■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ブラ1
    【ただ今のBGM】
    交響曲第1番(ブラームス)

    ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団





    この曲、ハンス・フォン・ビューローという当時の名指揮者をして「ベートーヴェンの第10交響曲」と呼ばせしめた作品で、今なお大人気の交響曲(オケ曲すべての中でも人気ベスト10に入るのでは?)。

    「暗から明へ」という人生賛歌的内容が、多くの人々に受け入れられている要因なのでしょう。

    特に第4楽章の第一主題は、ベートーヴェンの第9のオマージュとも言えるものですが、個人的にはお祭り騒ぎの第9よりこちらの方が好き。
    (まあこれは単なる好みですけどね)

    ところで今日の「のだめカンタービレ」、このブラ1の派手派手しい演奏でしたね。

    「のだめ」は涙流して泣いてました。

    私はその後のスマスマの上野樹里のあまりに酷い天然ぶりに泣きそうになりましたが・・・なんて。
    別に上野樹里、いいとは思いますけどね。演技ヘタっぴですけど。

    そういえば、自分もかつてこの曲で泣きそうになったことがあります。

    ホルスト・シュタイン指揮バンベルク交響楽団の来日公演でした。

    1997年くらいでしたでしょうか。

    ブラームスはやっぱり弦の音がいいオケで聴きたいなーというのがありまして、その点では、ドレスデンシュターツカペレやアムステルダムのコンセルトヘボウで聴くのがベストのように思われますが、このバンベルク交響楽団もそんなに有名じゃないけれど、素晴らしいオケだな、と思いました。

    「のだめ」のブラ1で不満だったのは、清良(コンマス)のソロが活躍するはずの第2楽章をすっ飛ばしたことのみ!

    あれれ、、、?
    そんな所に着目してる人はあんまりいないか・・・(苦笑)

    この曲、おそらく20以上のCDを所持していますが、私の「ブラ1」お気に入りランキングは、

    第1位 ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団(90年代)

    第2位 同上(80年代)

    第3位 ベイヌム指揮コンセルトヘボウ管弦楽団

    第4位 ベーム指揮バイエルン放送交響楽団(60年代ライブ録音)

    第5位 クルト・ザンデルリンク指揮ドレスデンシュターツカペレ

    次点 ハイティンク指揮ドレスデンシュターツカペレ

    ってとこですかね。

    オケの音だけで言えば、ハイティンクのが一番好きです。


    スポンサーサイト


    音楽全般 | 00:49:11| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。