■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    2・18は“未完成』本番です
    ↓いよいよ演奏会当日です。
    ぜひぜひ、お越しくださいませ。

    ◆マンドリンオーケストラ“未完成』第7回定期演奏会

    【日程】2007年 2月18日 (日)
    【時間】開場 14:00・開演 14:30
    【会場】武蔵野市民文化会館 小ホール

    ※入場料:無料
    チケットなしでご入場いただけます

    【曲目】
    ■第1部
    1.イギリス民謡組曲 (ヴォーン・ウィリアムス)
    2.はるかなるサラバンド (ロドリーゴ)
    3.ルーマニア民俗舞曲 (バルトーク)

    ■第2部
    4.交響詩「夏の牧歌」 (オネゲル)
    5.交響曲31番「パリ」 (モーツァルト)


    恒例の聴きどころ紹介をしてませんでした。
    もっとも、ここん所、ぜんぜんしてなかったカモ・・・。
    時間もないので、聴きどころというよりは、ひと言メモって感じで、思いつくままにコメントしてみます。

    1.イギリス民謡組曲 (ヴォーン・ウィリアムス)

    ポップでキャッチー、そしてスパイス程度の臭み。
    オリコンで上位進出するために必要な全てを網羅した佳曲です(笑)
    3つの楽章に分かれており、2楽章では珍しくマンドセロが主要な旋律を担当します。
    学生時代にも演奏した曲ですが、当時よりは遥かに大人な演奏ができる見込み。

    2.はるかなるサラバンド (ロドリーゴ)

    木管楽器を常設しているこの楽団としては、珍しく、弦楽器のみでの演奏となります。
    非常にシブい曲です。
    まあ、すき焼きなら春菊、焼肉ならタマネギみたいな位置付けの曲。
    でも、それらがないすき焼きor焼肉なんて、こってりし過ぎて胃もたれしちゃいますよね?
    あるいはハリウッド映画に対する単館系映画みたいな地味な味わい。
    1つの演奏会に必ず1曲は入っているべき緩徐楽章。
    そうしたジャンルの中において、この曲はそれほどメジャーとは言えませんが、クオリティはかなり高い方でしょう。
    この曲はギターがとてもオイシイです。

    3.ルーマニア民俗舞曲 (バルトーク)

    これは割と有名曲ですね。管弦楽の他にピアノ版もありますし。
    バルトークの中ではキャッチーな旋律に満ちた、受け入れやすい曲だと思います。
    通常の西洋音楽(≒ドイツ音楽)とは違ったポイントでアクセントが付いていたりして、弾いてるうちに、拍感覚がよくわからなくなってきます。正拍をガツン!って弾いたら台無し?

    4.交響詩「夏の牧歌」 (オネゲル)

    これもシブいです。
    やっぱ今回の選曲はシブいですね。
    オネゲルって作曲家も鮮烈な印象の曲をいくつも書いてる人ですが、この「夏の牧歌」は素朴派とも言える音楽。
    でも、中をきちんと聴いていくと、案外、クセ者。
    幾度もつき抜けようとする力が働くわりに、毎回スン止めみたいな音楽です(なんだ、そりゃ)。
    ま、そこらへんの奥ゆかしさがおフランス音楽の魅力といいますか。

    5.交響曲31番「パリ」 (モーツァルト)

    この交響曲の第2楽章には現在一般的に演奏機会の多い第1稿の他に異稿が存在します。
    で、今回我々はマニアックにも、両方を演奏することにしました。
    個人的にはボツにされたという第2稿の方に魅力を感じます(私だけでなく、そう言っているメンバーが結構います)。

    交響曲としては軽量級のこの作品。
    これくらいのクラスの作品は、もっとマンドリンで取り上げられてもいいんじゃないかな?と思いますね。
    爽やかに突き抜ける感が必要な曲だと思います。
    少しでもリズムを重く感じないように、いろいろ工夫してみました。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:41:11| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。