■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    上手くなりたい?
    【ただ今のBGM】
    フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとハープのための五重奏曲(ヴィラ=ロボス)

    モビウス


    いやー、これはいいです。

    久々に発見した「隠れた名曲」

    ていうか弾きたいですね。

    そう、編成がね、ちょうどいいんですよ。

    「あるアンサンブル」にね。


    演奏会終了後、最初のエントリで自分、

    「あと3年は楽器弾きたくない!」

    なんて、半分冗談・半分本気で書いたんですが、結局現在までの所どーいう感じで推移しているかと言いますと、

    4日(土)演奏会本番

    5日(日)復習として15分くらい弾く

    6日(月)楽器触らず

    7日(火)基礎練習を20分くらい


    てなわけで、楽器触らなかったのは結局、たったの1日ぽっきり!

    「3日坊主」の反対の「逆3日坊主」どころか、これでは、「逆1日坊主」ですよ。

    なんだかね、昨晩、楽器をケースから出さずに寝たら、変な罪悪感を感じたんです。

    もともといつも書いてましたように、自分は「演奏家気質」じゃないんです、ちっとも。

    なので、家で楽器をケースから出す時ってのは、ある種の「必要悪」でそうしているわけで、多少なりとも苦痛を感じながら出していたんですね、多くの場合は。

    でも、今年の9月くらいからですかね。

    全く楽器をケースから出すのが苦ではなくなりました。

    「好きになった」っていうのとも、ちょっと違う気がします。

    「習慣になった」ってことなんだと思います。

    風呂に入ったり、トイレに入ったり、食事をするのと同じように、家では楽器を弾く

    一般に「楽器が上手」って言われる人々の多くは、そんなん、とっくのとうの当たり前に、昔っから実践してきたことなんでしょうけれども、自分にとって、このモードを体験したのは、多分、これが人生初。

    そして今、自分はさらに人生で初めて、もしかしたら、

    【楽器がうまくなりたい】

    と思っているかもしれないです。

    まだ、そんな自分の気持ちに、気付き始めただけですけれども。

    とは言っても、

    「え?楽器??いや、あんなん別に好きでもなんともねえよ。いや、好きではない、、、はさすがに言い過ぎ?いやウソでした。実はす・す、、、すき焼き食べに行こうか!」

    みたいな感じですけど。

    自分はいつも書いてるように、

    「楽器がうまくなりたい!」

    そう思って楽器の練習をしたことは一度だってないです。

    いや、正確には、楽器を始めて最初の1年くらいは、そう思っていたかも?しれませんけど。

    今回だって、自分が頑張って練習していたのは、あくまで、

    「【四季】が弾けるようになりたい!」

    これだけですよ、ほんと。

    【四季】を【狂詩曲スペイン】とか【三角帽子】とか【カルメン幻想曲】って振り替えてもいいですけど。

    「楽器がうまくなりたい!そうすれば【四季】なんかも弾けちゃう!」

    という思考回路ではありません。

    「【四季】が弾きたい(弾かなくちゃ)。そのためには、このくらい楽器が弾けないとダメ。あー、じゃあそれくらいは弾けるようになりたい!」

    という思考回路の順番です。

    そうして何とか辿りついたのが今回の演奏会。

    でも、その過程で1つ、気付いたことがあります。

    「そもそも、俺、ヘタなんじゃん?そうか、ヘタではできないことがある。だったら、上手かったら、これほどまでに苦労もしなくて済んだのかも。」

    もちろん、人間の欲には限度がないもので、上手い人は上手い人なりに、さらに上を目指すから、「楽」などという境地は、一生訪れないわけですけど。

    しかし、もちっと上手ければ、【四季】の音取りでこれほどまでに苦労することだってなかった筈。

    そう考えると、

    「やっぱりこれは、上手くなるしかないのでは?」

    という思考が頭をもたげました。

    ちなみ自分は大学から楽器を始めました。

    自分の知る限り、「あーこいつ(この人)、上手いわー」っていう人の大半は、このマンドリン業界の場合で、中学または高校からマンドリン始めたくらいの人に多いです。

    「大学から」「社会人になってから」「定年退職してから」「主婦になってから」マンドリンを始める人で、「おーこいつ(この人)すげー!」っていう人、いなくもないけど、率はかなり低い感じがします。

    リベルテも一部、大学から始めた人もいますが、多くは中学か高校からやってる人たちです。

    今回のリベルテ1プル(1番前の列)に座っていた中で、大学からマンドリン始めたのは、ひょっとしたら、いや、ひょっとしなくても、自分1人だけだったんじゃないかと。

    そんな激不利(?)な条件の中でさらに自分は、大学卒業後、3年近くもの「空白の時」(とか言うと格好いい?)があったり、「自分は演奏会気質じゃない」と言っていたり、それでよくまあ、ここまで漕ぎ付けたもんだな、と思います。

    それで、上手くなるには、どうしたらいいか

    このことへの答えが、私にはまるでないのです。

    1つだけわかったことは、「目先の演奏会の曲にばかり追われていては、できるようにならない能力もある」ということ。

    というわけで、

    ウェルナー・チェロ教則本

    が、現在の愛読書?です(笑)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:14:32| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    楽譜はいまだに読めないし(っていうか必要としないし)、基礎練習なんて言葉を聞いただけで虫酸の走る自分ですから、こんなところでタテラッツィさんと楽器について言葉を交わすこと自体お門違いも甚だしいんですが、その点お許し頂いた上で、楽器を手にするのが習慣になった、という感覚には大いに共感を覚えます。僕にとってギターはもはや、ダイニングテーブルに付いたらコーヒーを飲むとか、ソファに座ったらテレビのリモコンを取ってしまうとか言ったレベルで手にするのが当たり前になって久しく、ケースになどもう長いこと収まっていません。もはや身体の一部、といいたいところですが、その割にはいまだろくに格好良く弾けないんですけれど(原因が冒頭の姿勢にあることは百も承知!)。
    2006-11-08 水 10:26:37 | URL | テット [編集]
    テットさん
    いやいや自分は多分テットさんに比べたら楽器を自分のものになんて全くできてないっすよ。

    でも、コーヒーやリモコンの感覚っていいですね。

    いつかテットさんともまた、演奏をご一緒したいなぁ。

    自分にとって、クラシックギターの原体験と言えば、テットさんが弾いた「キャンディキャンディ」ですから!(覚えてます?あの名演奏はうちの同期の間で大評判だったんですよー)
    2006-11-09 木 08:34:40 | URL | タテラッツィ [編集]
    「キャンディキャンディ」……il||li _| ̄|○ il||li
    恥を知らないってのは学生の特権だなぁ。(お前だけだって?
    とはいえいまだにあんな事ばっかりやってますよ、自分のギター。
    最近ようやくキリンジの弾き語りあたりに昇格しましたけど。(と精一杯虚勢を張ってみる

    協調性を要するオーケストラは僕にとって、やはり振り仰ぐものであります。
    2006-11-10 金 10:00:06 | URL | テット [編集]
    テットさん(2)
    いえいえ、どんなものよりもあの「キャンディキャンディ」は光ってました。

    個人的に、歴史上もっとも上手く演奏されたクラシックギターは、あの日のテットさんの演奏です。
    これだけは誰が何と言おうが(誰も何とも言わないでしょうが)譲れませんよ~!!
    2006-11-11 土 00:28:58 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。