■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    後輩の演奏
    【ただ今のBGM】
    交響曲第8番(ドヴォルザーク)

    セル指揮クリーヴランド交響楽団




    ドヴォルザークという作曲家がそれほど好きでない自分も、いくつかの曲と演奏については、時々聴きます。その1つがこのCD。
    「中国の陶器のよう」と言われる少し冷たい肌触りが心地良いセル/クリーヴランドの音作り。
    この民族色豊かなドヴォ8が過度に暑苦しい演奏にならずに済んでいるのが魅力的な演奏です。

    ---------------------------------------------------------------

    「いい演奏会」って、どんな風に定義できるでしょうかね?

    ちょっと考えてみたのですが、どうやら自分の場合、アマチュアとプロで全く違う定義付けができそうです。

    アマチュアの場合、

    舞台上の演奏者に「嫉妬」するかどうか

    これが全てですね。

    「あー、こいつらいいなぁ、こんないい演奏会に出られて!羨ましい!!」

    こういう気持ちになれたら、その演奏会は聴いている自分にとって、「いい演奏会」だし、そうでなければ、たとえどんなにテクニックがあろうが、情感豊かに表現できてようが、ナイスな選曲だろうが、みんな楽しそうに弾いて(吹いて・叩いて)ようが、そういう演奏会を個人的に「いい演奏会」認定することはできないんじゃないか?そう思います。

    プロの場合、そういうことは全くないです。

    「あー、ベルリンフィルいいなぁ。俺もステージ上に立ちたかった!」

    とかあり得ないですから(笑)

    プロの場合、普通に演奏で満足させてくれるかどうか、それに尽きますね。

    さて、今日は我が母校の演奏会に行ってきました。

    早稲田大学マンドリン楽部 第177回定期演奏会     

    日時:2006年12月15日(金) 18:00開場 18:30開演
    会場:練馬文化センター大ホール
    曲目:
    ■1部  
    序曲ニ短調/ファルボ 
    バレエ音楽「ファウスト」より抜粋/グノー
    ■2部 
    マイ・フェア・レディ・メドレー/フレデリック・ロウ 
    ウエスト・サイド・ストーリー・セレクション/バーンスタイン = J.メイソン編
    ■3部  
    交響曲第8番 ト長調/ドヴォルザーク


    練馬という僻地(こら!←ていうか、僻地なのはあんたの方ですから!)のため、聴けたのは第2部から。

    それでも例年に比べると早くから聴けた方です。

    いつもなら、第2部の後で、顧問の赤城淳先生がステージ上で長々とお話してくれてる間に何とか到着し、第3部の前のこの楽団で最近恒例の(自分の頃はなかった)「4年生合奏」なるものからようやく聴ける、という感じなんです。

    でも、今回は諸事情により赤城先生の出番はナシ。

    となると、思ったよりも早く演奏会が進行してしまうので、職場から例年より早くダッシュして正解でした。
    (最近実は、朝かなり早く(7時台に職場到着)出勤してるので、早く帰ることへの抵抗が少なくていいです)

    さて、この自分の母校の演奏会、卒部後これまで、たしか3回行けなかったことがありますが、あとは何とか全部聴きに行くことができています。

    もう卒部して10年近くも経ちますし、もうここ6~7年くらい、合宿にも練習にも全く顔も出していませんので、現役部員なんて1人も知らない!というのがまあ普通の姿でしょう。

    でも、今年の4年生、ステージを見渡してみますと、4~5人くらいは知ってるんですね。それ以外でも、話したことはないけど、名前と顔が一致してる人なら7人くらいはいます、実は。

    自分が彼らの活動に顔を出してないのに知っている、つまり、彼らの方が自分の演奏活動の近辺にいるっていうことなんですねぇ。

    で、演奏会ですが、素晴らしかったです。

    「いい演奏会」でした。

    出演者たちに激しく嫉妬しました。

    自分がこんなに嫉妬したのは5年ぶりくらいじゃないでしょうか?

    早稲田のマンクラの演奏会で5年ぶり、っていう意味じゃないです。

    全てのアマチュアの演奏会の中で、です。

    この5年の間、自分はどこのどんな演奏会に出かけたって、今日みたいに聴いていて胸が熱くなることなんて、なかったですもの(「他の演奏会」の関係者の皆様、すみません)。

    もちろんこれは「贔屓」が多分に含まれています。

    今は亡き「一人部屋」の管理人おかテリさんがかつて私のこのブログのことを「物の見方が公平」と評してくださり、リンク集の私の所でも、「中立的なものの見方にいつも感心しきりです。」とご紹介してくださっていまして、確かに自分自身、こうしたことはある程度意識的にそうしてきた所があるので、嬉しい評価だったりもしたのですが、でも、自分の母校の演奏くらい、贔屓したっていーじゃん!ていうのは思います、正直。

    まあ、贔屓して100点満点で98点くらいですかね、今日の演奏。

    贔屓ナシで78点くらい、かな。もし自分と全く関係のない人たちの演奏だったら、そう、78点くらいだったのかもしれません。

    それでも78点は高得点だと思いますけど。

    かつて、「めちゃ上手い」と評判だった某楽団の演奏会聴いた時なんて、「ふん、こんなの曲芸であっても芸術じゃないやい!20点!!ていうかつまんねーから金返せ!!」なんて憤慨して思ったものですし(笑)

    まあ、そう言うても、今回は贔屓しまくりで98点ですけど(笑)

    いや、ステージ上にいる学生たちが、みんな可愛くて仕方なかったですよ。

    「また出たか、タテラッツィのドスケベ!」

    って、そういうんじゃございません。

    女も男も関係ない。美女もイケメンもブサイクも、生意気そうな面構えのヤツも、ステージ上でちょっとキョドってる感じの楽器歴1年未満の1年生も、逆にちょっと偉そうな感じのヤツも、素で話したらむかつくことばっかり言い出しそうな顔してるヤツも、譜面にかじりついて無愛想になってるコも、どんなのも例外なく、全員、

    「嗚呼、なんてかわいい後輩たちなんだろう!」

    と思ってしまったんですね。

    そんな境地に達するとは、、、

    俺ももう「おじさん」なわけです(苦笑)

    (でも今日、隣の部署の30歳ちょうどの人に、「え、年上なんですか?ずっと27~8歳なのかと思ってました」と言われちゃいましたよん!あ、でも、それって、貫禄ないってことか・・・)

    別に自分はOBとして何1つ助けになることなんてしてないのに。
    どういうことかと言うと、ステージ上の彼らを見てますと、どうしたって、10年くらい前の自分と重ねてしまうんですよ。
    そもそも自分がこうしてほぼ毎回のように現役学生の演奏会聴きに行く理由なんて、それがかなりの部分を占めるんです。自分に「演奏」という場を初めて与えてくれた「早稲田大学マンドリン楽部」という愛すべき場所、そこで今なお、熱い日々を送っている人間がいる、昔の自分のように。そんなカタルシスがたまらんってことです。

    それから休憩時間や終演後にロビーでいろんな知り合いに会えること、それとカタルシスのその2点だけで、この学生演奏会に自分が向かう目的の大半は満たされてしまうんです。

    だから、例えば、どんなに酷い演奏を聴かされたとしても、そんなにガックリくることもなかったりするんです。
    まあそれはちょっと寂しいことではありますけどね。

    でも今日は、演奏だけでも十分、遠方から足を運ぶ甲斐があるものでした。

    自分はこの楽団のことを、「徹底的に素人な集団」だと思っていました。

    これは自分が学生の頃もそう思ってましたし、その後もずっと、そう思っています。

    大学のマンドリンクラブで、「ああ、この大学は上手いなあ」っていう所は、多くの場合、付属高校にもマンドリン部があったり、そうでなければ、業界的に有名な技術指導者が付いていたり、もともと経験者中心だったりするのかなあという印象があります。

    でもウチは違うんです。

    学年にもよりますが、ほとんどの場合、学年に15人いたら、12~3人くらいは初心者で、そもそも楽譜自体読めないっていう人が半分近いような、そんな所からスタートするんです。

    早稲田のマンドリンを聴いていますと、「人数の割にはちょっと音量が少ないのかなあ?」と思うことがありますが、その一因は、間違いなく、1~2年生の大半が初心者だから、ということにあると思います。
    特に1年生は厳しいですよね。人生で初めて楽譜読む機会ができた!と思ったら、その数ヶ月後には「じゃ、交響曲弾いて!」ですもん(笑)
    無理無理、絶対無理。

    それでも、3~4年生くらいになると、それなりになるんですよ。
    大半の人はまともにプロからの技術指導なども受けることなく、上級生になるというのに、それでも、何とかなっちゃうんです。

    もちろんそれが本当の意味では、ちっとも「何とかなってない」ってことに、社会人団体に出たりしてるうちにわかってしまうんですけれども。

    それから、ウチは、指揮者は自前なんです。

    プロやOBに振ってもらうのではなく、あくまで4年生(1部は3年生)から学生指揮者を立てて、その元に演奏をします。

    というわけで、最近は少しパートによっては技術指導をOBが与えていたりもするようですが、基本的には素人集団なんですね。

    そんなことで、いかなる点も全て素人的な楽団なんです。だからこそ、野球で言えば「つなぐ野球」みたいなことで何とかしようとします。

    4番打者ばかりを並べた某チームみたいな楽団と同じことしてたらダメなんですね。

    とにかく「つなぐ演奏」。

    それは自分が学生の頃から、何となく考えていたことです。

    しかし、当時はあまりに力が足りず、うまく行くことはなかったかもしれません。

    今日は、それができてましたねえ。見事に。指揮者のT君の下、特に1プルト(一番前の列)からは、明らかにいい音が出ていました。

    コンマスの方の繊細なソロの音色にも魅せられましたし、

    フルートの存在感ある音にもビックリしましたし、

    マンドセロがこんなに柔らかく丁寧に奏されている演奏というのも感動しましたし(ドボ8の3楽章中間部とか、あと、スルタストの所なんてみんな)、

    ドラもこの楽団ではかつてあまり聴いたことのない水準だったように思いましたし、

    ギターはおとなしい?と思ったら、ドボ8の1楽章の和音の刻みがめちゃくちゃ格好いいですし、

    ベースは相当動いて大変そうなのに、卒なくまとめていたように思いましたし、

    うーん、やっぱり、嫉妬してしまいますね。

    この楽団にも近年、OBがコーチとして付いていたりするそうで、そのコーチ陣は皆、自分がとてもよく知っている人たちだったりもしますが、それを度外視してあえて言いますと、やはりこの楽団は、「素人の素人による」楽団なんだと思います。

    しかし、今回、彼らは最大限に「つなぐ野球」じゃなかった「つなぐマンドリン」をやって、この手法による限界値近くまで行けていたようにおもいました。

    帰り道、“某楽団』の指揮者と電車で一緒だったんですが、彼と意見が一致したことで、

    「この楽団のあり方と手法を考えたら、今のやり方ではもうこれが限界!って所まで来てるよね」

    ということでした。

    ここから先、これ以上、上に行くには、それなりの指導者に継続的に学ぶほかないでしょうね。

    それから、なにはともあれ、出演者の皆様、特に4年生の皆様、どうもお疲れ様でした!

    (それから、出演していたOB/OGの人数人も!)

    本当にいい演奏会でした。








    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:39:53| Trackback(0)| Comments(3)
    コメント
    今年も
    終わりました。ご来場ありがとうございました。
    個人的には四年生合奏にやられました。ほっとするやら寂しいやら。気持ち立て直して練習も再開しようと思います。
    2006-12-17 日 23:38:42 | URL | いとふ [編集]
    ご来場ありがとうございました。
    タテラッツィさんの言うよう、今のWMGは「完成形」に近いとこまで来てるかもしれませんね。ベースや木管にまでトレーナー(しかもプロ)がいるマンドリンオケって私の知る限りありませんし。

    自身としてもいい演奏会になったと思いますし、現役の団員も満足してるでしょうが、彼らが本当の意味で「何とかなってなかった」ことに気づくという意味で、是非これからも音楽は続けて欲しいと思うわけです。

    「採点」の98点は出演者の一人としてうれしい限りですが、自分の演奏の自己採点は「0点」なので、、、。ちっとも賛助の役割を果たせず心残りなのでした。
    2006-12-18 月 12:34:42 | URL | ろっく [編集]
    いとふさま、ろっくさま
    いとふさま

    最多出演更新、おめでとうございます。
    4年生合奏っていう試み自体、他ではあまりないことなんでしょうね。
    いとふさんの次の出番はどちらでしょうか?
    楽しみにしております!

    ろっくさま

    「98点」は、本当にこと言うと、「もう現行のシステムでは伸びしろがほとんどないのでは?」という点の付け方です。

    あとの2点は「音量」ですかねえ。

    みなさん、きれいな音なんだけど、いかんせん、fやffの時でも、mfくらいにしか聴こえないのが難点ですね。

    でも、中野ZEROよりは響くし、「自分たちは音が出てないのでは?」という自覚があるのか、頑張りどころでは、それなりに音が出てましたけどね。

    トレーナーがいるのは、うらやましいですね。
    某社会人楽団でも、いたらいいなあ、と思いますもん。
    2006-12-20 水 07:07:57 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。