■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    同曲異演ほか数題
    【ただ今のBGM】
    バラード第3番(ショパン)

    ルービンシュタイン(ピアノ)




    秋の夜長に聴く音楽として、相応しいのは何か?

    と言ったら、自分としては、

    シューベルトかショパン

    ですかね~。クラシックの中では。

    メランコリーちゅうやつでんな。

    クラシック音楽の最大の醍醐味の1つは、

    【同曲異演を聴くこと】

    だと言われます。

    自分もまあ、同感です。

    「まあ」という留保付きなのは、この傾向に拍車がかかり過ぎると、各地の公演プログラムが金太郎飴状態になってしまうからなんですけれども。

    実際、

    マンドリンにせよ、
    管弦楽にせよ、
    合唱にせよ、
    吹奏楽にせよ、
    ギターにせよ、
    ピアノにせよ、

    その閉じられた世界の中における定番曲ばっかり演奏される傾向というのはプロアマ問わずあるわけで、天邪鬼な自分なんかは、もしもそれぞれの世界の内側の曲をやるならとことんマイナー路線で行けばいいと思うし、あるいは上記の世界をシャッフルしちゃって、例えば

    「吹奏楽でショパンの雨だれ」
    とか
    「ギターでマーラーの交響曲第8番≪千人の交響曲≫」
    とか
    「ピアノで禁じられた遊び」
    とか
    「管弦楽でパストラ●ファンタジー」
    とか
    「合唱でアニソン」
    とか
    「マンドリンでカルミナ・ブラーナ」
    とか

    「趣味悪っ!」って思われるかもしれませんけど、それくらいやる方が面白いっちゃ面白いというか、そういう営みにブレーキは一切いらないし、そもそも「向く」とか「向かない」とかそういう議論自体が創造性を破壊するだけ!とさえ考える今日この頃なのであります。

    まあ、これは極論ですけどね、もちろん(笑)

    何が言いたいかって言えば、「先入観、逝ってヨシ」(っていう言い方、今でも某サイトでは使ってる板あるんですかね)ということに尽きます。

    あるいは、同じ「管弦楽」なら管弦楽の曲でも、定番ばっかじゃなくて、お客を啓蒙でもするかのような、ちょっとマイナーなプログラムでもいいんじゃないかと思うんですよね。

    特に同時代音楽。「ゲンダイオンガク」とわざとおどろおどろしい表記(吉松隆氏のネーミングですね)でも呼ばれる音楽ですが、これなんかは、クラシック音楽が単なる「博物館音楽」であることを避けるためには、もっともっと広範に演奏されるべきものだと思います。

    今日発売のCOURRIER(クーリエ・ジャポン)っていう隔週の雑誌にヴァイオリニストの五嶋みどりに関する記事が載っていまして、そこからみどり氏の発言を引用しますと、

    「現代の作曲家の作品を演奏したいと言うと、演奏会の企画者は3つの質問をします。 演奏時間は? 旋律はあるのか? “口直し”のためにほかにどんな曲を入れるのか?」

    五嶋みどり氏の素晴らしい所は、こうした現状を知った上で、現代音楽だけのプログラムで演奏するとき、自分の出演料を半額にすると申し出るんだそうです。

    関係者の言葉。

    「現代音楽ではチケットは売れません。彼女はそれを知っています。それでも彼女は、現代音楽の力を信じているのです」

    五嶋みどり氏ほどの実力と名声を得たヴァイオリニストだからこそできる活動なのでしょう。

    まあしかし、「同曲異演」以外のクラシック音楽の楽しみ方としては、先に書いた「ジャンルシャッフル」よりかは、こちらの方が一般的ではあるでしょうね(当たり前か・・・)。

    で、思い切り話が脱線しましたが(脱線なんかいな)、自分、メジャー作曲家の中でも、「同曲異演」を手広く聴いている作曲家とそうでもない作曲家がいます。

    「同曲異演」CDを手広く収集している作曲家の例:J.S.バッハ、ベートーヴェン、ブルックナー、マーラー、ラヴェル、フォーレ、バルトーク、ショスタコーヴィチなど

    「同曲異演」CDはほとんど持ってない作曲家の例:ハイドン、ショパン、リスト、プロコフィエフなど

    後者は、ピアノに名曲の多い作曲家が多いですね。

    というわけで、冒頭に掲げたショパン、自分はルービンシュタインの全集と、あとは一部の曲についてポリーニやホロヴィッツ、ブレハッチあたりを持っているだけです。

    なので、残念ながら、今聴いているルービンシュタインの演奏が、この曲の他の演奏と比べてどういう性格を持っているのか、よくわからないんですよね。

    全般に穏健でドライな解釈なのかな?という感じはありますけど。

    なのにスケール感はでかい、音楽の構えが大きい感じがするのは、指揮者で言えばクレンペラーあたりに通じるものを感じます。


    さてさて、最近、時事ネタをほとんど書いてなかったので、少し遡った話も含めていくつか簡単に。

    ・奈良市の職員が病気などを理由に5年余りの間に8日しか勤務していなかった問題

    これ、関東地方の人にはわかりにくい話なんじゃないかと思うんですよね。単に「そんな怠慢でクビにしないとは、何たる甘え!!」とかで済まない問題を内包してますから。同和問題ってやつです。
    自分は大阪で小学校の途中まで育ったので、少し感覚としてわかるんですが、同和問題ってのは、西日本(の多くの場所)じゃ身近な話です。でも、千葉あたりじゃほとんどそういう話も聞きません。
    ですが、ですが、本来は、単に「そんな怠慢でクビにしないとは、何たる甘え!!」で済ませる感覚の方がむしろまともではありますよね。
    それを世間知らずと見るか、本来はそれが正常なんだと取るかは、人それぞれだと思いますけど。

    ・高校「世界史履修不足問題」

    今の「ゆとり教育」制度下における進学校で、一般的にどういうカリキュラムが組まれているのか、よく知りませんが、自分の高校時代は↓こんな感じでしたね。

    美術:3年間履修せず
    音楽:1年間だけ履修
    保健体育:体育のみ。保健は3年間履修せず。
    地理:3年間履修せず
    日本史:1603年~1940年代までだけを1年間で履修
    世界史:2年間みっちり履修。3年次には「世界史クラス」だったので
    補講的なのも含めて週7時間くらい受けていた
    数学:「微分・積分」は履修せず
    物理:一通り履修
    化学:一通り履修
    生物:3年間履修せず
    地学:1年間で教科書の半分くらいやっておしまい


    ↑これって、今だとトンデモ学校なのでしょうか・・・?

    ていうか完全に「私文系カリキュラム」ですよね。

    まあ実際は、どの授業が行われていようと、3時間目は「早弁タイム」だったりしたわけですが・・・(先生にもよる)

    J1浦和のブッフバルト監督、退任へ=「家族と暮らしたい」と独紙に明言

    サッカー的にチームが弱くなるとかそういう話はにわかに語れるもんでもないので華麗にスルーしまして、辞任会見とかで、「家族と暮らしたい」とか言うと、日本では、「まーたまたぁ!この狸オヤジが。国帰って選挙対策でもすんじゃねーの?くぉのぉ~!」なんて突っ込みが入りかねないとこなんでしょうけど、ブッフバルトの心中までは知りませんが、ドイツとかイギリスあたりじゃ日常茶飯事にこういう理由での辞任ってあるそうなんですね。

    ワーク/ライフ・バランス

    という言葉、ご存知ですか?

    仕事と私生活のバランスを取る、というくらいの意味です。

    これまでは、サラリーマンが働きすぎ、早く帰るべきだ!っていう主張を出すとしたら、その根拠に、「長時間残業するよりも成果さえ挙げられるんなら問題ないはず」とか、そういうあくまで仕事面の利点を挙げるほかなかったんですね。

    しかしこの「ワーク/ライフ・バランス」という考え方、社会の発展のためには(如いては日本の経済競争力強化のためにも)、「キャリア」「ライフ」「老後」の3点を対等に考えて人生設計していく考え方です。

    まあ詳しくはココのコラムを読んでいただくと、よくわかるかな、と思います。

    もっとも、各職場において、この考え方が常識として浸透するとしたら、もう一度日本経済がボロボロになって、その時初めて認識されるかも?という感じでしょうかね・・・。

    今だと、そんな主張かざした所で、「単に仕事嫌い」くらいにしか思われなそうです。
    スポンサーサイト


    音楽全般 | 00:37:43| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。