■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    リベルテ 3rdを終えて
    リベルテ 3rd、終了しました。

    ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました!

    心よりお礼申し上げます。

    そして、同じステージで演奏を共にした皆さん、裏方でお世話になった方々(今回降り番の方を含む)、どうもお疲れ様でした。

    今の正直な気持ち↓

    「あと3年は楽器触りたくない!」

    はい、完全燃焼ってやつですね。

    しばらくは、グータラ過ごそうと思います。

    もちろん、3年も経たず、またすぐに楽器弾くと思いますけど(笑)

    しかしリベルテ直前の1~2か月、ずいぶんいろんなことを我慢しました。

    たいてい自分は電車の中では本を読みますが、最近はほとんど譜面ばかり見ていたので、読みたい本が全然読めてません。

    他にも、行きたかった飲み会を「早く帰って練習したいから」という理由でいくつか断わりましたし、今までこれほど楽器にストイックになった経験はなかったです。

    最後の方は、試験前の学生みたいな感じでした。

    「もうどういう結果にしても、とにかく早く終わってくれ!」

    と。もちろんいい結果がほしいから、練習してたんですけど。

    打ち上げの場での挨拶で望月君も同じこと言ってましたね。

    「早くこの(打ち上げの)場を迎えたくて仕方なかった」

    と。あー望月君も同じ気持ちだったんだな、と思いました。

    もちろん、彼と自分は実力も環境もまるで違うので、比較することはおこがましいのですけれども、リベルテの仲間という点では、この言葉に大いに共感する所がありました。

    いやほんと、ボロボロになるまで頑張りました。

    自分で自分にご褒美をあげようと思います。

    結果について、反省点は、実はありません。

    もう一度同じシチュエーションが来てもこれ以上のことはできなかっただろうと思う、つまり、自分の中に怠惰な部分とか甘えとか、そういうものはなかったという自負が今回ばかりはありますので、反省しても仕方ない、という感じなのです。

    あるとすればそれは、「方法論そのものの見直し」だけです。

    例えば、

    ・出演する団体の精査・見直し
    ・(他楽団も含めて)就いている役職・トップの見直し
    ・演奏法の基礎からの見直し
    ・そもそも自分の中における「マンドリンとは何か」という問題を再考する

    といった、そんな基本的なことは、むしろリベルテの直前期にはいかんともしがたかった問題なので、これらは今後の課題です。

    まあしかし、仕事も幸い11月は「1年で一番ラクな季節」なので、しばらくは遊びまくろうかなぁ、と画策中な現在の状況です。
    (とりあえず今、このブログの更新を終えたら、シルベスさんからいただいた「のだめカンタービレ」のDVDを観ようとおもいます)

    今回の演奏会で1つ自慢できることがあります。

    自分、1人で34人ものお客さんを呼んだんです。

    リベルテではいつも、打ち上げの場で「お客さんをたくさん呼んだ人、ベスト5」を発表するんですね(チケットの半券に自分の名前を書いておくのでわかる)。

    その結果、自分は、2位を大きくつき離しての1位でしたよ。

    今回の演奏会における自分の最大の貢献はもしかしたら、これかもしれないですね。

    観客動員

    いや別に私がいるから来てくれたってわけでもなく、純粋にリベルテの音楽が聴きたかったっていうのもあるでしょうけれど、今回自分のお誘いに乗って、演奏会に来てくださった方には、ほんとほんとに感謝感激雨アラレです。

    自分は目が悪くて客席にいる知人を1人も発見できなかったんですが、自分が誘った人以外にも、知り合いの方々が何人も来てくださっていることは、事前に知っていました。

    よく夢とかで、自分の学生時代の友達と職場の同僚と家族親戚がみんな一緒に出てきて、何故かお互い知ってる筈もないのに、一緒に食事してたりすることってあるじゃないですか?(自分だけですかね?)

    今回のリベルテの客席はさながら、そうした夢のような様相を呈していました。

    ・家族
    ・職場の同僚、上司
    ・他マンドリン団体で一緒の方
    ・マンドリンテキストサイト仲間(?)
    ・学生時代からの仲間

    など、いろんな方々が来ていたんです。

    そういう人たち1人1人、自分にとってはとても大切な人たちです。

    いつもなら手を抜きまくる当日のステージリハ(すみません・・・)で今回は下に書くように録音をしていたので、むしろ本番以上の凄まじい集中力を要求され、演奏会本番開始時点で既にヘトヘトになっていました。そんなワタクシに、最後の力を与えてくださったのは、そうした、自分にとって大切な皆さんでした。「オラに力を分けてくれ!」@元気玉みたいな。

    普段、自分は演奏会に出ても、そんなに贈り物をもらわないんですよね。

    特に学生時代の悪友(先輩?後輩?)なんかは、演奏会の差し入れとかって

    ・ラーメン

    とか

    ・うまい棒

    とか、そんなのばっかりでしたから・・・(いや、それでもうれしいっす。その節はどもでしたっす)

    でも今回は、かなり品のいい感じのお菓子とか花束とか。

    同じマンドセロパートの人が贈り物の仕分けをしてくれて、

    「これタテラッツィさんの分です」

    って言って渡してくれた時に、でっかい紙袋2つ分にしても、溢れかえっているのを見て、そのときですかね。この日、初めて泣きそうになったのは。


    ------------------------------------------------------

    ところで、一部ウェブサイト上、そして演奏会アンケートでも数多く指摘されたことについて、ワタクシめが真相を報告いたしましょう。

    つまり、

    ・公演プログラムがピラピラの紙1枚だけだった件

    です。

    演奏会当日、朝に楽屋入りをしますと、ステマネ(ステージマネージャー)のW君が何やら慌てています。

    いわく、

    「ホールに直接届いている筈のプログラムが来てない!!」

    とのこと。

    印刷業者Mの手違いで送れてなかったんだそうで、

    当日朝の時点で、公演プログラムがない!

    という緊急事態発生です。

    そこで大活躍したのが、リベルテのファッションリーダー(笑)でもありますマンドリン奏者のI君。

    第一生命ホールのスタッフの方々にご協力を仰ぎ、緊急で

    紙ピラ1枚の臨時プログラム

    を製作したんです。

    他のメンバーがステージリハをしている間に。

    演奏会にいらした方々はもうご存知だと思いますが、今回の演奏会は録音をしておりまして、近々CDとして一般発売する予定なんです。

    実は、この演奏会に対して、いつも以上に私がプレッシャーを感じ続けていた、真相はここにあったりもします。

    普通の演奏会については、

    「記録よりも記憶に残ればいい。だから弾き終わってしまえば、あとはもう知らぬ存ぜぬですわ」

    と自分は思っている次第ですが、CD化っていう事態は、その観念を根底から覆してくれました。

    「リベルテCD発売」情報。

    これまでこの話は、基本的には内部関係者限りのオフレコだったんです。でも、もともと公演プログラム内で告知される予定でしたし、既に演奏会場でのアナウンスでも流れた話なので、もうここに至っては、公開情報となりました。つきましては今後は、「一日一善」においてもこの話を解禁することにします。

    もちろん録音したのは、演奏会本番だけではありません。

    ステージリハも録っておき、演奏会本番と「いいトコ取り」をすることになります。

    そのための「どの箇所を取るか会議」が近日中にリベルテ全パートトップ臨席の元で行われる予定です。

    そんな大事なステージリハに、奏者としても優秀な力量を持っているI君が離脱したことは、団にとっても本人にとっても痛手であったはず。

    でも、その短時間の間に、紙1枚分の臨時プログラムを製作し、印刷・コピーをしてくれたおかげで、お客様に何も配らないという事態だけは回避できました。

    I君のような救世主がいたおかげで今回の演奏会が無事開催できた。

    そういうことをきちんと明るみに出しておきたい、そう思い、事情をここで明らかにした次第です。

    ところで、

    「メンバー表がないのはなぜ!?」

    という疑問を持つお客様もいらっしゃいました。

    たしかに。

    個人情報保護法がなければ(?)ここでメンバー表を自主制作して公開したいくらいです。

    しかし当日、会場にメンバー情報を持ってきていた人はおそらく1人もいない筈ですし、リハ(録音)とかしてる中で空き時間を作って全メンバーの氏名を把握し、メンバー表をゼロから作るなんていう作業は、正直、時間がもったいないですよね。
    だからI君としても、そこまでやることは断念したんではないかと思います。
    (ここの判断は、どうして為されたのか、私はよく知らないのですが)


    -----------------------------------------------------------

    演奏会後、会場だった第一生命ホールのある「晴海トリトンスクエア」内の居酒屋で打ち上げをしました。

    たまたま指揮者の岡田司先生の隣に席を占めさせていただきました。

    目の前にはマンドラトップのAND君、そして途中からは望月君も会話に参加。

    先生はいつもこうおっしゃります。

    「マンドリンやってる人たちは、何かヘンに卑下し過ぎだ。マンドリンオケも管弦楽オケも別に何も変わることはない。」

    そしてこの日は、こうもおっしゃいました。

    「今日の『四季』は結構いい線行ってると思うよ。特に『冬』の2楽章は、CDも含めてこれまでに聴いた全ての演奏の中で一番感動した。」

    この言葉は特に望月君にとっては、これ以上ないくらいの勲章となるものでしょう。

    「冬」の2楽章って言ったら、「ヴァイオリン協奏曲」である「四季」の中でも、特にソロのウェイトが80~90パーセントくらいを占める楽章ですから。

    それでも、その演奏に参加した一員として、このお言葉は、自分のことのように(というか自分もメンバーなんですってば)嬉しかったです。

    打ち上げの2次会は、恒例の「旅館にお泊り」です。

    東京都中央区だか台東区だかの旅館まで晴海からタクシーで移動。

    寝部屋に荷物だけ置き、すぐに宴会。

    望月君のデジタルビデオカメラにより、今回降り番のメンバーN君に録ってもらった映像をみんなで観ました(途中で容量切れでしたが・・・)。

    音がちゃんと聴こえなかったせいもあるのでしょうか?

    細かいミスが聴こえない聴き方での印象では、

    ・全体にテンポが速っ!(「四季」と「三角帽子」は参考音源にしたCDの大半のものより速かった)

    ・「狂詩曲スペイン」以外は、練習よりトータルとしての出来は良かった?「本番力のリベルテ」と今回、皆言っていることが聴いていて実感できた。

    ・ただ、練習時にはあり得なかったような所(別に難所でもない)でミスしてるなあ。「ステージには魔物がいる」ってことですか。でも、、、みんなリカバリが上手い!(笑)「あ、危ない!」って思っても、「よっとっと、ふう、別に何も起きてませんが何か?」みたいな感じ。

    さて、ここまで書いてきて、私個人の今回の演奏会の感想というものをほとんど全く書いていないわけですが、個人的には正直、「ミスだらけ」だったもので、かなり暗い気持ちだったんです。

    演奏会が終わった瞬間、物凄い感情が押し寄せてきて、涙の1つ2つ出るんじゃないか?なんて、演奏会前は想像していたんですが、実際のところは、「ああ、これで終わったんだなぁ」という感覚だけでした。

    自分にとって今回の演奏会は「一般発売をする【四季】他を録音するための演奏会」という位置づけでした。

    なので、そのタスクに対するプレッシャーは相当なものがありました。

    実際、今年は1年中、望月君から、フォロー(葉っぱをかける?)メールやら電話やらが、私の所に来ていました。

    自分の電話の着信履歴なんて、一時期、ほとんど「望月豪」ばっかりという時期も(笑)

    そんなことで、今回は、リハで何回も繰り返し録音をして、それである程度のメドが立った時点で、かなり疲れていました。

    だからと言って今回、演奏会本番の方も録音に使う主要な構成要素となる筈ですし、ソロがいっぱいあること考えたら、気なんて抜けるわけないです。

    特に「四季」ですね。

    本番での演奏全体のノリはとても良かったと思います。

    相当集中していたので、ミスをした後に連鎖的に崩れるということはありませんでした。

    ミスした次の音は通常通りの音になっていたと思います。

    今回の演奏会で自分がミスをした箇所は全て覚えています。

    自分用メモとして、ちょっと記録しておこうと思います。


    【四季】
    『春』

    1楽章 
    38-41小節目が少し遅れそうになった

    3楽章 17-18小節目あたりのソロ、少し左手がもつれそうになって、スムーズに次の音に行けなくなりそうになり、誤魔化した

    『夏』
    1楽章

    25小節目の入り チェロのメンバー同士でピッタリ合わなかった

    63・64小節のソロ 一瞬拍がわからなくなり、望月君の音を聴いてノリで入ったので、もしかしたら少しズレてたかも・・・

    129ー133小節目のソロ C線(一番低い弦)のチューニングが狂っていたことに少し前から気付いていたので、ここの低音のロングトーン、控えめな音量であまり主張しないで弾いてしまいました。そこは悔いが残ります。

    170-173小節目 速弾きの箇所。とは言っても、ここ2か月くらいは練習で失敗したことはありません。がしかし、なぜか落ちました。。。もっともここは大勢が弾いてるので、自分は途中でリカバリしようとせず、このフレーズの間ずっと落ちてました(より正しくはエアマンドリン状態)。

    3楽章
    55小節目ー66小節目までの16分音符群 テンポがいつもより速くて、上手く音が入りませんでした。。。

    『秋』
    1楽章

    17-18小節あたり ちょいと指にひっかかった所があり、「molto marcato」(非常にはっきりと)弾くべき箇所なのに、少し揺らぎのある音になってしまいました

    32-35小節 演奏会前日に望月君から「ここは少し巻いていきましょう」と急に言われ、それが未解決のまま本番を迎えていました。今回の演奏会中、一番不安だった箇所。自分の中では「少し遅れたかもしれないけど、許容範囲?」という印象でしたが、録音を聴かないことには判定不能です

    50-52小節目 ここは「四季」チェロパート最大の難所。しかしここも最近は誤魔化せるくらいにはできるようになっていました。今日はその中では「10回やって悪い方の2~3回」くらいの出来。ぶっちゃけ、弾けてないんですが、それを誤魔化せているかどうか、そこがポイント。

    あと、「秋」全体で今度はG線(高い方から3つめの弦)のチューニングがおかしくなり(「冬」の前に修正)、G線のある旋律を控えめに弾いたり、なんだかそこに悔いが残った部分はあります

    ちなみに、リベルテのチェロメンバーの中である人が、「マンドセロのチューニングは、どこで妥協するかが勝負じゃないですか?」って言っていました。たしかに、この楽器、カンペキなチューニングはできません。楽器的にほとんど全てのマンドセロが欠陥を持っており、ハイポジションになればなるほど、音程が狂ってきます。
    自分は今回の演奏会、低弦については、開放弦でチューニングしませんでした。
    第5とか第7フレットあたりで音程が正確になるように合わせました。
    それだと、開放弦になると、かなり露骨にわかるくらいズレます。
    でも、今回、特にC線(一番低い弦)はほとんど開放や第1・2フレットあたりを使わないので、それでいいんですけどね。

    『冬』
    第3楽章

    90-92小節目 弦をはじく直前に「あ、タイミングが少しズレた?」と感じたので、弾かなかった音があります。

    【狂詩曲スペイン】
    全体にミスだらけ。
    サイアクなのが、243小節目。
    マンドラ全員とマンドセロのソロなんですが、なんと!全員落ちました・・・。
    ここはほとんどのお客様にはバレたことでしょう。

    それ以降、オケ全体が少し浮ついてしまいました。

    ただ、このミスが起こる必然性は事前にあったような気もします。

    曲の入りから勢いがあって、決まるべき音がピタっと決まっていい感じだったんですが、逆に練習時と比べてもちょっといい感じすぎて、何だかフワフワしちゃってきてたんですよね。。。

    【カルメン幻想曲】
    ほぼ伴奏なのですが、細かいミスはそこそこあり。

    でも、そう悪くないかな?と思っていたら、マンドラとマンドセロのメロディで、自分だけ1小節早く入ってしまったことは、たぶん岡田先生と隣のTKD君しか気付いてないはず?(笑)

    【三角帽子】
    個人的にはミスらしいミスは、ほぼゼロ!

    ほぼきちんと弾けた!と思っております。

    もちろん誤魔化した箇所とかはないわけじゃないですが、全体の音量の大きな箇所とかで十分に誤魔化せていたと思いますし(どんな自信やねん)。

    アンコール

    【カルメン(ビゼー)より「ジプシーソング」】


    カルメン幻想曲(サラサーテ)で終曲として登場する「ジプシーソング」の原曲(ビゼー)をアンコールとして演奏しました。

    ゆっくりのテンポで「ずいぶん安全運転のつまらん演奏だな」と思わせておいて、後半、半狂乱状態にまで加速する、という仕掛け。

    その半狂乱状態の箇所、練習でも一度もなかった超高速につき、私はぶっちゃけ、弾けてません~。。。

    拍がズレないように、指が入り切らない時は、1つか2つ、音を飛ばして弾いていました。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 17:06:57| Trackback(0)| Comments(6)
    コメント
    お疲れでした!!
    お疲れ様でした☆
    トップにスタッフにホントに忙しかったと思いマス。ブログを読んでいて改めて感じましたよ。

    1部は、裏仕事やプロ関係でちょいとバタバタしてたんで所々しか聴けなかったからCD楽しみにしています。

    それにしても34人すごいなーーー☆
    2006-11-06 月 00:33:15 | URL | カナッペ [編集]
    お疲れさまでした。大変だったみたいですね。

    スゴイ選曲だなと思って期待していましたが、行けずに残念。
    完全燃焼ってのは、ひとつの結果としてステップになるもの
    だと思います。いいものですね。楽しんで頑張っていってくださいな。

    最後の方の備忘録は、まぁ大部分は音楽とは関係ないトコロかな。
    大きな流れとか音楽の様子がどうだったのかが重要なのでは?
    ま、ミスはミスですけど(苦笑)

    ちなみに、Nameが分かりにくかったかも知れません。
    ChyKです(ってこれくらいでどうだ)
    2006-11-06 月 09:51:15 | URL | CK [編集]
    カナッペさん
    いやー、とりあえず終わったっすね!

    お疲れ様でした。

    当日、自分は演奏だけしてれば良かった(セッティング・調弦などは当然するとしても)けれど、それ以外にいろいろ仕事が入ると、演奏に集中するのが大変になるよね。
    最近自分はそういう経験ナシで済んでるけど、学生時代はそうだったので、心中お察しします。

    ま、とりあえず、次いきましょう、次!
    2006-11-07 火 00:30:53 | URL | タテラッツィ [編集]
    CKさん
    実はある方から指摘されて、ご正体、気付いておりましたよ~。

    ご都合付かなかったとのこと。残念ですが、これで終わりではないので、またご都合付く時にぜひ!

    さて、たしかに自分の備忘録、細部ばかりです。

    これはCD化することと大いに関連するのですが、それともう1つには、音楽の流れを作るという点では、マンドセロとして要求される範囲でそう問題はなかったかなぁというのもあります。

    でも、本来大切なのはミスだけでなく、もっと大きな所ですよね、たしかに。
    2006-11-07 火 00:35:17 | URL | タテラッツィ [編集]
    おつかれさまでした。
    団員です。
    11/4、ほんとうにお疲れ様でした。
    自分も、「早く終わって欲しい」と心から願っていた一人です。
    色々なことがありましたが、最後まで力を出し切って録った音ですから、今年の集大成として、いいCDになるといいですね!
    2006-11-07 火 19:20:04 | URL | H [編集]
    Hさん
    いや、本当に本当に!お疲れ様でした!!

    Hさんがどなたかは、すぐにわかりました(笑)

    直前にまでいろいろトラブルあって大変でしたよね、今回。

    Hさんの追った職責の重さは自分の比ではないので、「早く終わってほしい」と願ってらしたのも、当然、ムリもないと思います。

    重ねてお疲れ様でした。

    しかし、そうは言っても、今回はCD化まで油断できないですねえ(苦笑)
    2006-11-08 水 01:17:06 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。