■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    浅田真央とノクターンとキム・ヨナと
    【ただ今のBGM】
    ショパン:夜想曲第2番 変ホ長調 作品9の2

    ポリーニ(ピアノ)




    フィギュアスケート女子・浅田真央選手がショートプログラムで使っている曲です。

    このポリーニの夜想曲集、最近クラシックCDを買い控えモードにしている中で、一番最近購入したものです。結構いい値段しました。

    このロマンティックな曲を、過度に甘ったるくせずに、とても美しく立派に演奏しているな、と思いました。

    でも、もう少し影のある演奏でもいいような。
    ちょっと綺麗すぎるし、立派すぎるかと。

    ミニシアターで総制作費30億円の大作映画を見せられてしまったような、そんなミスマッチ感があるんですよね。
    いや、基本的にすごくいい演奏だと思うし、何度も何度も繰り返し聴いていこうと思うCDではありますが。

    さて、その「夜想曲」の2番をバックに滑った浅田真央(世界フィギュア)、ステップ1つ1つが一人だけ無重力状態みたいに軽くて、見とれてしまいました。
    でも、ジャンプで痛恨のミス(3回転+3回転のところが3回転+1回転に)。ショートプログラムが終わって5位でしたか。残念。

    最近のフィギュアスケートの採点法はかなりの玄人さんにしかわからない複雑なものになっているようですが、素人目にも、「あ、こりゃあかん」というのはわかりました。韓国のキム・ヨナ選手なんかは、わかりやすいミスは1つもしていなかったですから。

    で、そのキム・ヨナの演技がすごくいいなと思いました。
    彼女は女優ですね。演技してますね。
    浅田真央とか安藤美姫は、あくまで「浅田真央」であり「安藤美姫」として滑ってると思いますが、キム・ヨナって、曲と衣装と演技と表情、全てをトータルコーディネートしてますね。なんだか1つの作品を観たような気持ちにさせられました。
    スポーツとしてではなく芸術としてフィギュアスケートを観たとしても、このショートプログラムの1位は、やはりキム・ヨナなんじゃないかな?と思いました。

    フィギュアスケートという競技、基本的に注目度の高いオリンピックとか日本開催の大きな大会くらいしか観ない、にわかファンなワタクシですので、採点方式が結局よく飲み込めないわけですが、

    「うーん、今のはスピンが綺麗だったし、65点くらいかな」

    とか勝手に自己採点するっていう観戦の仕方をしていたら、とても楽しめました。
    スポンサーサイト


    一日一曲 | 00:45:07| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    ポリーニのショパン夜想曲は、ずいぶん前に聴きました。いい演奏であることは確かですが、彼の音楽作りの特性とこの曲との相性は微妙だと思うんですよね。最近のポリーニの新譜は、そういったタイプの曲ばかり選ばれてくるので不思議です。鉱物結晶的な美を活かせる曲をもっと選べばいいのにと思ってしまいます。
    2007-03-24 土 02:52:08 | URL | うづぴょ [編集]
    うづぴょさん
    >最近のポリーニの新譜は、そういったタイプの曲ばかり選ばれてくるので不思議です。鉱物結晶的な美を活かせる曲をもっと選べばいいのにと思ってしまいます。

    そういえば、最近のだと「クライスレリアーナ」も聴きましたが、あれもどうなのでしょう?

    「鉱物結晶的な美」、ウェーベルンとかラヴェルでしょうか?
    2007-03-25 日 13:35:50 | URL | タテラッツィ [編集]
    クライスレリアーナ・・・。ぺダリングのせいなのかな。音が少し濁る感じがするんだよね。

    Webernが入ったCDはすごいですね。Boulez、Stravinsky、Prokofievとカップリングですが、どれもすごい。
    これぞポリーニだと僕は思うのです。

    同じChopinなら、練習曲ですかね。

    Ravelは向いていそうなのに、1曲も録音はありません。
    ガスパールと鏡だけでもいいから、録音してくれないかな。
    2007-03-26 月 00:11:27 | URL | うづぴょ [編集]
    うづぴょさん
    >Webernが入ったCDはすごいですね。Boulez、Stravinsky、Prokofievとカップリングですが、どれもすごい。

    僭越ながら激しく同意です!
    このCD、知人にも貸したりしています。

    Chopinの練習曲も、たしかに度肝を抜かれました。
    これ、30年くらい前の演奏ですよね?今、再録したらずいぶん違う傾向の演奏になりそうですね。。。

    >Ravelは向いていそうなのに、1曲も録音はありません。

    へぇぇ、そうなんですか??意外ですね。

    >ガスパールと鏡だけでもいいから、録音してくれないかな。

    優雅で感傷的なワルツも聴いてみたいです~。

    2007-03-27 火 00:31:19 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。