■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    BALKAN NIGHT2
    昨年の夏に第1回があったmixiの「バルカン音楽コミュ」のオフ会、その第2弾に参加してきました。

    自分が参加しているオフ会と言えば、基本的に2つだけ(フツーの堅気の人は、2つもオフ行かないか・・・)

    ・某ポーランド人映画監督のファンの集い

    ・バルカン音楽

    です。

    前者のオフ、やっていたのはずっと前で、かれこれもう3年くらい開催されてないんですが、かつては自分、幹事を務めたことがあるほど、入れ込んでおりました。
    (本当は今でもこの映画監督にはかなり入れ込んでいるので、またやりたい。メンバーのうち数人とは今でも連絡があるのですがね。)

    そして今日は後者のバルカン音楽のオフ、BALKAN NIGHT2

    場所は、新宿ゴールデン街のラウンジバー「クリシュナ

    ↓ゴールデン街って、新宿文化センターとかに行く時に、通ることあるんですが、ここらで飲んだのは、多分初めて。
    「ちょっとピンぼけ」byロパート・キャパ

    070121_2307~01.jpg


    中はこんな↓感じ。凄い人だかり。
    こちらも「ちょっとピンぼけ」

    070121_2118~01.jpg


    前回知り合いになった人が今回ほとんど欠席で、ほとんど知らない人だらけ!という完全アウェー状態でしたが、次第に知り合いもでき、普通話さないようなディープな会話もでき、楽しい一夜となりました。

    ファッションもバルカンに合わせて来た人がちらほら(普段からそういう格好ってわけじゃないんでしょうが)。

    「ポロ ラルフローレン」などという、保守の極みなセーターを着て行ってしまった自分、ちょい気マズ。。。

    バルカン音楽は、あまり理屈で語っても仕方ないかな?という感じのもの。
    もっとも、今日この場には、日本にバルカン音楽を紹介した第一人者である関口義人さんもいらして、DJ役をやってらっしゃいました。
    この方の手に掛かれば、バルカン音楽の体系を見事に説明してくださることでしょうが、私ごときにはこの熱狂的なチンドン屋さんミュジーークを言語化するのはとうてい不可能。

    前回第1回の時は、この関口さんと畏れ多くもいろいろお話させてもらった挙句、たまたま持っていた関口さんの著書「ジプシー・ミュージックの真実」にサインまでもらってたんですが、今日はひと言しゃべっただけ。
    その時かかってた音楽が何なのかを尋ねただけ。
    アルジェリアの何とかっておっしゃっていました。

    「バルカンじゃないじゃん、、、」とは、モチロン言えず(笑)。
    いや、アラブ音楽とバルカン音楽は兄弟みたいなもんだから、全然構わないんですよね。

    しかし、楽しい音楽と会話と踊り(自分はほとんど踊ってませんが)で、楽しい夜でした。

    正直、そんなに「バルカン音楽ファン」ってわけでもない自分ですが、ときどき、こうした催しに参加するのは、本当に楽しいですね。

    【参考】≪関口義人さんの著書≫

    まずはこちらから「バルカン音楽ガイド」



    音楽だけでなく、ジプシーについて深く学べるフィールドワークの本
    「ジプシー・ミュージックの真実」

    スポンサーサイト


    音楽全般 | 01:53:08| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    プロポーズ?
     タテラッツィさん 会いたーい 
     わたしの世界を広げてくれる、稀有なヒト
     数年後、本土に帰還&永住できたらゼッタイに、
     会ってください会ってください会ってください
      と、いつか言いたかったので、チャンスだと思い、つい。
     
    2007-01-25 木 17:11:18 | URL | なんでしたっけ? [編集]
    なんでしたっけ?さん
    ええと、どなた様でしたですかねぇ。

    そんな言葉はこれまで自分の人生で、ス○ムメール以外で目にしたことがなかったもので、正直うれしいですが、しかし、正体がわからないことには、手も足も・・・(笑)

    というわけで、今度は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて、こっそり貴方様の正体を明かしてくださいませ(笑)
    2007-01-26 金 02:47:41 | URL | タテラッツィ [編集]
     つくづく、そそつかしい。。。。。▄█▀█●
     一回参加しただけで、関西に送還されたため、ぜひリベンジしたいのです!
    ”またお会いしたいなぁ”とぼんやり思っていたものの、
    お付き合いできる知識もネタもないので▄█▀█●だったんですけど
    妹ちゃんのコンサートチケットを届けるために高速を飛ばした一件で(笑)、
    ”なんだ!振り回してもいいんだ”と思ったのです!?
     
    そしてリクエスト。映画レビューの執筆、期待してまっす。

    ああ、なにが言いたいんだかよくわからない。まあいいや。
    2007-01-26 金 11:27:32 | URL | ゆこんつでしたね。汗 [編集]
    わお!ゆこんつさん!!
    >会ってください会ってください会ってください
    >と、いつか言いたかったので、チャンスだと思い、つい。

    こーゆーこと言われてウレシイかどうかってのは、ひとえに「言ったのが誰なのか次第」なワケで、曖昧な反応をしておりましたが、「ゆこんつさん」という正解は、想定内の最上級だったわけでの、この「わお!ゆこんつさん!!」の雄たけびでした。

    自分の幼少時代の8年間の思い出から察するに、「本土」いつか戻るんでしょうねぇ(我が父と同じような状況でしょうから)。
    しかし、「虎の聖地」に出かけた折にでも、憧れのセレブ、ヴェロさんともども会いたい会いたい会いたい・・・
    振り回してくれてもいいから、いや、むしろ、振り回してくらはい。
    知識はゆこんつさんの「参加コミュ」見る限り、ぜんぜん負けてるやうに思いますが。。。

    ”またお会いしたいなぁ”それはこっちの台詞です。

    でも、ゆこんつさんの文章は日本一のB型系文体(決め付け)で大好きですけど、いざ実物の華麗な容貌に出くわすと、自分はきっと、俯いて珈琲をすするくらいしかできなくなります、きっと▄█▀█● 

    というわけで▄█▀█● これ、サイコーです。パクらせてくらはい。





    2007-01-27 土 15:01:50 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。