■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    独身貴族の真相
    これまで数回登場している我が祖父@母方の話。

    現在92歳の我が祖父は、つい3か月前まで自転車で池袋に買い物に出かけるほどの元気印(って言い方も凄いな。ちなみに池袋までは西武池袋線で3駅の所に住んでいます)

    ところが、昨年10月後半に突如体調を崩し、入院。

    その直後に見舞いに行った時には、昏睡状態で、ほとんど会話もできない有り様。

    「サイボーグなんじゃないか?」とひそかに思っていたあのじーちゃんが!

    ってことで、正直かなりのショックを自分は受けました。
    (後で訊いたら、「○△(自分の本名)が来たなんて、わからなかった」とのこと)

    親戚一同、そして祖母(つまり祖父の妻)までもが、「もう2006年の暮れは越せないだろう」と思っていました。

    しかし、異常なまでに心臓が強いのかどうなのか(子供の頃、心臓病だったそうですが、、、)、死ぬにも死に切れなかったそうで、奇跡の復活を果たし、次第に回復。
    11月下旬には見事、退院しました。

    退院直前の祖父が、リハビリで自転車漕ぎマシーンまで漕いでる動画を母からメールで送ってもらったんですが、時速25km以上出てるんじゃ?っていう機敏な動き。
    すげー。。。正直オレより速いかも!?(笑)
    「危篤」の文字まで出た人の、その2週間後の動きじゃなかったです。
    やっぱサイボーグかも(笑)

    そして、お正月を無事、祖父母の自宅で過ごすことができたのでした。

    祖父によると、

    「昏睡状態の間に観た夢の中で、既に亡くなった兄弟たちが出てきた。あれは「お迎え」だったんじゃないかな?」

    なんてはっきりした口調でてきぱきと語っていまして、まあそんな感じなので今年の正月は、一安心ムードだったんですが、またまたここ1~2週間で今度は違う場所が調子悪くなり、またいま、入院しています。
    と言っても11月の頃に比べればはるかに元気で、病室でジグソーパズルなんかやってるようです。

    そして先週末に一時帰宅許可が出まして、祖父の自宅(祖父母が2人暮らししてる家・祖父入院中は85歳の祖母が1人暮らし)で2泊して行ったんですね。

    そこで自分、この間の日曜日に祖父母宅へ顔を見せに行ってきました。

    かなりの齢の老人が住んでる家なので、親戚たちも代わる代わる顔を出すようにはしていますが、ちょうどこの時は、他の親戚も誰もおらず、85歳の祖母と92歳の祖父、そして自分という3人で茶のみ話をしてました。
    しかし、どうも話していて、祖父も祖母も、「祖父がこの家で過ごすのは、これで最後なんじゃないか?」思っている風だったのがとても寂しく感じました。
    しまいには、「もう疲れたよ」のひと言。
    元気なはずの、サイボーグじーちゃんだったはずの人からそういう言葉を聞くのはツライです。

    ま、30代にもなると、親ですらかなりの年齢で、祖父母となったら、健在なだけでかなり恵まれてる方なんだと思いますが。

    ところでここ数年、いつもいつも祖父母が2人そろって自分に言うひと言、

    「○△(自分の本名)の子供を見るまでは、死ねないよ!」

    ふむふむ。なるほどね。

    ということで、自分、祖父母に長生きし続けてもらうために、今だ独身貴族を貫いているわけですよ、ええ。

    なんて祖父母孝行な孫なのでしょう!

    ちゃんちゃん。


    スポンサーサイト


    健康 | 01:52:28| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。