■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌
    【ただ今のBGM】
    「弦楽四重奏曲第15番 イ短調 作品132」より第3楽章(ベートーヴェン)

    古典四重奏団




    日本人4人による気鋭のカルテット、古典四重奏団。
    そのレパートリーは団名のとおりの古典派からバルトークなどの近現代、あるいはバッハにまで幅広く及びます。

    このカルテットの演奏は自分、5~6回は聴きに行ってますが、最大の特徴は、何と言っても、

    「全て暗譜で演奏」

    ということでしょう。

    そもそも譜面(台)を目の前に置かずに演奏します。

    まあソリストならごく普通の光景かもしれませんけど。

    リベルテの「四季」演奏で結局どうしても完全暗譜はできない自分としては、暗譜ができるってだけで尊敬のまなざしモンです。

    あの暗記力、某ドラマのくさなぎ君並み!(ってわかりにくいか)。

    暗譜していることで、奏者の五感の注目先がおのずと、譜面ではなく、他のメンバーの息遣いとか、そういった外部の諸要素に向かっているような感じがします。その分だけ演奏に対する集中力も増すことでしょう。
    実際、この古典四重奏団の演奏を聴いていると、ピンと張り詰めた空気が会場を覆っていることに気付かされます。

    暗譜している人とそうでない人は、

    地図を手元で見ながら車を運転するのと、勝手知ったる道をホイホイと運転する違い

    くらいあるのかもしれません。

    当然、視界の広さは「地図なし君」の方が広いはずですよね。

    「地図が読めない女・話を聞かない男」でしたっけ?
    あの本、一時売れてたみたいですが、やっぱり、地図に頼っているようでは、話なんて聞けないんですよ。

    運転してたって、「あーあと3つ先を右折だっけ?それとももっと直進??」なんて不安に思いながらじゃ、助手席にいる大切な人との会話もまともにできやしないですよね。

    さて、今聴いてるこの音楽、病に伏していた晩年のベートーヴェンが、体調が良くなった時に、その回復の喜びを表現したものとされます。

    題して、

    「病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」

    今の自分、健康に関してはちょっとうれしい状態なので、この曲は五臓六腑(特に腎臓?)にしみこんできますね。

    まず、先週土曜日の通院で判明した9月現在の自分の尿検査と採血の数値

    検査開始以来初めて、尿たんぱく・血尿ともに「-」(マイナス)、つまり、「検出されず」!!

    これはもう自分、一生出るはずもない数値だと思っておりましたので、ビックリでした。

    どうも自分、昨年来の「扁桃腺摘出&ステロイドパルス療法」というのが相当効くタイプだったようなんですね~。

    昨年の時点では「ダメ元。たぶんムリっぽいけど、何もしないよかマシ」くらいのつもりだったのに。嬉しすぎる誤算。

    しかし、もちろん油断は禁物。当然ながら「完治」したわけでも何でもありません。単に症状を抑えこむことに成功した、というだけのこと。

    そして、先週来、風邪を引いてしまった結果、先週土曜日の検査結果(ごく一部のみ判明)は、、、

    尿たんぱく「-」(マイナス)、血尿「4+」(最高値)

    でした。

    一番重要な指標である「尿たんぱく」は抑えられていますが、血尿が基準値未満の「-」から一気に最高値「4+」まで上昇したのは一体なんなんだ・・・・という感じです。

    まあしかし、嬉しいことの第2というのは、この風邪がそうこじらせることもなく、目下のところ終息に向かっていること。

    1年半ぶりの風邪で少なからず動揺しましたが、何とか大丈夫そうで、良かったなあ、と、そんな今の心境。

    そして、ベートーヴェンの気持ちがわかる(?)今。

    この「弦楽四重奏曲第15番」は感動的な音楽です。
    ちょいとロマンティックに過ぎますけど(笑)
    スポンサーサイト


    健康 | 01:33:49| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。