■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    読んでる本
    昨日の「急募!急募!急募!」に対して、何人かの方からレスポンスをいただきました。

    どうもありがとうございます!

    しかしまだ、本決まりは1人もいない状態です(というか、「応援メッセージ」のコメントorメールが大半というか)。

    ぜひ、悩める子羊に愛の手を~!


    --------------------------------------------------------------

    ふだん、電車の中では、携帯で定期的に見ているサイトをちょこちょこと巡回した後は、本を読みます。
    もっとも、通勤電車に乗ってる時間は非常に短いので、あまり読めないんですが。

    自分は数種類の本を同時進行で読むタイプです。

    ・職場の昼休み用
    ・トイレ用
    ・電車用(休日編)
    ・電車用(平日編)
    ・寝る前用


    なんて具合に。

    今だと、

    ・トイレ用は「音楽通論」(楽典)だったりします。



    ずっと昔に一度読んだんですが、かなり忘れてしまったので、基礎の確認ということで。
    いや、読んで正解です。忘れたというよりは、「初めて知った」というのに限りなく近い知識がいっぱい。。。

    トイレで見るくらいがちょうどいいんですよね、ああいうのって。

    dolmente 優雅に優しく
    feloce 野生的にはげしく
    sognando 夢みるように
    volante 軽快に

    とか、「フムフム」と見ていくうちの一体どこで最終的に便意を催すことになるのか、それが近頃の朝の醍醐味となっています。

    tempestoso 嵐のように激しく

    とかでジャストタイミングとなった日と、

    amabile 愛らしく

    とかでなった日では、おのずと、一日の生活の仕方も違ってきます。

    はい、これ、もちろん全部ウソですよ。
    (ていうか、何で発想標語ばっかりなんだ)

    で、、、次行きますと、

    ・寝る前用

    は、

    「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶつける490の質問



    「村上春樹が嫌い」という人は結構いるもので、というか、好きか嫌いかは紙一重みたいな作家なのかもしれませんが(誰が見たって、ある程度は面白いと思うけれど、その先にあるものを心地良いと感じるか、胡散臭い・無味乾燥と捉えるかの違い、みたいな)、取りあえず、このネットによるQ&Aシリーズは、かなりオススメです。

    ほぼ毎日、10~20ずつくらい、細々と読み進めている所です。
    はっきり言って、質問者への答えになっていないものも散見されます。しかし基本的には、「こういうカジュアルな媒体においてさえ、プロ作家の手にかかれば、これだけのクオリティのものとなるんだ」ということが示された感が強いですね。
    いかにも村上春樹らしく、質問に真っ直ぐ答えることはあまりしないのですが、質問の深意を汲み取り、現象ではなく、奥底に眠っている要素を盛り込んだ回答を作っているものが多く、それが凄いですね。上に書いたように、質問者への回答を超えて、単なる自己満足っぽくなってるのもありますが。

    ・電車用(休日編)
    ・電車用(平日編)


    は、一応、「カラマーゾフの兄弟」(ドストエフスキー)です。

    2005年に「上」を読んだっきり、「中」を読んでませんでした。

    最近ようやく「中」に着手。



    相変わらず、登場人物たちのリアクション、でか過ぎです。

    スメルジャコフを筆頭に、予測不可能なクセ者揃い。

    しかし、とっつきにくそうで、読み始めると面白いこの小説は、たしかに歴史に残る名作とされるだけのことはありますね。

    しかし、先日、たまたま本(カラ兄・中)を持って家を出るのを忘れてしまった日があって(これは平日じゃなくて土日でしたが)、その時に、電車で60分近くも手持ち無沙汰になるのもイヤだなぁ、そんな長いこと携帯サイトばっかり見てる気もしないなぁ、なんて思いつつキヨスクを物色してましたら、基本的にキライな「BRUTUS」という雑誌が目に留まりました。

    この雑誌の何がキライかと言うと、ひと言で「スノッブ過ぎる」からなんです。
    ただ、ときどき良い企画(と言っても、「みやげもの特集」みたいな号くらいのもんなので、アレなんですが・・・)をやっているのも確か。

    この時目に留まったのは、



    「特集
     脳科学者なら
     こう言うね!

     茂木健一郎
       ×
     サンクトペテルブルク、NY
    カルカッタ、羽生善治、大竹伸朗
     平松洋子、中沢新一etc」


    という内容。

    これは今現在の自分にはかなりヒットする内容と思われたので、即買いして、電車の中で必死こいて読んでおりました。

    自分このごろ、「人体の不思議」みたいなのに、恐らく生まれて初めて興味を持ち始めてます。

    茂木さんの「クオリア」という概念、これはもしかしたら、文系人間と理系人間が相互理解をする橋のような役目を果たせる概念かもしれないな、と思いました。

    つまり、

    赤い色の感覚
    水の冷たさ
    そこはかとない不安
    たおやかな予感

    など、これらは近代の科学的世界観では把握不可能だと茂木氏は言うんです。

    その先は私には説明不可能ですが。。。

    あ、

    ・職場の昼休み用

    は、今は特にナシですね。
    スポンサーサイト


    読んだ本 | 01:51:30| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。