■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    中国の不思議な役人
    【ただ今のBGM】
    バルトーク:中国の不思議な役人

    ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団




    今日もまた、研修の講師をやった後に残業してクタクタなウィークデー。

    そんな時、ふと思い出したのが、ある知人の方が某所に書いていた日記の文面。

    「今日の俺はバルトークを聴くには、疲れすぎていた」

    「I'm too tired to listen BERA BARTOK」

    (無断拝借、失礼しました)

    そうか、バルトークみたいな音楽は多少元気じゃないと聴くに耐えないのか?

    ということで、バルトークの数ある音楽の中でも一番やかましい「中国の不思議な役人」を聴いてみました。

    わざわざクルマへ行き、カーステレオで大音響にして。
    だって、夜中に家でこんなもん聴いたらコロサレルもの。。。

    (結論)
    いい。すごくいい。

    耳栓したくなるくらいの音量で聴いてたんですが、思わずトリップしかけましたよ。

    こんなデモーニッシュな音楽作る人の人生というのは、当然順風満帆である筈がなく、どうもこのバルトークって人は苦労の耐えない人生だったようです。たしかノリントンだか誰だか、現在結構有名な指揮者が、少年時代にサッカーか何かのボールを窓ガラスにぶつけてガラスを割ってしまったことがあって、その時その中の部屋でピアノを弾いていたのが、かのバルトークその人だったとかいうエピソードをどこかで読みましたが、その時のバルトークは子ども相手だからってまったく愛想も何もなかったんだとか。
    そういう苦虫潰したような大人気ないオヤジって、結構好きですけどね(笑)

    ぜーんぜん曲自体の話に入ってませんが、とにかく、どんなに疲れていても、バルトークの中で少なくとも「中国の不思議な役人」は妙なパワーをくれる、ということが本日の主題。

    バルトークってかなり好きな作曲家ではあります。でもその中で「中国の不思議な役人」という奇天烈ミュジークのことを、

    これが一番心の中に染み渡ってくる!

    なんて思ってしまったのは、これが初めて。
    やはりどこかワタクシは病んでいるのかもしれんです。

    まあブーレーズ指揮のバルトーク(DGの新盤)はつまらないというのが定説で、自分もまあ演奏自体にはちっとも惹かれないのでありますが、、、。


    スポンサーサイト


    一日一曲 | 00:27:01| Trackback(0)| Comments(2)
    コメント
    マンダリン! 10種類くらいしかCD持ってませんが、とても惹かれる曲ですね。

    20年以上前にアバドが来日したとき組曲版を演奏したのがよかったのを覚えています。ロンドンフィルとの全曲版がCDで出ていますね。このころのアバドの現代に近い近代ものは素晴らしいと思います。今も昔もベートーヴェンとかさっぱり面白くないのだけれど。

    ほかに、これも組曲版ですが、マデルナ(モンテカルロ国立歌劇場管)の演奏が独特でよかったです。入手困難でしょうか。



    あと、疲れているときには、かえってこういうタイプの音楽の方が合うという話もどこかで聞いたような気がします。
    2007-04-18 水 01:42:45 | URL | うづぴょ [編集]
    うづぴょさん
    10種類って少ないのですか(笑)
    さすがです。

    アバドの組曲版聴いてみたいですね。
    最近アバドのムソルグスキーを聴いて凄さまじい演奏に驚きましたので。
    あと、マーラーの9番とかは結構いいなと思ったんですけどねぇ。

    マデルナは探してみます。

    疲れている時でも、結構いろんな音楽きけますよね。

    2007-04-19 木 01:09:14 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。