■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    暑苦しい時期にシチューの話題
    今日は昼食にそば屋のカレーを出前で取りました。
    そば屋のカレーってダシをそばツユで取っていて、おいしいんですよね。
    豚肉もよく汁がしみ込んでいておいしい。
    こりゃインド人もびっくり!って感じです(最近このネタ多いっすね)。
    そば屋なのにカレーっていうひねくれ方がちょっとこだわりがありそうな
    感じで良いなー、なんて勝手に思って、「そば屋のカレーフリーク」を自称
    (僭称?)してます。
    ただ、こんなもん職場で食べてると、匂いが、、、!(笑)

    カレーっていうのは、主に英語圏で食べられてるみたいですね。
    インド、バングラ、イギリスなど。
    フランス語圏は何かって言ったら、クスクスっていう、小麦粉?の細かい
    ものが入ったシチューみたいなのが定番らしいっす。今夏、モロッコで試し
    てきます。いや、一応日本で食べたことあるんですけどね。本場ではどうな
    のかな?
    スラウ゛語圏は、いろんなスープやシチューの宝庫ですね。ロシアのボルシ
    チ、ハンガリーのグヤーシュなんて、とてもおいしいです。
    (ハンガリーの公用語マジャール語はスラウ゛語じゃないんですけど、ま、
    文化的にってことで、勘弁してください)
    冬、寒い所だけにこういう文化が発達するんでしょうね。
    ドイツ語圏は、特にないですね。麦でできたアルコール入りのシチューにみ
    んな夢中らしいですが(笑)。

    みなさんは、どんなスープ、シチューがお好きですか?
    やっぱりミソスープ??

    PS そう言えば、今日はやはりアントルモン氏の演奏会、行けませんでした(涙)
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。