■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「グッジョブ!」への臨界点
    【ただ今のBGM】
    「リルラ リルハ」(木村カエラ)




    いま売れてる木村カエラの一作前のアルバムをレンタルしてみました。
    歌声もサウンドも都会的(ちょっと声にエフェクト掛け過ぎな気もするけど)で、2006-7年に「オシャレな人」(「~と思われたい人」を含む)が聴いてる音楽なんだろうな~という感じがしました。
    いや、そんな書き方しなくても、ふつうに良いな、と思います。
    アルバムの参加ミュージシャンに大好きな奥田民夫がいるし。
    かつてピチカートファイブとかラブ・サイケデリコとかシンバルズとか、そこらへん好きだった人向け?(っていうかそれは自分です)
    サディスティックミカバンドにも参加してるみたいなので、今度はそっちを聴いてみたいと思います。

    クラシックは、ここ数日マーラーばっかり聴いています。
    それも一番内省的な9番と「大地の歌」限定で。
    そういうのがなんだか聴きたい心理状態。


    どうやら自分の他の知人にも何人か見られる現象なんですが、この2月あたりの日本の気候というのは、人を内省的にさせるエフェクトがかかるのでしょうか?

    自分、ここ最近、ちょっと更新頻度が落ちていますが、どうにもこうにも生活全体のバイオリズムが落ちてるんですよね。

    ネタ的にはストックもないことないんですが、今の自分の心象風景とあまりにもかけ離れたネタなので、このタイミングで書く気もしないし、時事ネタも、まあいっかみたいな感じでスルー気味。

    そういえば、いよいよ体力の落ちてきた我が祖父はこのごろ、「もう新聞やニュースを見るのはやめた。世間のことはもういい。」と言っているようです。

    自分にはまだ数十年の余命があると思いますので(たぶん)、そんな割り切りはしませんが。

    映画とか本とかそういう方面へのモチベーションは、むしろ向上しているので、ネタがいっぱいなんですけどねぇ・・・。

    ≪本≫
    「カラマーゾフの兄弟 中巻」
    ようやく読み終えました。結局、1か月近くかかってる・・・。
    こんなに読み応えある小説があったのか!ってくらい楽しいんですが、でも、というか、だから、というか、やっぱりけっこう大変は大変。
    「下巻」行く前に、何か息抜きで違う本読もうと思います。

    それから、ここ1か月くらい、雑誌をずいぶんいろいろ読みました。
    これまで買ったことないジャンルの雑誌にまで手を広げてみました。
    音楽、映画はもちろん、ファッションとかスポーツとかアートとか文芸誌とか。あ、ビジネス誌も一応1つだけ。
    その結果、世界が少しだけ広がった気がします。
    やっぱり雑誌ともなると、購入層が限定されてるから、その世界が好きな人だけの共通言語や世界観があって、TVや新聞とは全然違う世界ですね。
    某SNSで参加コミュニティを増やす感覚に近いのかもしれませんけれども。

    ≪映画≫
    年末年始からここまででいくつ観たのか、もうわからなくなってしまいました。
    まだ書いてない所だと、今さらながら、ウディ・アレン発見!が個人的ビッグニュース。
    アメリカ映画=ハリウッドではないのですね、当たり前かもしれませんけど。

    こういう風にバイオリズムが低下してる時、学生時代だったら、授業サボって、どこか旅に出ちゃうか、もしくはしばらく家かマンドリンのたまり場にでも引き篭もってしまっていた所ですが、そうもいかないのがこれまたツライ(逆に幸いなのか?)所で。

    こういう時は、無理になけなしのモチベーションを上げようとせずに、いっそ落ちる所まで放ったらかしてしまえ~というスタンスでいましたら、本当にどん底まで落ちてしまいました。

    仕事中はそれでも普通にやってますけどね。いや、仕事中はそれこそ「なけなしのモチベーション」使ってるので、普段よりむしろ元気なくらい(見る人が見たら、カラ回りしてるのバレバレでしょうけど)。

    そもそも収入の対価として労働をしているという原点を考えると、仕事中にモチベーションうんぬん言い出すこと自体が不遜極まりないという気もします(そんな殊勝なこと、本当はほとんど思ってもいないけれど、そういう風にして自分自身を律することに)。

    でも、人から「グッジョブ!」って言われる仕事と、ミスはないけどただ流してるだけの仕事ってのは、差が歴然ですし、音楽生活的にも、いつまでもこうしてられない事情がありまして、とにかく今週はモチベーションを上げていく必要が、どうしてもあります。

    音楽生活の方で、来週、「グッジョブ!」と身内からも余所様からも言われる・言わせるための、その臨界点が今日なのかなぁ、という気がします。

    今日はこれから具合の悪い祖父の所へ行ってきて、そのついでに映画を1本観てきたら、あとは帰宅して、音楽生活に関わる諸準備に励もうと思います。

    こうして自分の文章を見返してみると、あまりに暗いトーンなので、せめてオレンジ色を付けてアップします(笑)







    スポンサーサイト


    日記 | 12:37:51| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。