■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    アネクドート(小噺)
    【ただ今のBGM】
    交響曲第9番(ショスタコーヴィチ)

    ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト国立文化省交響楽団




    第二次世界大戦のさなかに、交響曲第7番 ハ長調, 交響曲第8番 ハ短調を発表したショスタコーヴィチは、戦後にこの曲を発表した。いわゆる「戦争三部作」の最後の作品。初演当時は「勝利の交響曲」とも呼ばれたが、前二作とはかけ離れた軽妙洒脱な作品は、ベートーヴェンやブルックナー、マーラーが作曲したような壮大な「第九」を望んでいた当局の意向に沿わなかった。彼はその後、いわゆるジダーノフ批判をうけ、その立場を苦境に追い込むこととなる。
    Wikipediaより)

    北朝鮮が地下核実験実施

    自分は我が妹に対し、かねてより、

    「北朝鮮が核実験んん~?するわけねーじゃんよ。自爆行為だよ、そんなんしたらwww」

    と、一笑に付してたんですが、我が妹は、

    「ううん、ぜったいやる。あの国はそういう国だよ。」

    と何を根拠にか?確信を持っていましたっけ。

    賭け(と言ったら不謹慎でしょうか)に負けたワタクシ。

    そういや、ちょうどこの週末は妹も職場旅行だったようで、S岡県だった私に対して、我が妹(某バブリー企業勤務)は、太平洋上の某島@アメリカ領だったらしく、そんな所でも差を付けられましたとさ・・・。

    差が付いてないのは、ともに独身であることくらいか(笑)

    この先の比較は、個人情報保護のため、公開できません。

    しかし世界が北朝鮮に注目する中、ロシアで↓こんな恐ろしいことが起きていたことはご存知でしょうか??

    モスクワで著名女性記者が射殺される…軍の内幕暴露
     【モスクワ=緒方賢一】ロシア南部チェチェン共和国で、武装勢力掃討を名目にロシア軍が一般市民を弾圧する事実を告発し、プーチン政権を厳しく批判した女性記者アンナ・ポリトコフスカヤさんが7日午後(日本時間同日深夜)、モスクワの自宅近くで射殺体で発見された。警察は殺人事件として捜査を始めた。

     インターファクス通信などによると、ポリトコフスカヤさんの遺体は自宅があるアパートのエレベーターで発見され、近くにはピストルと薬きょうが落ちていた。ポリトコフスカヤさんが評論員を務めるリベラル派の新聞「ノーバヤ・ガゼータ」編集長は、取材活動に関連し暗殺された、との見方を示した。

     ポリトコフスカヤさんは同紙記者として1990年代末からチェチェン共和国で取材を進め、ロシア軍兵士による住民への暴行や略奪などを暴露し、内外で高く評価された。2002年10月、チェチェン共和国のイスラム武装勢力がモスクワの劇場を占拠し、129人が死亡した事件では、政府と武装勢力の仲介役を務めた。取材をまとめたルポは各国で翻訳され、日本でも「チェチェン やめられない戦争」(NHK出版)として出版された。

    (2006年10月8日1時44分 読売新聞)


    ↓ポリトコフスカヤさんの本、買ったまま読まずにいるので、読んでみますかね。



    この事件で露呈したロシアという国の本質は以下に集約されることでしょう。

    ロシアに神はいない

    プーチンに髪はない


    いや、冗談言ってる場合じゃないのですよ、本当に。

    かと言ってどうにもならない。

    こういう時、抑圧された国で必ず流行るもの、それはアネクドートです。

    アネクドートとは、苦しい生活の中で日々の鬱憤を紛らわすために開発された小噺です。

    かつてフランス貴族からロシアに持ち込まれたもので、社会的で反体制的であることを特徴とします。

    例えば、こんなの(政治的なものばかりではないですが)

    1)赤の広場で、酔っ払いが、

    「ブレジネフはバカだ!」

    と叫んでいた。

    すぐにKGBがやって来て、酔っ払いを逮捕した。罪状は、

    国家機密漏洩罪

    だった。


    ※ブレジネフとは、旧ソ連の書記長だった人。

    2)ブレジネフと、首相の間で、海外脱出する国民が増えていることが問題化した。

    「このままでは、ソ連に残る者は、我々2人だけになってしまうよ」

    とブレジネフは述べた。

    首相は答えた。

    「2人って、閣下と誰のことですか。」


    3)沈没寸前のタイタニック号で、救命ボートが足りないので海に飛び込むよう説得することになった。
    そこで、以下のように説得した所、彼らは皆、喜んで海の中へ飛び込んで行ったという。

    その言葉とは・・・

    イギリス人には「あなたは紳士ですか?」
    アメリカ人には「あなたはヒーローになりたくないですか?」
    ドイツ人には「規則ですから」
    日本人には「みんなそうしてますから」
    フランス人には「飛び込まないで下さい」
    イタリア人には「美女が飛び込みました」
    大阪人には「阪神が優勝したで!」


    4)「理想的な人間像とは?」

    「イギリス人のように料理がうまく、
    フランス人のように外国人を尊敬し、
    ドイツ人のようにユーモアにたけ、
    スペイン人のように働き者で、
    イタリア人のように自制心に優れ、
    アメリカ人のように外国語が得意で、
    インド人のように誠実な、
    中国人のように高い給料をもらい、
    日本人のように個性豊かで、
    ロシア人のように酒を控えめに飲む人のことです」


    帝政ロシアやソ連といった所は、反対派の粛清だらけ、暗殺大国でしたから、「消されたくない」一般市民は、冗談の中に紛らわせる形でしか体制に反発できなかったわけです。

    あるいは冒頭に挙げたショスタコーヴィチのように、音楽の中に皮肉をたっぷり込めて密かに権力と対決した人もいます。この交響曲第9番は上の解説にもあるように、国家の威信をかけた曲を作るべき時期に、国内最高の大作曲家がチャルメラ級に軽妙洒脱な曲を作ってしまって当局の不興を買ったという、何ともパンクしてる音楽だったのです。

    こういうの、格好いいですね。

    権力と正面から向き合い消されたポリトコフスカヤ女史

    権力の中に取り込まれつつも、その中で最大限あがいてみせたショスタコーヴィチ

    どちらも魅力的です。

    現代日本のような(一応)民主主義の国にあっては、必ずしも国家ばかりを相手にしなくてもいいかもしれませんが、何かしら、

    「おかしいのに、それを指摘することができないパワー」

    に直面した時に、それに対して抗議したり皮肉ったりするのに、ロシア人が歴史的に駆使してきた政治的知恵は、参考になる所が大きいのではないかと思います。

    核実験を行ったという北朝鮮でもまた、内部ではこういうのが流行っていたりするのかもしれません。

    そういうのがリアルに行われている国にはある種、強い興味がありますが、北朝鮮のそんな実態を自分の目で確認できるのは、民主化し、それからさらに数年経った頃でしょうか(東欧諸国はそんな感じでした)。

    自分が生きているうちにそうなるといいですが、果たしていかに・・・?

    なお、チェコ人もアネクドートは得意ですね。その話はいずれまた。


    ---------------------------------------------------------------

    3連休最後の1日はリベルテの練習でおしまい。

    10時開始、17時過ぎまで。昼休憩は45分くらい。

    演奏会まで残り1か月を切り、少しスケジュールがタイトになってきました。

    これからは毎週練習です。

    しかし、ここ2日くらい練習できてなかった上に職場旅行ボケしていた自分は、今日は本当に酷い出来。

    1部、ヴィヴァルディの「四季」

    こちらはこのごろ少し出来てきていたのに、また少し逆戻りしてしまいました。
    が、ちょっと不調だったという自覚もあり、その分は明日以降、本番まで一日も欠かさず楽器を触ることにすれば解決可能だと思われるので、そんなに気にならず。
    全体としても、代表のM月君がソロコンクール明けだったこともあるし、コンディション自体があまり良くない人が多かった印象。
    しかし練習の進行自体は、先々週の合宿で得たステップよりは、また少し上に来れているかな、いう印象です。
    楽観していい状況ではないし、むしろ少し焦る必要もあるけれど、それでも、まあ引き続きコツコツやるか~、っていうのが今日の感想。

    一方、2部は主に「三角帽子」(ファリャ)を練習

    こちらはプロ指揮者、岡田司先生による練習です。

    こちらは全くダメダメダメダメ。

    トップ席なんてのに座っているのが本当に恥ずかしいほど。。。

    練習中にいろいろ気付いたことも、ないわけじゃないけど、とりあえずこんなヘボ演奏してる段階で、先生にこちらから建設的な話を持っていける状態じゃねー、ってことで、受けミンな対応を取らざるを得ませんでした。

    というか、岡田先生の鋭い耳を前に、針の筵に座らされている気持ちでした。とほほ。

    ほんと、練習が長く感じました。弾いてて生きてる心地がしなかった。

    自分のいるマンドセロパートだけではありませんが、岡田先生からはいろいろな指示を練習中に受けます。

    ただ、先生をお招きする前段階で本来なら解決済みでないといけないような話をずいぶんと指摘いただいてしまったのは、本当に情けない話で、演奏会本番がもしもそれなりの水準の演奏にできたとしても、楽団で音楽を作っていく上で、こういうことはなくさないといけないと思いました。

    例えば、

    「そこのクレシェンドした後のピアニシモの音が大きすぎる。ピアニシモなんだから、ちゃんと落とすように。」

    とか、そういうことを言われているようじゃ、先生をせっかく招いているのに、宝の持ち腐れになるわけですよね。

    そのへんは朝メシ前で解決しておけば、先生から、もっともっと高度なものが引き出せる筈なのに。

    個人的には、そんなことになってしまった原因は明らか。

    ≪練習不足≫

    いや正確には、「実力不足」「基礎力不足」「リズム感不足」「感性不足」などなどありましょうが、これらは、曲を抱えそれを片付けていくという日々を送っている中では、一朝一夕どころか半年や1年では、そうそう解決しない話ですので、とりあえず「今は」除外。

    ≪練習不足≫

    だけ対処します。これで上記の基礎的能力の不足のうち何割かは解消できるものもあるでしょうしね。

    これまではある事情により、1部の「四季」に個人練習時間の9割以上を使ってきたので、2部の曲はこれから追い込んでいこうと思います。



    スポンサーサイト


    日記 | 23:25:46| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。