■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    30代の飲み方
    金曜日の話になりますが、大学のマンドリン同期3人+1コ上の先輩1人の計4人で銀座飲みをしてきました。

    10代の頃から知っている腐れ縁中の腐れ縁メンバーですが、今回はちょっと趣向を変えてオトナな飲み方(?)してきました。

    【行ったお店メモ】
    銀座 レストラン ライム(アクア レストラン ダイニング)

    場所がちょっと、というかだいぶわかりにくいです。
    地図持参でも迷います。

    コリドー通りのJR高架下側って覚えとけばヨユーかと思いきや、入口が見つからないんですよ。

    後から考えると、入口のあたりを何度も行ったり来たりしてしまいました(現地集合だったもので)。

    ちなみに自分、今から12年ほど前に、このコリドー通りのローソン(今はナチュラルローソンになっている)でバイトしてたんですよ。
    「何故に、銀座のローソン??」と思われるかもしれませんが、当時は通学定期圏内でしたし、なにせ銀座なので、コンビニバイトでも時給920円とか行ってたんですね(自分の場合、少し深夜帯にかかるところまでやってたので、平均したら時給1000円くらい行ってました)。

    この界隈(銀座6丁目・コリドー通り)って、有楽町駅からだと、まず日比谷側に出て、その後でサガフレードザネッティのあるあたり(帝劇の近く)でJRの高架下をくぐらないと行けなかったりして、結構行くのに面倒くさい場所なんですが、オレ様的にはこんな所庭みたいなもんだぜ!などと不敵に思っていました。
    それでもこの「ライム」はなかなか見つかりませんでした。。。

    で、場所ですが、いま話題の「●二家」の看板の真ん前に入口があり、そこから階段を上がった2階がお店です。

    中は海水魚が泳ぐ水槽が。
    200匹いるそうです。

    329110746_102.jpg

    (画像提供:H氏)

    そしてメニューが食べ物も飲み物も、なかなか凝っています。

    【食べ物の例】
    (2段目は、店HPの解説)

    あんきものテリーヌ
    ジェノバペースト、サルサチリソース、ミソソースでお召し上がりください。
    900円 (945円)

    クラブゴレン
    渡り蟹のおいしさを楽しめる、特製のバリ風焼き飯。
    960円 (1,008円)

    飲み物もかなりオシャレ系、ていうか、初めて名前を聞くようなのがいっぱい。。。

    ぐるなび」情報だと「平均予算 4500円」となっていますが、我々の場合、それよりはだいぶ多くかかりました(コースとかにしたら安く済みそうですけど)。

    お誕生日の人用の花火付きデザートサービスなんかもあります。

    ウチの学校のマンドリンメンツで行く店としては、なかなかセレブチックな店ではありました。

    そして、そのすぐそばにあるバーに入り、飲みなおし。

    このバー、外から中が全く覗けないし(ていうか地下だし)、そもそも「銀座のバー」なんて普通だったらとても入れるような感じじゃないですが、同行者の家族関係者がやってるお店だということで、安心して入ることができました(と言っても、入るときはやはり、どきまぎしてましたが)。

    本当に生姜の香りがする「ジンジャー割り」のカクテルを作ってもらったり、好きな酒の傾向なんかを訊かれながら注文を決めていったりして、なかなか優雅な飲みでしたね(同行者は、家族にそんなの注文したり作ってもらったりで、気が気じゃなかったかもしれませんが)。

    なんだか、18~19歳の頃に思い描いていた「30代の飲み方」をようやくやれるようになったかな、という思いです。(←れれ、2日前の日本酒10数杯の件は、、、?)


    そうそう、映画レビュー、10本近くも溜まっておりますが、少しずつ少しずつ、書いていくことにしまっす。
    スポンサーサイト


    日記 | 02:46:44| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。