■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    遊び過ぎだったり、ハプニングがあったり
    このところ、ブログの更新が鈍りがちなのは、ひと言で説明が付きます。

    はい、遊び過ぎなのでござんす、自分。

    今晩はもう結構いい時間なので、一週間の生活をカンタンに頭出ししまして、詳細はこれから少しずつ書いていくとしましょう。

    11月18日(土)19日(日)清里・1泊2日旅行

    20日(月)残業してたら「のだめ~」を見逃していた・・・。

    21日(火)IN赤坂
          アーノンクール指揮のメサイア(ヘンデル)を聴く

    22日(水)職場関連のボーリング大会&飲み会

          自分は何故か名目ばかりの幹事を務めるも、人生で5指に入るほどの酒量摂取により、気付いたらデジカメと携帯電話が壊れていた・・・

    23日(木)IN白金
          大学のマンドリンクラブ同期SRISさんの結婚式

    24日(金)IN初台
          ブレハッチのピアノリサイタルを聴く
     
          昨年のショパンコンクールで久々のポーランド人優勝者となったブレハッチ青年のリサイタル。
          美音!美音!美音!!
          彼は「鍵盤を叩く」のではなく「鍵盤と戯れている」かのよう。
          「あ、この音、ちょっとニュアンスきつ過ぎるんじゃね?」
          という感想を持つ音がリサイタル全体を通して1音たりともなかったような。
          弱点はそれと表裏一体として現れてくる「左手・ベース音の弱さ」かもしれません。
          ホロヴィッツなんかを聴いていて感じられる逞しさがないのも、メカニックが弱いというよりは、まるで高音重視のスピーカーで音楽を再生しているかのように聴こえてしまうせいかと思われます。

    25日(土)IN有楽町→銀座→秋葉原
          オペラ「利口な女狐の物語」(ヤナーチェク作曲)を日生劇場へ観に・聴きに行く
          終演後、同席させていただいたSSZK大師匠(メトぽで編曲と代振りしている千秋様バリに厳しい?(笑)あのお方・別名「愛のミュージシャン」)と8時間・3軒(有楽町・銀座・秋葉原)も呑み交わさせていただくことに。
          授業料として全額自分が持ってもいいくらい、有意義なお話が聴けました。
          氏のメトに対する考え方というのは、日頃の発言等々から十分に窺い知ることはできていましたが、日頃疑問に思っていたことを質問としてぶつけたり、改めて真正面から話し込むのでもなければ聴けない話をたくさん聴くことができました。
          SSZKさん、たぶん皆さん「コワイ」と思ってるのかな?と勝手に推察していますが、ほんとはとっても優しい人なんですよ。
          寛容さと割り切りのメリハリがスゴかったり(笑)、それでも割り切れずに逡巡されてる所が氏のレベルにあってもなお存在することが窺えたり、メトの近未来像ってほどでもないけれど、この楽団が現在どういう所にいるのか、などなど。
          それから銀座にとってもステキな空間があることも教えていただいた。大切な人と再度来たい店かも(?)

    26日(日)大移動の一日
          千葉県船橋市→東京都中野区→中央区銀座→千代田区内神田(?要するに秋葉原)→千葉県船橋市→東京都中野区→千葉県船橋市


    最終帰宅時刻はもちろん午前様。

    事の顛末はこうでありました。

    午前中、我が実母K子を伴い東京都中野区の祖父母宅へ。

    自分の祖父、先月末の時点で実は「危篤?年は越せないだろう」などと言われて入院していた人。

    それが奇跡の復活を遂げ、昨日退院していたのでした。

    リハビリでスポーツジムにあるような自転車漕ぎしてたらしい。
    その動画を見せてもらったら、「俺より速いんじゃ・・・?」というくらいのスピード。25km/時くらいは出てるスピードだと思います。

    我が祖父は92歳にして「危篤」なのではなくて「奇特」なのだった、という笑っても構わないオチが付きました。

    で、その見舞いやお世話のために我が実母を伴い中野区の祖父母宅へ車で向かったのでした。

    そして自分は午後、銀座で稲友マンドリンクラブの演奏会を聴くために中座。

    稲友マンドリンクラブ。

    ワタクシもかつて在籍しておりました、早稲田大学マンドリン楽部の卒業生(一部在籍生含む)による楽団です。

    これで第15回の演奏会なのだそうで。

    170回以上を数える大学の定期演奏会に比べると、ずいぶん寂しい回数ですが、歴史は古く、昭和15年から開催されてるんだそうです。

    ていうか、昭和15年って言ったら1940年ですが、こんなにキナ臭い年なんです、、、。
    そこから新たに演奏会をスタートさせられてるのがスゴイ!

    そうした事情を生き字引で知っているのは、もはや、赤城淳先生くらいのものでしょう。

    と思っていたら、今年米寿(88歳)を迎えられた先生、客席最前列にいらしていたのですね。
    アンコールの後、司会者のOさんに促されて起立し、花束を受け取られていました。

    稲友マンドリンクラブの演奏会について、レビューを書くというのは、自殺行為なので、やめときます。

    なんでやねん?

    いや、そのですねえ。

    演奏会中に「いま、ステージ上に、俺としゃべったことある人、何人いるんだろう?」と思って見渡してみたら(演奏中にこういうこと考えてること自体が失礼ですよね)、何と「28人」もいたんですね(驚)

    というわけで、自分は一夜にして28人もの友人を失いたくないので(笑)、レビューなんぞは書きません~。

    いや、別に「悪い」って言ってるわけじゃないですよ。

    良くたって、「ホメゴロシ」と取られたらかないませんし、「あの人の、あのパートのことは褒めて、何で私のパートのことは何も言わないの??」とか思われてもたまらんワンなのですよ。

    というわけで、「触らぬ神に祟りなし」路線でここは一つ行かせていただけるのなら、これ幸いと。

    その後、同門の後輩で自分と同じく客席観覧だった310氏とWTNB氏の2人を連れ立って銀座の高級(?)珈琲店へ。

    そう、まさに「珈琲」店なのです。「コーヒー」でも「COFFEE」でもなく。

    「カレー」ではなく「カリー」なのですと言っているのに似ています。

    これぞ大正浪漫。

    「ロマン」ではなく「浪漫」なのですと言っているのに似ています。

    これぞ・・・(以後∞)

    さて、彼らと別れ、自分は一人クルマで秋葉原へ。

    先日のボーリング大会&飲み会の時に壊してしまった携帯電話の機種変更へ。

    一応、故障なので、機種変更じゃなくて修理って線もあるんかなぁ?とも思っていたので、最初にAUショップへ行きますと、

    「修理の場合は、無料・5000円の有料修理・10000円の有料修理があります。修理に出してみないと、お客様の携帯がどの区分にカテゴライズされるかは、わかりません」

    とのこと。

    10000円も出したら、AUの場合はそこそこいい機種に変更できちゃいます。

    というわけで、修理路線は最初っから断念し、アキバ内の携帯売ってる店を10件くらいハシゴしまして、4種類くらいあったお目当ての機種の中から、最安でゲットできる逸品を入手成功~。

    4000円からポイント割引(これまでAUを使ってきた使用料によるポイント)を摘要したら、「ゼロ円」になってしまいました。

    ラッキーですね。

    まあ「これが絶対素晴らしい!」と断定できるような機種でもないんですが、デザインと軽さと必要な機能は全て入っている、という点、そしてもちろん値段が気に入りました。

    W45T

    という機種です。

    こちらに紹介あります。

    これの緑を買いました。

    携帯で緑っていうのも珍しいなあということで。

    で、

    「少し元気になったじーちゃんに会えて、稲友の演奏会も聴いて、携帯もゲットして、予は満足じゃ、ガッハッハ」

    っていう気持ちで帰宅しましたら、この日唯一のトラブルがここで発生。

    我が実母が、

    「財布や携帯や手帳が入ったカバンがない!」

    って言うんです。

    「たしか、あんたのクルマに積んだはず」

    と。

    しかし、つい40分前に携帯を壊れたものから新しいのに機種変したばかりの自分には連絡が付くはずもなく、要するに私の帰宅を待って、車を見る、と決めていたんだそうで。

    でも自分のクルマには残念ながら、母のカバンはなかったのです。

    念の為またクルマに戻って、隈なく探しても出てこない。

    クレジットカードが4枚も入っていたそうで、怖いので取り合えずそれだけ全社ともに電話して止めました。

    そして、「事件は現場で起こってるんだ」の青島刑事じゃないですけど、あとは可能性として考えられる中野区の祖父母の家に行くことにしました。

    これが夜10時頃。。。

    千葉県から東京都中野区。

    ほとんど渋滞しなくても、そこそこ時間はかかります(世間で思われてるほどにはかかりませんが)。

    で、詳しいことは省きますが、結局ある所で発見できました。

    そして帰宅し、風呂に入ったり、メールチェックしたり(返信まったくできてませんが・・・)してるうちに、いつしかこんな時間だと・・・・。

    ていうか、冒頭に、今日は「カンタンに頭出し」とか書いていながら、なんなんだ、この相も変わらずの長文ぶりは・・・。

    ま、とりあえず、ブレハッチ君のピアノリサイタルとヤナーチェクのオペラの感想くらいは、明日以降、それなりにまとめて書いておこうと思います。



          
               
    スポンサーサイト


    日記 | 02:51:15| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。