■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    参考音源活用術
    【ただ今のBGM】
    狂詩曲スペイン(シャブリエ)

    シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団




    ある楽団では、

    「練習が始まったらその曲のヨソの演奏は聴かない方がいい。聴きたいなら、練習が始まる前までに聴いておくべし。」・・・(A)

    ということが推奨されています。

    これつまり、他の演奏を聴きすぎると、影響を受けてしまい、自分とこの楽団の解釈をカラダが拒絶してしまうことに成りかねない、そういう趣旨でのことなんだと思います。

    これは正論ですね、確かに。

    一方で、最近ある知人が言っていたこと。

    「私は個人練習する時に、その曲のCDをかけて、それに合わせて弾いている」・・・(B)

    これも気持ちはわかります。

    一般に市販されているCDってのは、古今東西の名演奏であるわけで(そうでないものもありますが)、それに合わせて弾くというのは、あたかも自分がベルリンフィルやらナンやらのメンバーになる疑似体験感覚が味わえる上に、メトロノームに合わせて弾くよりは、生きた音楽のテンポ感を体得することができそうな感じもします。

    ていうか、最近はやらなくなりましたが、自分もかつてはよくやっていました。

    あるいは、

    「自分の楽団の練習時にレコーダーを持ち込み、録音しておいて、家で個人練習する時に、それを再生して合わせて弾く」・・・(C)

    なんていうことをしている方も存じています。

    これは機器さえあればなんとも羨ましい限り。

    別に合わせて弾かなくたって、家で、あるいは電車の中でi-Podなんかで聴き返すだけでも、自分の演奏に対する振り返りにもなります。

    また個人練習する時にその音を録るのも効果的だと言います(どう考えたって効果的でしょう)し、ある先生が勧めていた3万円くらいの機種が今、欲しくて欲しくてたまりまへんのです。

    そして、

    「なに、アホぬかしとんねん。メトロノームが基本に決まってるやろ。メトロノームに合わせられない人間が、テンポ揺らしまくる指揮者やソリストに付ききれるわけない!」・・・(D)

    という考え方。これは「ある知人」なんてレベルではなく、一般的に多数派の考え方でしょう。

    (C)と(D)の併用が一番賢そうです。

    (D)で演奏が滞りなくできるようにし、(C)で自分とこの指揮者やソリストの音楽の作り方を勉強する

    これでFA(ファイナルアンサー)ということで、良いでしょうかね?

    なお、(A)は正論ではありますが、私のような凡人にとっては、ちょっと厳しすぎる所も正直あります。

    (B)みたいに「聴きながら弾く」ことをしていると、確かに「他の演奏を参考にする」ことの弊害はありそうですが、演奏会をやる上で、自分がこれから向き合う曲について、他者の演奏を数種類、相対的に把握しておくことは、遅かれ早かれ、どっかの時点で必要な気がします。
    そして、それが「練習開始前」という、まだまだ曲のことどころか、譜読みも何もかもアヤフヤな時期にやるのは、凡人にはさすがに早すぎるかもしれません。

    それでも直前に他の演奏聴きまくるとかは、論外なのかもしれませんけど。

    【ただ今のBGM】に11月4日のリベルテ演奏会でやる「狂詩曲スペイン」が入っているのは、昨日の練習で、ちょっとこの曲がどういう種類の音楽だったのか、見失いそうになったから。

    たしかにこのデュトワ盤しか聴かないのは、イメージ醸成が偏るから良くないと思います。

    なので、同時に小澤とかプラッソンとか他のCDも聴いておこうと思いますね。


    さて、ここに来てこのブログ、新たな読者を獲得しつつあるようです。

    特にこの頃、このブログの存在を、こちらから教えてもいなかった知人からバレるケースが相次いでいます(笑・いやいや全くノープロブレム&ウェルカムですけどね)

    そのほとんどが某mi●i経由。

    実はここ最近、m○xi(←伏字の場所が違~う!っていうネタね、念の為)上で、このブログの「こぼれ話」を連載しています。

    ま、良かったらご覧あそばせ。

    以前は「あっしはmix○には一切招待しません!」って言明していたワタクシですが、打って変わって、「面識あるかこのブログにコメントいただいたことある方に限り、どなた様でもご招待いたします」っていう運用に変えさせていただきますので、メールなり鳩なり念なりホワイトアスパラガスなり現金100万円なり、何でもいいのでワタクシにください。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:11:42| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。