■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    2006年総括(個人編)
    【ただ今のBGM】
    交響曲第40番(モーツァルト)

    ファビオ・ルイージ指揮ウィーン交響楽団

    NHK教育TVより

    同時に

    「ありがとう」(SMAP)

    NHK総合(紅白歌合戦)より


    中居君の歌とアンナ・ネトレプコの華麗なソプラノの凄まじきギャップ(ロンドン地下鉄駅のMind The GAP!ってアナウンスを何故か思い出しました)、、そしてK-1とフィギュアスケート全てがチャンポン状態です。(「ガキ使」も1%くらい)

    というわけで、今年は、というか正しくは、今年も、なんですが、寝正月を送っております。


    年が明ける前に、2006年の総括(個人編)をしときますかね。

    「総括」ってほどのシロモンでもないですがね。
    自作自演のQ&A方式で。

    ・2006年はどんな年だった?

    「病」に終始した2005年と比べ、ひとまず元気を取り戻した年。
     昨年は自分で自分に様々なストッパーをかけていましたが、2006年は、ほぼ全開モード。逆にはしゃぎ過ぎた観がなきにしもあらず。
    明日あたり「2007年の抱負」で書こうと思いますが、ちょっと「対外的に」生き過ぎたかな、というのが反省点。もう少し、自分自身を見つめ直していこうと、最近は思っております。
    しかし、なんだかんだ言っても、全体にはあまり煮え切らない年でした。。。

    ・2006年、月別に出来事などを書いてみてください

    1月 “未』合宿、モロッコ料理を食べる
    2月 最後のステロイドパルス入院、“未』本番
    3月 特になし(強いて言えば、演奏会行きまくりシーズン)
    4月 ベラ・クォーレにエントリー、仕事繁忙期
    5月 ベラ・クォーレ演奏会初出演
    6月 リベルテとメト本格化
    7月 バルカン旅行、生活の半分はリベルテ
    8月 “未』小演奏会、生活の大半がリベルテ
    9月 メト本番、リベルテ小合宿、生活のほとんどがリベルテ
    10月生活全てがリベルテ
    11月リベルテ本番、あとは交遊関係を大事にする日々
    12月交遊関係を大事にする日々、“未』本格化、ギリシア料理を食べる

    ・2006年のベストコンサートは?

    第1位 キーシン・ピアノリサイタル(ショパンのスケルツォ4曲ほか・4月26日)
    第2位 フェドセーエフ指揮モスクワ放送フィル(ショスタコ10番ほか・5月23日)
    第3位 ボストリッジ・テノールリサイタル(シューベルト:冬の旅ほか・11月14日)
    第4位 スクロヴァチェフスキ指揮ザールブリュッケン放送交響楽団(ベト4と5・12月3日)
    第5位 ヘレヴェッヘ指揮コレギウム・ヴォカーレ(ミサ曲ロ短調・6月8日)
    同率5位 ブレハッチ・ピアノリサイタル(オールショパンプログラム・11月24日)

    キーシンはアンコールを確か7曲もやったのでした。しかし、スケルツォの2番や3番の瑞々しい演奏は、いつまでも忘れられないですね。
    どうやら今年は、ショパン・ショスタコとあとは合唱に感動したみたいです、自分。

    あ、そういえばモーツァルトイヤーでしたっけ。。。
    GWのラフォルジュルネから取るのを忘れてました(汗)
    ベルリン古楽アカデミーのディヴェルティメントK.136とか、カリユステのミサ曲とか、すごい良かったんですけどね。これも3~4位くらいにしても良かったか。

    ・2006年のベストCDは?

    まだちゃんとデータベース化してない(ということは近々する予定あり)ので、今年だったかどうだか定かでないのですが・・・。

    第1位 ブルックナー:交響曲第5番(ヴァント指揮ミュンヘンフィル)

    第2位 ショスタコーヴィチ:交響曲全集(キリル・コンドラシン指揮モスクワフィル)
     
    第3位 ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ(バシュメット)

    第4位 ブルックナー:交響曲第8番/シューベルト:交響曲第7(8)番「未完成」(ヴァント指揮ミュンヘンフィル)

    第5位 バッハ:ゴルトベルク変奏曲(チェンバロ:スコット・ロス)

    今年発売じゃないのもありますが・・・。

    ・2006年のベストシネマは?

    実は今年はあまり映画を観れませんでした。。。
    2007年こそは映画の年にしたいですなぁ。

    第1位 アンダーグラウンド(クストリッツァ監督・DVD・1995フランス=ドイツ=ハンガリー)

    第2位 美しき運命の傷跡(タノヴィッチ監督・日本=イタリア=フランス=ベルギー)

    第3位 ルナシー(ヤン・シュヴァンクマイエル監督・チェコ)

    第4位 霧の中の風景(アンゲロプロス監督・DVD・1988年ギリシア=フランス)

    第5位 太陽(ソクーロフ監督・スイス=ロシア=イタリア=フランス)

    ・2006年のベスト本は?

    本もね、あまり読めない一年でしたね。あまりに「外」に向かって生活し過ぎました。反省。

    第1位 戦争広告代理店(高木徹)

    第2位 三月は深き虹の淵を(恩田陸)

    第3位 月の裏側(恩田陸)

    第4位 終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ(木村元彦)

    第5位 兎の眼(灰谷健次郎)

    あとは「不肖・宮嶋」とか、ノンフィクションが多かったですかね。

    ・2006年の「私的10大ニュース」は?

    第1位 リベルテの演奏会(CD化!!)

    第2位 “未完成』・ベラクォーレ・メトぽの演奏会

    第3位 2年ぶりの海外旅行(バルカン半島)

    第4位 腎臓病の治療(扁桃摘出+ステロイドパルス)が効きに効きまくる!

    第5位 祖父が倒れる

    第6位 学生時代の友人たちの結婚ブーム第2波キター

    第7位 阪神タイガース、セリーグ2連覇ならずも、終盤の感動的な追い上げ

    第8位 職場で実は初めて直属の後輩ができる(遅っ)

    第9位 全体には煮え切らない1年(それは10大ニュースなのか?)

    第10位 日本酒元年(なんだそりゃ)

    そんなこんなで、今はもう、2007年!

    なんと、「ベスト10の第4位はと、、、えーと、えーと、、、」ってやってるうちに年が明けてしまってましたよ。。。

    明けましておめでとうございます。

    そして、ありがとう、2006年。
    スポンサーサイト


    日記 | 00:55:27| Trackback(0)| Comments(2)
    コメント
    今年もお世話になります。
    1月のコンクールのことが書いてありませんね。
    重要だったのではないのですか?
    (余計なお世話ですが)

    いろいろありますが、私は唯一の合奏コンクールを評価していますよ。
    だからリベルテは日本一の団体だしそのパートトップは日本一のTutti奏者だと認識しています。
    2007-01-03 水 10:17:21 | URL | hiyokan [編集]
    hiyokanさん
    明けましておめでとうございます。

    嗚呼、すっかり忘れてました>コンクール

    「重要」だったかどうだったか?って言われたら、「重要だった」と答えざるを得ないですが、忘れてるくらいですから、何も言い訳できないものがあります。

    というわけで、もう過去ログですし、あえて訂正もしませんが、自分の中で大きな話だったのは間違いない事実です。
    (「リベルテは日本一の団体だしそのパートトップは日本一のTutti奏者だと認識しています。」は明らかに持ち上げ過ぎです。。。というよりは、むしろ、そんなことに私自身があまり関心がないというのが正しいかもしれませんけど。)
    2007-01-04 木 01:09:46 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。