■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    復活・音楽ブログ
    【ただ今のBGM】
    交響曲第3番「スコットランド」(メンデルスゾーン)

    クレンペラー指揮バイエルン放送交響楽団




    ある演奏会の予習で聴いています。
    もっともこの曲は、これまで軽く100回以上は聴いてるお気に入り曲なのですが。
    終楽章の後半、コーダのあたりがナンだかヘンです、この演奏。
    スコア見ながら聴いてるわけじゃないので、何がどうなったんだか、よくわからないんですが、どうもクレンペラーが繰り返しだかナンだかをすっ飛ばしてしまっている気がします。


    そして、2月に入り、今月は自分の演奏会月でもありますので、ここらで告知をば。

    マンドリンオーケストラ“未完成』第7回演奏会

    ■日程:2007年2月18日(日)
    開場-14:00
    開演-14:30

    ■入場料:無料(チケットなど必要ありません)

    ■場所: 武蔵野市民文化会館 小ホール

    ■演奏曲目:
    第1部 イギリス民謡組曲 Vaughan Williams
       
        はるかなるサラバンド Joaquin Rodrigo
       
       ルーマニア民俗舞曲 Bela Bartok
       
    第2部 交響詩「夏の牧歌」 Arthur Honegger 
       
       交響曲31番「パリ」 Wolfgang Amadeus Mozart


    2006年の1月から11月初旬まで、自分は「1日15分練習」というのを、概ね実行していました。
    これはリベルテの某代表者(って、1人しかいないやんけ)からのお達しだったんですね。
    で、自分はけっこう愚直なまでにこれを実行。
    10か月間でこれをやらなかった日は20~25日くらいじゃないでしょうか?
    うち15日くらいは、旅行と入院でした。

    それが11月4日にリベルテ演奏会が終わり、当時の自分が、「もう3年は楽器弾かなくていいや!」という乱暴なことを言ったり書いたりして、けっこうその言葉通り、11・12・1月と3か月もの間、楽器に関しては怠け者モード。
    (1月後半くらいになって、さすがに少しやりだしましたが)

    そして今週。
    今の所毎日楽器触っています。
    これで5日連続。
    個人練習時間はMAXで25分くらい。少ない日で15分。
    30分以上は、まずやらないです。

    もし、毎日1時間練習する!ってなったら、その時はもう、映画観たりブログ書いたり、酒飲んだり、ってのが、今ほど自由にはできなくなりますね。

    そして2006年11月初旬までの自分は結構そんな感じでした。
    映画も2006年はロクに観てないです。
    年間で10本強くらいではないかと(DVDやビデオ込みで)。

    それが今年は、1月だけで10本超えですもん。

    と、次第に映画の話にまた行ってしまいそうなのを食い止めるために、さっき観ていたTV「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合・毎週木曜22:00~22:44)で茂木健一郎が言っていた言葉が印象的でした。

    彼は寝起きでも何でも、仕事に取り掛かると、1分後にはフルモードで集中できるんだそうです。

    それが多忙な彼にとっての時間の有効活用なんだとか。

    「そこまで多忙にしてどーする?」
    「なんかいろいろ割り切りすぎてて、妙な感じ」

    といった感想も正直なくはないですが、とにかく物事を開始直後から集中してやるクセをつけると良い、という話は、割とモノの取っ掛かりがスローな自分的には参考になりました。

    楽器も、最初っから集中して取り組めば、15分や20分でも結構長く感じます。

    「最初は軽くウォーミングアップだから」

    と脳内空っぽで弾くよりは、体は確かに徐々に温まってくるんだとしても、脳内はしょっぱなっからフル回転させておくと、意識を濃く持った練習ができそうだな、という気がしています。

    ま、なかなかうまくいかないことも多いのですけど。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:54:23| Trackback(0)| Comments(2)
    コメント
    クレンペラーのスコッチですが、何種類か演奏があって、そのうちの1つはクレンペラー自身が4楽章の最後を編曲した版です。

    フィルハーモニア管弦楽団の演奏の方はスタンダードで、いわゆるスコッチの定番的な名演。世間的な評価が高いのもPO盤。そしてバイエルン放送管弦楽団の方が編曲版だったと思います。(聴いて書いているわけではないので不確かですが、うちにも上記2種類あって、片方が編曲版なので、たぶん間違いないです)

    僕もスコッチのコーダはなんでこんな音楽なのか不思議に思っていまして。その意味でクレンペラーが編曲したくなった気持ちはわかります。でも、その編曲がうまくいっているのかというと・・・
    2007-02-02 金 01:14:05 | URL | うづぴょ [編集]
    うづぴょさん
    どうもありがとうございます~。

    スコアで確認しました。
    バイエルンの方が編曲版でした。
    確かに原曲のコーダ、唐突感がありますね。

    昨日、演奏会でこの曲を聴いていまして、「確かにどっちもどっち・・・」という感想を持ちました。

    2007-02-04 日 14:43:21 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。