■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    終わらない日常
    【ただ今のBGM】
    「音楽の捧げ物」より「3声のリチェルカーレ」(J.S.Bach)

    ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団


    演奏会が終わった自分へのご褒美として購入してきたCD。

    冒頭のチェンバロだかピアノフォルテだかよーわからん音色にビビりまくりです。

    まるで「○□湯けむり殺人」系の回想シーンにでも出てきそうな、あるいは「テルミン」かよっ!っていう不思議チャンな音です。

    でも、後に出てくる「トリオ・ソナタ」は素晴らしいっす。

    リベルテ直前期、個人的にはバッハを聴きたくて聴きたくて仕方なかったんです。
    なので、それは満足ですが、この「トリオ・ソナタ」、バッハ当時の様式もヘッタクレもないある意味「リベルテイズム」に貫かれた自由な(笑)演奏です。

    ただ、このCD、もともと抽象度の高い曲に、あまりに生真面目な演奏で、最初ビビり(引き)まくりでしたが、なぜかずっと聴いていると心地良くなってきます。

    きっとそれは、こういう演奏効果が発生した原因が、旋律と旋律との関係性を明らかにしたい、というケーゲルの意図だったということにあるのかなあという印象です。
    丁寧でマジメな演奏なんです。
    「一見、とっつきにくいけど、話してみたら、誠実で信頼おける人だった!」
    みたいな感じでしょうか。

    まあしかし、「自分へのご褒美」にしては、ちと重過ぎますけど・・・(苦笑)

    もうちょっとトレンディ(死語)なものを「ご褒美」にし直そうかしらん。


    ------------------------------------------------------

    リベルテが終わり、完全に脱力してしまっております。

    出来うるならば、「脱力系フォント」でブログを更新したいほど。

    しかし、いつもいつも、演奏会のたびに思うことですが、

    「演奏会が終わっても世界は続く」

    んですね。当たり前ですが。

    今回のリベルテに限らず、自分、演奏会に出る時は、その演奏会の日が「世界の終わりの日」だと思って演奏しています。

    え?

    格好付けすぎ??

    似合わねーこと言うな!?

    はい、スミマセン。

    でも、そういう感覚は、本当にいつもあります。

    ホントですってば、お願い、信じて!(ひつこい)

    中でも今回はそういう気配が濃厚でした。

    自分の手帳を見ますと、11月はそれなりに飲み会だの遊びだの知人の結婚式出席だのといったプライベート用事が入っています。

    ちなみに、マンドリンの用事は11月5日から30日までの間に、たった1日だけ。
    (今後、少し増えるかもしれませんが)

    しかし、何というか、急に自分の時間ができると、一体なにしていいか、困りますね。

    「演奏会終わったら、あれをやるぞ!」

    って思ってたことはいっぱいあった筈なのに、ほとんど抜け落ちています。

    とりあえず、シルベスさんからいただいた、「のだめカンタービレ」のDVDは観終えて、なんとか現在の第3話(4話?)まで追いつきました。

    演奏会に関して、2日経ち、どうも自分、当初思っていた以上にたくさんミスしていたような気がしてきました。

    そりゃ練習時だって、指揮者とかから「チェロ、そこ違う!」とか言われて、それで初めて自分が間違ったことに気付くケースはあるわけで、それは本番だって同じなんですよ。人様から言われなきゃわからないミス、きっとある筈です。今回はCD化というシビアな事情があるので、そこらへんは「もう終わったこと。気にせーへん!」と行かず、ちゃんと見つめなおしておきたいですね。





    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:10:29| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。