FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    キューピー3分間クッキング
    【ただ今のBGM】
    ペトルーシュカからの3章(ストラヴィンスキー)

    ポリーニ(ピアノ)




    これ、いま聴くと、「キューピー3分間クッキング」に置き換えて聴いちゃうって人、多いと思うんですけど(自分は昨日1日、頭から離れなかった・・・)、「のだめ」が弾いた演奏よりはこのポリーニ、相当速くて、曲の世界観が違う感じ。ポリーニの演奏は「のだめ」が聴いたら、

    「どうしてみんな私にこういうのばっか求めるの!?もうたくさん!」

    って言われちゃいそうな、そんな生真面目かつ完ぺき主義な演奏。

    それでもなお物足りなさが残るのは、この曲が本来、管弦楽用に書かれたバレエ音楽で、その響きを知っているからなのでしょうか。

    ピアノ版もストラヴィンスキー自身が編んだものだし、これはこれで素晴らしいと思いますが、どうしたって管弦楽版には勝てないなあ、という印象。
    音色のパレットが違い過ぎるからでしょうね、きっと。

    でも、例えば、マンドリンアンサンブルでこれやったら、すごくいいんじゃないか?という気がします。
    むしろ、ピアノよりもオケよりもいい感じになる可能性がなくもないような。

    「弾けるもんなら弾いてみろ!」

    とか、

    「著作権が・・・」

    とか、いろいろ問題はあり、前者後者ともに、この曲をマンドリンアンサンブルで発表しない絶対的な理由となり得るものだと思いますけれども・・・。

    マンドリンでポリーニ級の人(いるのか?)が、ストラヴィンスキーの譜面の権利を持っている人だか業者だかに許可もらって演奏してくれたら、地球の裏側へだって、聴きに出かけますけどねん。

    最近、ネットの接続が悪く、更新が進んでませんでした。

    でももう直りましたので、また「ほぼ日更新」でやっていきたいと思います。

    スポンサーサイト





    レビュー | 07:02:06| Trackback(0)| Comments(2)