■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    芸術は美しくなければならないか?
    おいおい、いきなりテーマがでかすぎませんかい??こんなの誰にも結論
    出せないっすよー。。。

    でも、俺には俺の考えというか、好みでしょうかね、そういうのはありま
    す。

    ズバリ、芸術は美しくなければいけません!

    これって、メトのSZさんやリベルテのAD君が言ってる、「音楽に合わせて、
    時には汚く、時には薄っぺらく、時には濁った音で弾け」っていうような考
    え方とは、一見矛盾する様ですね。でも、決してそんなことはないと思いま
    す。

    楽器をやり、慣れてくると、とにかく美しい音を出すことに快感を覚え、そ
    の音楽が求めるものなんか無視して、バカの1つ覚えみたいに美しい音、楽
    器がよく鳴る音ばかりを求める傾向ってありますよね?
    こういう人は音楽にハマるんじゃなくって、楽器にハマってるだけですね。
    それって独奏できらびやかな曲を演奏するには良いのかもしれないけど、合
    奏には向きませんね。

    例えば、モロゾフの「鉄工場」という曲があります。これは、1920年代
    のギスギスした時代の空気をよく表わした名作だと思います。
    でも、この曲をヨハン・シュトラウスやイタリアオペラを弾く感覚で上品に
    あるいは熱っぽく歌い上げたら、とんでもない勘違い演奏になりますよね?

    音楽における美を崩壊させたのは、ストラウ゛ィンスキーの「春の祭典」あ
    たりなのでしょうかね。

    それまでの音楽の多くは、時にセンチメンタル、時にはかなげに、又は楽し
    げに美を追究していれば良かったのが、騒々しい音や雑音のような音にまで
    芸術的要素を持ち込んだのが、近現代音楽というわけです。非常にざっくば
    らんな言い方ではありますが。

    でも、そういう音楽にだって、結局は根底に美の精神が貫かれたものしか、
    普遍的な評価を得ることはないように思います。「鉄工場」だって、1つ1
    つの音には濁ったような音も混じっていますが、それでも聴いていて切な
    くなったり楽しくなったりして、また聴きたくなります。これは、やはり作
    曲の精神の根底に美が貫かれているからじゃないかな?って俺は思います。

    楽器を弾く者としては、根底にある美を感じつつも、SZさんやADさんの言う
    ように、状況によりテクニックとして音を使い分けられれば、それで良いの
    だろうと思いますね。

    結論:音楽は美である。ただし演奏は美の達成のために、美しくない手段で
       も容赦なく選び取るべし!

    なんちゃって。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。