■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    すんまそん
    ちょいと今晩はやることが立てこんでおりやして、このままだと明日、睡眠不足で出勤することが確定といった状況下にあります。

    いま、我が部屋ではプリンタがフル稼働中。ガーガー五月蝿い!

    そしてPCのCD-Rはなにやらいろいろなものを、先ほどから焼き続けております。

    そんな状態なので、本日は「一日一善」、休載とさせてくださいまし。

    すんまそん、ガリクソン、ガトームソン、サトー無線、さとうさとる(←誕生した順に並べよ)

    明日は仕事の後、電車で家とは全然違う方向に40分ほど揺られ、【コピー取りと製本作業】をします。

    【ただ今のBGM】は、バッハの「シチリアーナ」(ピアノ:リパッティ)

    某mix●情報によると、バッハの全ての曲・全ての演奏の中でこの「リパッティのシチリアーナ」がナンバーワンだっていう人が何人もいたもんですから、気になって聴いてます。でも、今のところ、綺麗な演奏だな、っていう以外、特筆事項ナシって感じかも。。。
    スポンサーサイト


    日記 | 01:38:03| Trackback(0)| Comments(6)
    コメント
    リパッティ
    リパッティ、よく聴くのですが、
    シチリアーナは持っていませんでした。
    今度聴いてみます。

    ショパンのビアノ協奏曲第1番、
    私はリパッティが一番好きです。
    録音が悪いのが残念なのですが、
    胸がしめつけられるような思いがします。

    2006-10-04 水 20:53:24 | URL | はる [編集]
    はる様
    こんばんは。お久しぶりです(よね?)

    それではオススメに従って、近いうちにリパッティのショパンのコンチェルト1番、聴いてみますね。
    聴いたら感想を書きますです。
    「胸がしめつけられるような思い」、これほどの思いができる演奏、はるさんにとって非常に特別な音楽だということが伝わってきます。
    2006-10-05 木 01:04:36 | URL | タテラッツィ [編集]
    リパッティ
    ちょっと大げさでした~。

    リパッティの場合、
    夭折とか、白血病とか、
    どうしてもドラマのように、
    感情移入してしまう面もあります。

    タテラッツィさんは、
    どうぞ先入観なしに、聴いてくださいね。

    それと、ご存知かもしれませんが、
    「ユング君のホームページ」
    で、リパッティの演奏が聴けます。
    2006-10-05 木 21:32:21 | URL | はる [編集]
    続・はる様
    「ユング君のホームページ」、存在は知ってましたよ。
    といいますか、立ち上げ当初に一度メンバー登録済みでした。
    (が、いつしかIDを失念。。。さきほど再登録申請を済ませてきました。いつの間にか、ものすごく充実してますね!)

    リパッティの演奏は、先入観なくとも、やはり大仰な身振りなどとは無縁な、透明な感じがあるな、と思います。

    ご紹介ありがとうございました。

    時に、はるさんは、私と面識あるお方でしたでしょうか?
    詮索するわけではないのですが、もしそうだとしたら、お会いした時に直接リパッティのお話をしたいと思いまして。
    2006-10-06 金 00:06:57 | URL | タテラッツィ [編集]
    直接お話できたらいいのですが、
    残念ながら、お会いしたことはないんです。

    やっぱり当然ご存知だったんですね、ユングさん。
    私はあそこにあるような、古い演奏に好きなのが多いです。

    ユングさんもすごいですけど、
    タテラッツィさんの紹介して下さる数々のCDの解説もすごいです。いつも参考にさせて頂いています。

    明日は独奏コンクール、客席から望月さんを応援してきますね。
    2006-10-07 土 00:20:30 | URL | はる [編集]
    はる様
    そうでしたか。
    すみません、詮索するようなことをお尋ねしてしまい。
    (というのもこのごろ、知人が、わかりにくいハンドルネームで書いてくることもありますもので^^;)

    ユングさんと私なんぞを同列に語られるなんて・・・!
    100000000000000000000000年くらい早いです。

    はい、日々精進します。

    フルとヴァングラー、メンゲルベルク、ブッシュ、リパッティ、コルトー、こういう人たちの音楽って、どこかアカデミックな視点だけではない「腹芸」みたいな感じがあって、「クラシック音楽」がまだ、「クラシック」になり切っていない息吹のようなものも感じられて、自分も好きですよ(時代考証とか言い出したら、めちゃくちゃなんでしょうけど)。

    録音状態も思いの他いいものがあるんですよね~。
    自分は全くこのあたり無知ですので、今度またオススメの録音を教えてくださいね。

    自分も望月君の応援行きたいんですけどね。
    今日のエントリーに書きました通り、「職場旅行」なのですよ。トホホ。。。
    2006-10-07 土 01:49:39 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。