■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    リベルテ忘年会
    【ただ今のBGM】
    オーバー・ザ・レインボー(「ギターのための12の歌」より)

    ハロルド・アーレン/武満徹編

    福田進一(ギター)


    もしかしたら「まーたまたマニアックなものを・・・」と思われるのかもしれませんが、この「ギターのための12の歌」、少なくとも自分の知る限り、クラシックギター弾きの間では超メジャー曲のようです。

    マンドリンアンサンブルには通常、クラシックギターが入ります。
    今さら言うまでもないかもしれませんが、自分の知り合いにはギター奏者がわんさかいるわけで、このあたりのCDは自分で買う必要もなく、学生時代からいっぱい聴かされてきているわけです。

    でも、ギター弾きでない自分としては、「そんなに狭い世界に閉じこもってないで、もっと他の音楽も聴いたら??」という気分も正直あったりで、まあそれを言い出せば、自分だって全然狭い範囲の音楽しか聴いてないし、お互い様的な話になってもくるわけですけど、でも、当時はどうしてもギター音楽というものを真正面から聴く対象として捉えていないような所が自分の中にありました。

    そうしたことに変化が訪れたのは、社会人になって、そもそも聴く音楽の編成に一切のこだわりがなくなってから。
    電子音楽からフルオケ、合唱、弦楽四重奏、ピアノ、ギター、ブラス、管楽合奏、リート、そしてマンドリン、編成は関係なく、音楽の内容が良ければ聴くという生活を、このブログが始まる数年前から続けているので、学生時代のような「選曲用」とかそういう音楽の聴き方はもはや全くしませんね。かえってその方が選曲に当たっても、拾える守備範囲が格段に広くなりましたし。ピアノ曲の中にこれほどまでマンドリン向きの音楽がたくさんあろうとは、以前は思ってもみませんでしたし。


    今晩はリベルテの忘年会。

    楽団員が勤める「某有名家電企業N社」のカレンダーや手帳ばかりが景品の素晴らしきビンゴ大会(笑)など、微妙な盛り上がりの場面もありつつも、やはりこの楽団は平均年齢が若く、ノリ良く進みました。

    「1人1人、近況報告を1分半以内で」というコーナーで、自分は

    「URL教えますから、後で見ておいてくださ~い!」

    という、それはそれは酷い発言で終えてしまい、場の空気を白くしてしまったものでした。

    そういえば、“未』の告知すら、するの忘れておりました。。。

    “未』の同志の皆様、すまぬm(_ _)m

    というわけで、ここで鬼が笑う告知をば。


    “未完成』第7回演奏会

    ■日程:2007年2月18日(日)
    開場-14:00
    開演-14:30

    ■入場料:無料(チケットなど必要ありません)

    ■場所: 武蔵野市民文化会館 小ホール

    ■演奏曲目:
    第1部 イギリス民謡組曲 Vaughan Williams 伊藤敏明編
       
      はるかなるサラバンド Joaquin Rodrigo  佐藤洋志編
       
       ルーマニア民俗舞曲 Bela Bartok 伊藤敏明編
       
    第2部 交響詩「夏の牧歌」 Arthur Honegger 小松信彦編 
       
       交響曲31番「パリ」 Wolfgang Amadeus Mozart 赤城淳/小松信彦編


    とりあえず、年明けの最初の3連休からいきなり合宿なので、この正月は練習しとかないと、ですね。
    最近のワタクシ、「飲酒演奏」は楽団クビじゃねーか?という破天荒な内部規律を勝手にぶち上げて、練習さぼりまくっておりましたので、明日あたりケースから楽器出すのが怖いです。
    本当は、どんなことがあったって、1日15分くらい弾くつもりでいたんですけどね。そして今年は1月から11月4日までの間は、それができておりました。できなかったのは、11月5日から今日まで。長い1年のスパンで見たら、まだまだごくわずかな期間ですけれども、でも、そろそろやばいですね。

    今週は飲む機会が多すぎの、とんでもない一週間でしたが、それもようやく打ち止め。

    大晦日や元旦に誰かと飲んだりする習慣は自分の場合ないので、これから1月3日まではほぼ完全フリータイムとなります。

    もっとも、1月2日の午後、母方の祖父母の家(東京都中野区)に短時間、挨拶にだけ行きますが。
    (祖父の体調が今年の秋頃から思わしくないので、例年は丸一日滞在する所を、今年は1~2時間の挨拶程度にとどめることに)

    あとは、この年末年始、部屋の掃除などして、年賀状出して、そしたら、録ったまま観ていない映画や「のだめ」最終回や借りてきたDVDなんぞを観たり、読みかけの本を読んだり、聴きたかったCD聴いたり、悠々自適に暮らそうと思います。

    2007年をどういう年にしたい!っていうプラン、実は自分の中でかなり明確になってきまして、いま、少しずつそれに向けて布石を打っている所です。1月1日に初心表明演説として掲載しようかと思っております。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:30:51| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。