■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    最近購入したCDです
    新しく購入したCD
    モーツァルト:レクイエム(アーノンクール指揮ウィーンコンツェルトムジクス)
     アクの強い力みっぱなしみたいな演奏をするイメージのアーノンクール。
     でも最近はちょっと恰幅の良いバランスの取れた演奏をしている気がしま
     す。最近はトップクラスの巨匠という感じですね。ウィーンフィルのニュ
     イヤーコンサートにも登場したし。
     時代考証楽器(古楽器)使ってる割には、研究色の少ない自由な解釈で
     やってる感じがします。でも、そういう演奏の方が結局の所、魅力的です。
     モーツァルトのレクイエム(通称モツレク)は最もとっつきやすいレクイ
     エムだと思います。俺も宗教曲なんか聴いてなかった学生時代からこの曲
     に関しては、結構聴いておりました(当時のお気に入りはカール・べーム
     盤。今はヘレウ゛ェッヘ盤が一番好きですかね)。

    ドビュッシー&ラウ゛ェル:4手のためのピアノ作品集
     (コンタルスキー兄弟)
     ドビュッシーの小組曲は、リベルテのAD君(というか編曲者のOAさん?)
     オススメの演奏で、速めのサクサクしたテンポの中にレガートの箇所とス
     タカートの箇所など表現が細かく使い分けされていて、ニュアンスがとて
     も豊かな演奏になっています。
     併録にラウ゛ェル「マメールロワ」や「スペイン狂詩曲」の4手ピアノ版
     やドビュッシーの「スコットランド行進曲」や「牧神の午後への前奏曲」
     などが入っている2枚組2900円のCDでとてもお買得です。

    ドビュッシー:ピアノ作品集(アントルモン)
     昨日のアントルモン氏の独奏ピアノによるCDです。おととし、昨年のメト
     でもやった「映像」などが入っています。ゆっくりで淡々とした感じの演
     奏ですかね。でも、あまり厚ぼったく弾かないのはフランス人らしいとい
     うか、ドビュッシーにはそれで良いんじゃないでしょうかね?
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。