■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    検索ワード
    【謹告】3月24日(土)にリベルテ初のCDが一般発売されます!

    ヴィヴァルディの「四季」とチャイコフスキー「くるみ割り人形」組曲(抜粋)が収録されています。

    「四季」は昨年11月のライブ録音

    「くるみ割り人形」は昨年1月に「第1回 ムジカ.マンドリーノ 合奏コンクール 東京」で優勝した時の演奏

    です。

    自分が演奏に加わったCDが一般発売されるのは、これが初!
    それがこのカップリングというのは、とてもいい思い出になります。

    いやいや、そんな私小説チックな(?)話ではなく、普通にお楽しみいただけるCDになっていると思います。

    マンドリンでこれらの名曲がどのように鳴らされるのかを確認するために聴いていただくもヨシ、
    マンドリンの選曲用の参考資料にしていただくもヨシ、
    関東の血気盛んな若者(?)が集うマンドリン楽団の記録として聴いていただくも、またヨシです。

    演奏会は「記憶」に残るものですが、CDは当然「記録」に残る媒体。
    このCDがある地点における一つの記録として世に生み出されることは心の底から素直に嬉しいです。
    CD化に当たり頑張ってくれたリベルテ代表を始めとするメンバー、そして発売元のNAVIさんにこの場をお借りして感謝いたします。
    少なくとも「四季」については最初からCD化を考慮して練習を積んでいたわけですから、悔いのないものになっていると思います。

    これは、今後、このサイトでも必要十分な、いや、それ以上のスペースを割いて(笑)特集していきたいと思っておりますんで、まずは速報のみにて。

    あ、ご購入については、私から買っていただいても、もちろんOKです。というか、そうしていただけると嬉しいです(笑)

    詳しくはメールtatecchoあっとまーく以下やふーまで。

    なお、このブログはタテラッツィの個人ページで、特定の団体とは一切関係ありませんが、今回のリベルテCDにつきましては、ここを使ってプロモーション活動を行っていく旨、楽団代表との間で話が付いております。
    ただし、内容については完全にタテラッツィオリジナルで、ここで挙げられた意見・感想等が団の総意ではないということを申し添えます。


    たぶん自分は贔屓目なしに見て「お人よし」な部類なのかなと思います。

    一昨晩、一度にいくつもの「お断りメール」をしたことで、気分が一気に沈みがちに。
    罪悪感を持つほど悪いことをしたわけではないのですけどね。
    ていうか、本来、自分が何をしようと、どう生きようと、個人の自由ですから。

    しかし、これまでの自分は、

    「自分のことを必要としてくれる人と一緒に何かをしていたい」

    という気持ちが、音楽でもそれ以外の所でもありました。

    特に楽団の活動って、そういう面が大きいですよね。自分の好みよりも、自分のことを必要としてくれるかどうかで出演する団体を決めたりとか。

    人から何かの話を持ちかけられた時、手帳を見て予定が空いていれば、大抵のことはOKしてきました。
    それで断わったのは、体調が悪い時か、どう考えても予定をこなしきれないと判断した時か、あるいはよっぽどイヤだった時くらいでしょう(笑)
    でも、少なくとも今年は、一度そこから離れてみようと思うのです。
    手帳は隙間だらけにして、自分のペースで何かをする年にしようと思います。

    演奏会、2007年はあと1つしか出ません。

    11月のリベルテです。

    たしか、選曲などの詳細は(外には)未発表だったと思うので、まだ書けませんが、もうすぐ次回に向けての活動がスタートします。

    実は、今年のマンドリンの活動をどうするか、っていうことについては、結構ギリギリまで迷って、それで返信なんかが遅くなったものもありました。この場をお借りしてお詫びいたしますm(_ _)M


    ところで、まったく話題が変わりますが、ウチのブログ、チャチいながらも一応アクセス解析機能などというものを置かせていただいておりまして(個人を割り出せるようなモンじゃありませんので、ご安心を)、その中で興味深いデータの1つとして、どんな検索ワードでここにたどり着いたのか?というものがあります。

    Yahoo!とかGoogleとかで何か調べモノをしようとしてたら、あらまあ!こんな場末のブログが引っかかってしまった、、、という悲しきサプライズ(苦笑)

    まあ、自分としても、どんな言葉でここにたどり着いているのか知ることは、マーケティングになります(全然ご期待に沿えてないワケですが、、、)。

    昨日のベスト20検索ワードにバトン的ヒト言コメント付けてみますね。

    「ピアノ連弾 シャブリエ」
    シャブリエのピアノ連弾集のこと、書いたことあったんですねえ。
    CDを1枚持っていますが、確かにいいですよね。譜面も見てみたい。
    たしかあの「狂スペ」もあったかと。

    「カプースチン 自作自演」
    これも一時期、お気に入りでした。ピアソラ並みのブームになるかと思ったんですが、もう一歩みたいですね。

    「マンドラコントラルト 名手」
    誰?某「ヒゲメガネ」師匠のこと??

    「マンドリン 一日」
    これで検索かけた人、マンドリニストの1日とか知りたかったのカナ??

    「ミヨー フランス組曲」
    あー、これもいい曲ですねえ。自分もこのヘンの曲はたまに検索かけますが、あまり情報ないですもんね。「名曲解説辞典」とかに頼るほかないのでは?

    「モロッコ料理 鶏肉 粉砂糖」
    その料理の名前は「タジン」といいます。めちゃウマです。
    モロッコで2度ほど食べました。
    メクネスという旧都にタジンの美味いレストランがありますね。

    「ラストバトン」
    あーそういえば、「もうこれでバトンやるのは最後!」って意味でこんなタイトル付けた日がありましたっけね。結局このごろはもっぱらバトンはmixiでやっております。

    「ラフォルネジュルネ」
    今年も要注目、チェケラッチョ!ですわよ。

    「一日一」
    中途半端w
    「膳」「善」以外に何が出てきますかね?

    「一日一善」
    たしか今、Googleでこのワード入れると当ブログが一番上でヒットするんですよね。国会議員さんでも同じタイトルのブログの方がいるというのに。畏れ多い。。。てか、そのうちワタクシ、「暗殺」とかされたりして(爆)

    「一日一善・マンドリン」
    おお、やっときました、王道ですな。しかしこれ一応多い順なんですけど、こんな下位とは、、、。

    「伝記 松井秀喜 逸話」
    知りません。タメ年ですけど。

    「小噺 ロシア」
    小噺(アネクドート)!大好きっす。本でもネットでも散々ぱら読み耽りましたよ。アメリカンジョークとの違いは、「悲哀を感じさせるかどうか」かと。

    「数独 無料」
    残念ながら当方は数独無料サイトリンク集ではありません。
    またのお越しをお待ちしております。

    「村上 春樹 カフカ賞 スピーチ」
    むしろ俺が調べたいくらいです、これ。Youtubeとかでありそうですね。

    「正しい日本語 いただけ」
    これは以前頑張って調べましたね。
    「いただきますよう」「いただけますよう」→ともに△
    「くださいますよう」→○
    という結論じゃなかったかと思います。

    「薬・エバデール」
    自分が毎朝1粒飲んでる薬です。
    ステロイドの副作用対策で飲んでる薬ですね。
    尿酸値を下げる薬で、ステロイドの副作用で7台・8台だった頃に服用を始めました。今は平常値の6台なので本当はもう不要なんですよね。

    「OB会 結成 内容 ボラ」
    全く参考になれなかったであろうことを想像します。申し訳ありません。

    「finale 総譜 無料」
    これもダメですね。いまだにFinaleには不慣~れ(シベリア寒気団南下中ですが何か?)なワタクシですから。。。

    こんな言葉、書いたことあったっけ?っていう単語がありますね。
    この日は大丈夫でしたが、ときどき、自分の知らない言葉があってびっくりすることもあります。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 09:38:44| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。