■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    四月のある雨の夜に100パーセントの映画を観ることについて
    【ただ今のBGM】
    トリコロール 青の愛 サウンドトラック




    巨匠、クシシュトフ・キェシロフスキ監督が青、白、赤のフランス国旗の象徴「自由、平等、博愛」をテーマに描く三部作の第1作目。音楽家である夫と娘を交通事故で失ったジュリーは絶望の中、夫の未完のシンフォニーを世に送り出そうとするが…。

    私の100点満点の映画採点法、これまでの最高得点は99点です。

    なかなか100点を出す気になれないのは、ひとえにキェシロフスキ監督という存在があるから。

    デカローグ
    トリコロール
    ふたりのベロニカ

    これらの映画は私の中で100点満点の映画です。

    中でもトリコロール「青の愛」。
    これは私の「人生の1本」と言ってもいい映画。
    無人島にDVD1本だけ持っていけるってなったら、たぶんこれを持って行くと思います。

    ちなみに自分は、村上春樹の短編の中では、「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」っていう話がかなり好きです。

    トリコロール「青の愛」、これは再生に関するお話。

    私は何がしかの事由によりどん底に陥った後、いい加減自己修復を行いたくなってきた時に、決まって行う儀式がいくつかあります。

    その1つが「トリコロール 青の愛」を観ること。

    これまでの人生でも幾度となくこの映画に救われてきました。

    例えば、前の会社を辞めようと決意した、その夜にもビデオでこの映画を観ました。

    あとは、腎臓病を医師に初めて告知された晩もDVDで観ましたっけ。

    そして今晩、私は再びこの映画を観ました。この映画を観るのはこれで7度目か8度目。

    誰にでもオススメしたい映画と言えるか?というと、正直わかりません。
    ただ、この映画が好き!って言う人とは気が合いそうだとは思いますね。


    閑話休題

    新人さんの研修講師をしています。

    1時間程度でいろいろ話をします。ちょっと前(?)に話を聴く側だったのに、今や教壇側の人間になってしまったか、、、感慨深いものがあります。

    話す内容については、事前に読み原稿を作っておいたんですが、現地に行ったら、そんなもん目を落として棒読みしたりできるわけもなく、結局ほとんどアドリブの世界。

    途中で脳みそ混乱して、気付いたら同じ話を繰り返してたりするのは(自分の中では)ご愛嬌としても、内容がもう1つかなぁ。。。

    実は「研修講師」とか偉そうに言ってるくせして、自分が当該分野の仕事を担当するようになって、今日がまだ11日目なのです!ww

    大丈夫かいな・・・?

    いやいや、3年前に一応担当はしていたことがある仕事ではあるんですけどね。。。

    研修の中身については、飽きずに話を聞いてもらえるように、かなり工夫しました。
    しかし、いかんせん内容が薄いかなぁ。
    単に話を聞かせるなんてことはせず、あれこれ斬新なことをしてはいるつもりですが、肝心要の主題に関する私の知識が浅すぎるんですね。
    まあ対象も新人さんだし、深く話す必要は毛頭ないのですが、しかし、知識の底が深い人が簡潔に話すのと、もともと浅い知識しかない人が薄く話すのとでは、おのずと話の説得力が違ってきますからねぇ。

    ま、今の自分にできるいっぱいいっぱいでやるしかないですな。
    もともとスピーチは苦手ではない方なので、何とかなってるかな、とは思っていますけど。

    今週と来週であと4回、教壇に立ちます。

    終わる頃にはもう少し巧くなっていたいものです。




    スポンサーサイト


    日記 | 23:36:54| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。