■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    黒木君のコールアングレ
    【ただ今のBGM】
    「ウィリアム・テル序曲」(ロッシーニ)

    トスカニーニ指揮NBC交響楽団




    先日このブログ上で

    「のだめカンタービレを録画してくり~!!」

    と喚きまくり、騒擾罪で起訴されたとかされなかったとかいうタテラッツィです。

    おかげ様でシルベス様から譲っていただくことと相成りました。どうもありがとうございましたm(_ _)m

    さて時に、「のだめカンタービレ」、気づいたら最新第16巻が出ているではありませんか~。

    いま、自分が発売日を楽しみにしている漫画なんて言ったら、「21世紀少年」を除けば、この「のだめカンタービレ」くらいのものですよ。

    マイナー好みかつ判官贔屓を志向するワタクシ(阪神ファンって時点で説得力ナッシング?)ですが、こういうミーハー志向も、まあたまには良いではありませんか~。いちいち照れて言い訳するのも面倒なので、全面肯定モードで行くこととします。わらわも大人になったものよ。。。

    さて、その最新第16巻ではいよいよ千秋君がマルレオケの定期に常任指揮者として初登場。

    そこで冒頭に演奏した曲目がこの「ウィリアム・テル序曲」ですよ。

    最初に漫画にも出てきたチェロのメロディ。

    このトスカニーニ指揮で聴くと、録音状態の悪さをものともしない熱いカンタービレ(歌)が聴こえてきます。

    そして、その後、荒が過ぎ去ったアルプスに訪れる田園風景。

    これを表現する旋律。

    「のだめ」ではこれを黒木君が吹いています。

    本職のオーボエではなく、コールアングレという楽器で。

    黒木君は「ケータイ」君(千秋によるあだ名)から通常は首席奏者が吹かないコールアングレソロを担当するようそそのかされてしまったのでした。

    そして第16巻P177には、その田園風景の場面をしっかりとオーボエでなくコールアングレで吹く黒木君の姿が確認できます(楽器のお尻の所が丸みを帯びているのがコールアングレのようです。私もちっともそういうことに詳しくはないのですが)。

    実際、「ウィリアム・テル」のこの田園風景の箇所では、オーボエではなくコールアングレ指定なんですよね(今、手元にスコアがないので、ちょっと不安もありますが・・・)。

    まあしかし、このヘンの描き方のきめ細かさが、この「のだめカンタービレ」がプロの音楽家をも虜にしてしまっている要因なのではないかと思います。

    キャラの描き方とか、欄外コメントの多さなど、漫画的な語法は、完全に少女マンガ的世界を感じさせるものなのに、男性読者をも虜にするのは、ひとえに、作者の人間観察力の深さから得られた登場人物の描写の巧みさが原因ではないでしょうか?

    まあ、女兄弟(っていう言い方、ヘンですよね)がいる私としては、子供時代から少女マンガへの免疫はできているワケで、「のだめ~」なんてこれっぽっちもとっつきにくさを感じたりはしないのですけど、それでも一方で、「硬派銀次郎」(本宮ひろ志)や「カムイ伝」(白土三平)を読んで育った側面をも持つ男児としては、「30代になってこんなん読んでてええんかいな・・・」的ギモンがないわけでもなかったりはしますけれどね。

    さてこのトスカニーニの振るロッシーニのアルバム。

    某一人部屋(モロ出しやんけ)のおかテリさんがmixi世界に篭られてから後に書いてらしたことですが(勝手な引用をしていいものか少し逡巡しましたが、非常に共感しましたので勝手な引用をさせていただくことにしました。お許しください)、トスカニーニの振るロッシーニは「肉食獣」だっていうんですね。

    これはすごい表現です。音楽を肉食獣だなんて!

    このトスカニーニという人、概ね厳しいオレ様指揮者ばかりだった古い時代の指揮者の中でも特別鬼軍曹タイプだったそうです。

    そういう指揮者が弾けない奏者に時には体罰など食らわせつつ完成させた音楽ですから、恐ろしく完成度が高いです。

    もっともこのNBC交響楽団って言ったら、1940年代当時では、世界最高のオケですよ。
    ベルリンフィルもウィーンフィルも戦火の中で活動していましたが、NBCは新世界アメリカの戦火の及ばない所のオケでしたからね。
    ファシズム嫌いでイタリアからアメリカへ移住したトスカニーニは、自身が自分のオケの中でファシズム的軍隊教育をしていたことに思いを馳せることはなかったのか?気になる所ですが、そうした世界一のオケをさらに増長させることなく、厳しく締め上げるなんて芸当は、ガンコ親父不在の現世界では、もはや二度と拝めない光景かもしれません。

    しかしトスカニーニ/NBC交響楽団のロッシーニ、どうしてこんな気合い入っちゃってんの?ってくらい、テンション高い演奏ですね。

    もうちょっと余韻というか温かみがあってもいいんじゃね?なんて思うこともありますし、これって録音会場の残響がデッドだからそういうサディスティックな感傷を覚えさせるような演奏になってるんじゃね?なんていう考えもありそうですけど、実際は各パートの音は貧しい録音状態の上で聴いていてもなお、非常に瑞々しい音色を奏でているのが想像できます。

    でも、テンポとかそういう所で絶対に少しの妥協もしない感じがあって、そのせいで音楽の流れを指揮棒に従属させているような感じがあるんですよね。「肉食獣」ってのも、そういう辺りに起因する印象なのかもしれませんし、そうではない何かがあるのかもしれませんが、それについては、また後日にでも。


    さて、一昨日あたりがいろいろなテンションの谷間だったんですが(とうとう熱も出してしまいました)、そこから比べるとかなり回復しました。

    今日は、ある人から、とてつもなく嬉しい言葉をいただいてしまい、それだけでこれから一週間は元気に暮らして行けそうです。

    内容はこっ恥ずかしいので書けませんが、自分が今一番、人から言われたらいいな、と思っていた言葉をまさに私の目の前で体現してくれた人がいたのです。

    こんなに嬉しいことはない!(byアムロ・レイ)みたいな気分です。

    すみません、なんか漫画とかアニヲタちっくな文章で今日は(ちなみに漫画は読むけど、アニヲタではない筈、自分)(
    スポンサーサイト


    音楽全般 | 01:36:02| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。