■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    お正月・悲喜こもごも
    【ただ今のBGM】
    美しく青きドナウ(ヨハン・シュトラウス2世)

    ウィリー・ボスコフスキー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団




    お正月の風物詩の1つとして、クラシック音楽界では、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートがあるわけですが、毎年指揮者がコロコロ変わる(今年はズービン・メータでしたね)近年と異なり、かつては全く同じ指揮者で、25年も!続けていたことがあったのです。

    その25年指揮者の名は、ウィリー・ボスコフスキー。

    詳しくはわからないんですが、大体の時期は、1950年代から70年代にかけてです。

    もっとも、この人、本来は指揮者ではなく、ウィーンフィルのコンサートマスターだった人で、かつてシュトラウス自身がそうしていたとされるのと同じく、ヴァイオリンで弾き振りをしていたそうです。

    その頃の演奏の模様も最近ではDVD化されてるようです(私はまだ観てませんが)。

    ボスコフスキーの演奏は、とても微温的と言いますか、世界中の人々が「ウィンナワルツ」というものに求めている最大公約数が提供されている感じです。

    そもそもウィンナワルツってのは、日本の正月の風景にはちっとも馴染まないもので、こうして家のスピーカーから流れてくるのを聴いていても、別に晴れがましくも何ともならないのが残念です。
    少し辛口な言い方をするならば、このニューイヤーコンサートの映像から垣間見られるウィーンの聴衆の保守性だとか、それに輪をかけた日本の「公共放送TVチャンネル」の勘違いセレブ乗りだとか、クラシック音楽というものを骨董品箱の範疇に押し込めようという謀略か?という気さえしてきて、クラクラしてしまいます。

    クラシック音楽へのかかわり方ってのは、欧州だと、残存する上流階級の化石たちの道楽って感じなんでしょうけど、日本ではなまじ伝統がないだけに、「のだめ特需」なる言葉が一部ネット上に存在しているように、今後新たな聴衆層を獲得する可能性があるものと思われます。

    そういう「新興層」の人たちがですね、あのニューイヤーコンサートを観て・聴いて、どう感じたのか、ってのはちょっと気になります。
    一方で、もともと音楽に造詣の深い人が今年のニューイヤーをどう捉えたのか?なんてことは、実はそんなに関心ないんですよね。
    「ヘボすぎ・手抜きすぎ・変なこと(解釈)し過ぎ」って言うに決まってますから(あ、言っちゃった)。
    そんな「純音楽的」なことよりは、社会学的アプローチとしての関心の方がはるかに強いです。


    さて、正月の1日・2日にあった出来事を簡単にピックアップしてみます。

    【新年早々、大失敗の巻・・・】

    詳しいことはここには書けませんが、人様(ある特定の人)に対して大変失礼な凡ミスです。
    しかし、本人はそういうの気にしなそうなナイスキャラな人なので、ま、大丈夫か?(と抽象的に書いてみても、何にもならないですが)

    ええと、カミングアウトしちゃいますと、実は、

    ある既婚女性に出した年賀状なんですが、

    宛先を旧姓で出してしまいました。。。

    あわわわわ。。。

    ま、その相手の女性は、そんなん気にするようなタイプの人じゃない(というか、イジメでわざと気にしたフリとかされそうなタイプ^^;)んですけど、問題は旦那さんの方ですね。
    だいたいそもそも、独身時代から知ってる女性に対しては、結婚後もついつい旧姓で呼んでしまうことが多いんですよね。
    あるいはそれまで苗字で呼んでたくせして、結婚したとたん、ニックネーム付けちゃったり(笑)
    何だかよくわかりませんが、新しい姓では何となく違和感があって呼びにくいというか。初対面の時点で既に既婚の方に対しては、全くない話なんですけれども。

    別にそうすることに、深い意味も他意も(通常は)ないわけですが、これ、相手の女性はともかく、旦那さんからしてみたら、あんまり気分のいいもんじゃないのかな?って気がします。自分はそういう立場になったことがないので、あくまで推測ですけど(しかし、自分は大丈夫な気もしなくもない)。

    で、年賀状なんて、同居してたら、郵便ポストに届いてるのを、どっちが先に見るかなんて、わかりゃしないですから、その時、旧姓で「●△様」なんて書いてあったら、なんだか自分がその人の夫婦関係を公式に認めておらず、暗に抗議してるみたいじゃないかぁ!?という妄想を抱いたり、

    っていうのはまあウソですけど(いや、ウソなのは「妄想」の部分だけね、あとは本当)、とにかく「やっちまったピーナツ」な感じなわけです、ええ。

    その年賀状を出したお相手、もしかしたら、このブログの存在知ってるかもしれないんですけど(もし、これ読まれてましたら、この場をお借りしてお詫びいたします。ごめんなさいm(_ _)m)

    というか、そもそも、苗字違う手紙って届かずに戻ってきちゃうんじゃ・・・?ということの方をむしろ心配すべきなのか?


    【おみくじで生まれて初めて「大吉」を引く!!】

    「凶」なら2~3回引いたことあるんですけどねぇ。。。
    って、ちょっとこれまでが悪すぎですか、、、?(笑)
    これは2007年、いいことありそう!!??

    でも、「病気 軽くない念を入れよ」が気になります。「大吉」なのに、そんなこと普通書かないと思うんだけどなぁ。。。
    ま、他は全て極上のコメントが付いてまして、本当にその通りだったら、今までの人生の不幸な出来事は全てチャラにしてもいいくらいのことばっかり書いてありましたけどね(笑)


    【箱根駅伝観てます】

    実はそこそこ「箱根駅伝フリーク」だと思っています。
    毎年かじりついて観てますし、駅伝シーズンじゃない時期でも、ネットで各校の新入生獲得状況とか、調べたりしてます(笑)

    主な選手の名前や特徴、各区ごとのコースの特徴など、だいたい頭に入ってますよ。
    実業団の駅伝では、元箱根ランナーがいっぱいいて、それもまた観ていて楽しいです。
    特に我が母校が今年はここ数年になく好調なので、観ていて盛り上がるんですね。
    しかし、明日の復路は少し順位下げるかも、、、。
    もし、6区の山下りを区間3~4位くらいで駆け抜けたら、総合3位以内の芽が出てくるかもしれませんが。
    あ、それから自分が通っている大学病院の学校がかなりの駅伝強豪校(ていうか、ぶっちゃけ往路優勝校ですが)なので、そっちも(少しだけ)応援してます~。

    【最後の(?)新年会】

    1月2日は、東京は中野区に住む祖父母(母方)の親族で集まる新年会でした。これ、自分が物心付いた時からずっとやってますんで、もう何十年続いてるのか、よくわかりませんが、とにかく一度の例外もなく、ずっと続いています。
    自分が欠席したのは、イタリアで年末年始を過ごした数年前の正月だけ。あとは皆勤です。
    うちの母は3人姉妹の末っ子で、他の姉妹(つまり自分の叔母さん)の子(つまり自分のイトコ)も女だらけなもんですから、この集いは相当に女社会な感じなんです。
    自分なんかは若造な上に男ですから、ほとんど「いじられる」ためと、男手が必要な場面(片付けなど)用に存在しているようなもんです。
    あ、あとここ数年は運転手という役割もあり、つまりは酒も呑めません。。。
    そんなんだからつまらないか?と言えば、そんなこともなく、やはり「血」というのはそれなりに偉大なものなのかナンなのか、その人たちに最低でも1年に1度は会える機会ということで、不思議な安堵感のある場であります。

    しかし、以前少し触れましたが、自分の祖父が最近、かなり体の具合が悪くなってきていまして、今年はこの新年会自体、開催が危ぶまれたんです。

    祖父自身の「もうこれが最後かもしれないから」という、あまり聴きたくない理由で今年は何とか開催したんですが、昨年までなら90歳を超えてるにも関わらず足りないものがあったら、自分で自転車漕いで買出しに出かけてしまうほど元気だった祖父が、今年はずっとただただイスに座り続けていました。

    それも途中から「ちょっと疲れた」と言ってベッドに眠りに行ったりしてるのを見ているのは、ちょっと辛かったですね。

    ≪もしかしたら、このメンバーでやるのはこれが最後かもしれない≫

    誰一人そのことを口にする人はいませんでしたが、実は皆、同じことを考えていたのか、例年になくたくさん写真を撮ったり、ビンゴゲームやって祖父がたまたま賞品をゲットした時に、みんなで大きな拍手したりしていました。

    自分が昔から知ってるような人って、もう10年も20年も全然変わってないような感覚でついつい居てしまうんですが、「時」は確実に進んでいるんですね。

    何というか、正月から少し寂しい感じです。
    (もちろん、来年また同じメンバーでやれることを信じていますが)
    スポンサーサイト


    日記 | 02:42:34| Trackback(1)| Comments(4)
    コメント
    おめでとうございまーす☆

    アタシもこのお正月はほぼ家におりますよー。箱根駅伝、観てましたよ。アタシもけっこう箱根駅伝好きで毎年チェックしてます。われ等が?!お世話になっている大学優勝しましたね!!

    デパガ時代の時も、みんなでどこが優勝するかの賭けをしたり←フツーにジュースとかランチおごってもらうとかなんですけどね。仕事中にも関わらず途中経過をひそかに携帯を常に持ち歩いてる男性陣と共にチェックしたり・・・。

    そんなこんなですが、今年もどうぞよろしくお願いします!
    2007-01-03 水 21:59:44 | URL | カナッペ [編集]
    カナッペさん
    あけおめです。

    正月は、だいたい家にいるねえ、自分。
    例外はこれまで2回だけ、かな。

    サービス業の人、最近はお正月も何もなくなっちゃったもんねえ。

    昔より街を歩く人も増えた気が。

    地下鉄もバスもクリスマスには全て止まるロンドンみたいな暮らしの方が、少々不便でも、人間らしくていいな、と思う今日この頃です(ま、自分はきっちり休めてるんで不満はないんだけど)




    2007-01-04 木 01:16:40 | URL | タテラッツィ [編集]
    あっ、
    自分も大吉で
    「病気 軽くない念を入よ」だった!
    同じ運勢かも。
    もしや十一番?
    2007-01-04 木 19:04:51 | URL | うづぴょ [編集]
    うづぴょ様
    あけましておめでとうございます。

    年賀状、どうもありがとうございました。
    (私の分はまだ届いてないかもしれません)

    うづぴょ様と同じ運勢とは!光栄でございます。
    大吉というだけで舞い上がってる有り様ですが、、、。

    十一番ではないですが(残念です)

    2007-01-05 金 00:41:38 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    クラシックのうんちく
    『美しく青きドナウ』(シュトラウス2世、1867年)『皇帝円舞曲』(シュトラウス2世、1888年)『ウィーンの森の物語』(シュトラウス2世、1852年)『春の声』(シュトラウス2世)『天体の音楽』(ヨーゼフ・シュトラウス)『金と銀』(フランツ・レハール)・のだめの影響じゃ 2007-04-01 Sun 22:17:39 | クラシックのうんちく
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。