画してていませんでしたっけ。人は本能に近い部分で、自分の身に危険が及ばない限り(或いは多少のリスクは冒しても)人の不幸は血湧き肉躍るエンタテインメントとして捉える向きがあるみたいで。

    ともかく、可及的速やかに新聞やTVニュースから隔絶された仙人的生活を送りたいと思っている僕は、かなり社会的動物という範疇からはみ出していそうです。orz
    2006-09-26 火 09:27:35 | URL | テット [編集]
    ガリガリ君関連
    >ささざき妻さま

    あー、確かに、真冬にハーゲン○ッツなんかをコタツの中で食べるというのも、何か間違ってるような背徳感があって良さげです~。

    >長谷島どの

    マンゴー味もありました。
    今度はそっちのレビュー(?)も書いてみまっす。

    PS お手紙どもでした。とても嬉しかったです。近くお返事書きます。

    >テットさん

    本文に書かせていただいたんですが、実はこれ、花村萬月の方とはまったく関係なかったんでした(いや、シェーンベルクの音楽と花村氏の小説との関連性について自分はよく知らないんですが)

    ホテルルワンダはオススメっていう言い方もどうかと思うタイプの映画ですが、とにかく一度ご覧になってみてください。
    大切なのは、

    この映画を観て何を感じるのか

    ではなく、

    この映画を観て何をするのか

    なのかもしれません(が私は未だほとんど何も有効なことができていない・・・)
    2006-09-27 水 01:53:52 | URL | タテラッツィ [編集]
    トレード、
    大胆予想ですね。
    ここまで言い切ったので、当たったらガリガリ君50本位あげましょうか?
    (安い飲み会一回分で計算したところで本気です)

    またはヤクルト5リットル分とか(笑)

    期限は2月17日まででいいですかね?(笑)


    でも日ハムって外野豊富じゃないですかね?
    新庄の後釜に欲しいってのは記事で見ましたが、
    まだ坪井がいるじゃないですか。
    (彼の評価は低いのでしょうか?)

    そして成長株の紺田の芽を摘むのかと…
    2006-09-28 木 00:34:57 | URL | hiyokan [編集]
    hiyokanさま
    お~
    ガリガリ君も積もれば何とやら

    ですな(?

    それじゃあ単勝8倍くらいでいかがでしょうかね

    坪井ってそんなにまだ力ありましたっけ?
    2006-09-28 木 08:21:48 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する