■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    横浜ランドマークタワーでの演奏のこと、「熱狂の日」のこと
    更新間隔が空いてしまいました。

    GWの生活。


    1)知人の弟さんの結婚披露宴で演奏をしてきました

    今年4度目?5度目?
    既に回数も忘れてしまいましたが、このところ結婚式で演奏する機会が、非常に多いのです。

    横浜ランドマークタワー66階での披露宴。

    素晴らしい眺望の中、坂本九の「見上げてごらん夜空の星を」や「フニクリフニクラ」、「エーデルワイス」などを演奏してきました。

    練習不足であまり良い出来とは言えませんでしたが、この手の演奏機会の際にいつも心がけている、「主賓に向けて音を届ける意識」だけはちゃんと持って演奏することはできたかな、と思います。

    それから、今回のお客様は、みなさんちゃんと演奏を聴いてくださったので、やりやすかったです。音も割とよく届く会場だったので、無理して大きな音で弾く必要がなかったですし。

    個人的に不幸があったばかりだったので、新郎新婦さんの幸せそうな姿に、少し癒されました。


    2)ラ・フォル・ジュネルジャポン(「熱狂の日」音楽祭)2007

    今年も行ってますよ~。

    「ラ・フォル・ジュルネ」とは・・・(公式本より)

    1 フランス、ナントで生まれた画期的なクラシック音楽祭
      2005年、東京での第1回開催テーマはベートーヴェン
      第2回の2006年はモーツァルトをテーマに開催された
    2 朝9時から夜11時まで、全館で総計約300のコンサートを開催
    3 1公演は約45分
    4 入場料金は1500円~3000円
    5 0才児が入場できるコンサートもある
    6 会場周辺の街も音楽祭ムードで盛り上がる
    7 ラ・フォル・ジュルネとは、フランス語で「熱狂の日」という意味

     つまり、世界で最もエキサイティングなクラシック音楽祭です。


    だそうです。

    で、今年は?バッハ?とか思ってましたら、

    「民族のハーモニー」

    なんだそうで(ってか、去年の今ごろ、既にそのことは知っていましたが)。

    そもそもクラシックにおける「民族」とは何ぞや?という問題に首を突っ込んだら、それだけで長大な考察を行うことが可能ですが、ここでは19世紀後半以降にドイツ以外の各国で出てきた作曲家たちの音楽全般を指しているようです。

    例えば、↓こんな感じ

    フランス:ラヴェル・ドビュッシー・サティ・サン=サーンス・シャブリエ・グノー・ビゼー・フランク・フォーレ・ミヨー・ドリーヴ・デュパルク・ショーソン

    ハンガリー:コダーイ・バルトーク・リスト

    チェコ:スーク・スメタナ・ドヴォルザーク・ヤナーチェク・マルティヌー

    スペイン:ロドリーゴ・アルベニス・グラナドス・ファリャ・グリディ・トュリーナ

    そのほか、フィンランドとかノルウェーとかベルギーとかロシアとかポーランドとかアメリカとかスウェーデンとか、いろんな国の作曲家が登場しています。

    ラ・フォル・ジュルネはいつもそうですが、プログラムは、一般向けというよりは、クラシック愛好家向け。

    「普段クラシックをあまり聴かない人向けに、ポピュラー名曲集中心で行きましょう」

    みたいな手ぬるいことは、あまりやりません。

    そこが、この音楽祭を自分が愛好している最大の理由ですね。

    普段クラシックを聴かない人に対して、その魅力に気付いてもらうには、ポピュラー名曲集みたいなのをおざなりの演奏で聴いてもらうより、音楽の深淵を覗き込むような曲と演奏を1度でも体感してもらった方が、話が早い、というのが私の考えなんですが(あんまり複雑難解な曲は避けた方がいいとは思いますが)、この音楽祭の主宰者が同様の意向を持っていることは、このプログラムを見る限り、間違いなさそうです。

    既にいくつか公演を聴いてきました。

    ここまでのベストは、

    フォーレの歌曲を集めた公演(ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ室内合唱団ほか)

    それ以外はほとんど室内楽とピアノの公演ばっかり10公演以上取ってます。
    管弦楽はあまり聴く気がしないんですよね(ホール・演奏者・選曲等々を総合的に勘案した結果)。

    作曲家で言うと、ラヴェルとフォーレとバルトークで大半(ほとんど)を占めます。
    特にラヴェルのピアノ曲は、今回の音楽祭で10曲くらいは聴けそうです。

    「チケットぴあ」のプレオーダーで3月までに確保済みでしたので、あとはゆっくり聴くだけです。

    今日はいよいよ、今年の目玉公演、コルボ指揮ローザンヌ室内合唱団のフォーレク(フォーレのレクイエム)です。
    この世のものとは思えないほど美しい、彼らのハーモニーを体感してまいります。

    スポンサーサイト


    音楽全般 | 08:30:22| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。