■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    当世職場旅行事情
    【ただ今のBGM】
    MELODIEN for orchestra(リゲティ)

    Leeuw指揮シェーンベルク・アンサンブル


    今年の6月に亡くなった作曲家リゲティ。

    現代音楽の大家でした。

    バルトークの延長線上にある作曲家のようです。
    (弦楽四重奏曲においてそれが一番顕著なように感じます)

    俗称「メトポン」(メトロポリタンマンドリンオケ)で演奏した南聡さんの音楽に影響を与えているようにも、私の素人目には感じます。特に、↑この曲。この時代の先鋭的な音楽にしては旋律線がくっきりしているように感じますが、それが生成発展することなく、個々に立ち消えているような印象があります。

    ワタクシが日頃思う

    「ハンガリーっぽさ」=「少しエキセントリックな肌触り」

    が、ふんだんに感じられて、それもなかなかいいです。

    ちなみにこの「肌触り」は、音楽よりも映画において、より顕著ですね。タル・ベーラ監督作品「ヴェルクマイスター・ハーモニー」なんて、その最たる例。


    さて、明日から1泊2日で【職場旅行】なんぞに行ってまいります。

    「ええーー?21世紀のこのご時勢に、未だにそんなんやってんのぉ?」

    っていう声も聞こえてきそうです。

    いや、私もずっとそう思ってましたが。

    それもですね、近年流行の

    ・ホテルでパーティーだけ(日帰り)

    とか

    ・現地集合、現地解散、自由行動

    なんていうシロモノではなく、

    ・S岡県で温泉&海鮮づくしのバス旅行

    という、80年代いや1950年代的なかほりが漂うイロモノなのです(笑)
    バスの中からもちろん(!?)酒盛りです。

    そういう所で消費される酒だのツマミを準備するだけでも幹事は面倒ですね(私は今回、幹事ではありませんが)

    日々の生活が、シャワー&(ネット)回線づくしの電車(通勤)男という私には、異星人の行いですばい。。。

    で、私はより若い時分から、

    ・残業と休日出勤と親睦飲み会と職場旅行が全く苦だとも思わなくなったら、社会人としては一人前だが、もはやクリエイティブな人間にはなりえない

    って思っていたもんです。

    ま、あり得ないほどだらしなくなる上司とか見て、この世に真の無礼講が存在しないことだとか、いろいろ勉強だけはしてきましたけどね。

    そして、それらのものは、概念として「くだらん」と思っていても、数年やってるうちに、慣れてしまいます。
    新人の頃に持っていたピュアな違和感を、そのまま3年・5年・10年経っても持ち続けている人は、偉いです。
    偉いですが、そんなにデリケートでは、なかなかサラリーマン生活は大変かもしれません。

    で、今回の職場旅行に当たって、自分がどう感じているかと言いますと、

    ・あー休日にカイシャ行事かよ・・・。これって事実上、無給の(というかこっちが金払う)休日出勤ってことだよなぁ。面倒くせー(30%)

    ・マンドリンオケ“未完成』の練習に出られないし、リベルテの直前期に個人練をまとまった時間取ってやるいいチャンスなのに!(25%)

    ・これ行くくらいならこの連休中、関西方面でやっているマンドリンイベント行く方がよっぽどいいわん(15%)

    以上で70%。

    かつての私なら、ここまでで99%にまで到達していたかもわかりません。

    しかし、今はちょいと違います。

    ・ま、そうは言っても、今の自分の仕事は「人間関係」がナンボなのは否めないもの(内部で自分より偉い人たちにあれこれお願いに伺う機会が非常に多い。っていうか、毎日10回以上もそれをしているお仕事)だから、この手の機会に打ち解けておくのも、悪くはないかもな(15%)

    ・このごろ、職場の人間関係はとても良好だし、仕事を離れて人間として興味あるような人も何人かはいる。なので、ある意味楽しみな自分がいることも否めない(15%)

    な感じなのです。

    嗚呼、これってね、20代半ばくらいの頃の自分が読んだら、エラい失望する文章ですよ。。。当時の自分は今より遥かにそういう所、ラディカルで頑なで生意気でしたからね。

    でも、率直に言って、今はそんなにウツでもないのです。

    ま、自分が20代半ばの頃にいた部署よりも、今の方が遥かに酒グセ悪い人が少ないからってのもありますけど(ていうか、それは実際かなり重要)。

    ちょっとこの頃自分、あれこれ神経質になっている面もあるので、いい気分転換にもなるかもしれません。

    さて、このバス旅行。

    バラエティ番組のロケバスみたいなのを使うみたいです(そんなに人数いないもので)。

    前の方は、普通に座席ですが、後ろの方は、円卓にテーブルがあり、そこでミニ宴会ができるという算段です。

    自分なんかは、まだまだウチでは若手の部類なので、きっとそっちに座らされます。

    が、もし運良く(?)静かに座席で移動できることになった暁には、読書(with i-pod)でもしてようと思います。

    久々に村上春樹でも読もうかな、と思って、カバンに詰め掛けて、やめました。

    だって、村上春樹なんて、思考を停止して1つのベクトルにみんなで突き進んでいく「職場旅行」なるイベントに、最もそぐわないじゃないですか(笑)
    あんなスノッブなもの読んだら、バスの中で皆が馬鹿騒ぎしている所で突然おもむろに顔を上げて、

    「あなたがたにはたぶんわからないでしょうね・・・いや、もちろん比喩的な意味でだよ。本当にそう思ったわけじゃない。だいいち、そんなことが簡単に言えたら世界はすごく陰惨で危険な所になる。どちらかと言うと、僕はそういうのは好きじゃないんだ。」

    なんていう、わけわかめなセリフを吐きかねない。。。(んなこたないか)

    もちろん、i-Podの中にもリゲティなんか忍ばせることなく、でもいくらなんでも「ミスチル」もないので(すみません、ファンの方)、オサーン方とのカラオケ対応に向いてて無難なビートルズでも入れておこうと思います(っていうか、ビートルズ歌うの難しいですけど・・・)

    そうそう、あと、私なんかが職場旅行が大して苦にもならない1つの理由。

    マンドリンでしょっちゅう合宿してること

    も大きいかもですね。

    シングルルームでプライベート守られて就寝なんてことは、まずないですもんね、合宿じゃ。

    いつでもどこでも寝られる体質じゃないと、合宿が多い人なんてのは、務まらんです。

    それから、

    音楽なんてやってると社会性がない

    なんていう見方もあるのかもしれませんが、管弦楽にせよ吹奏楽にせよマンドリンにせよ、数十人で集団生活する「合宿」なんてのを年1~数回もこなしていれば、そんじょそこらの「帰宅部」「オールラウンド系」様がたよりよっぽど社交性も身に付くってことかもしれませんね。
    スポンサーサイト


    日記 | 01:15:56| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。