■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ラ・フォル・ジュルネ総括
    実は5月6日をもって、「一日一善」開始から丸3年が経ちました!

    「石の上にも3年」などと言いますが、逆に3年経ったのだから、そろそろこのブログも一旦店じまい・・・

    ということもこのごろちょっと考えていたんですが、取りあえず当面は継続しておきます(今後の更新頻度を前みたいにほぼ日ペースにできるかどうかはわかりませんが・・・)。

    表題の「ラ・フォル・ジュルネ総括」

    これ、しようと思えばいくらでも書くネタはあるんですが、明日以降ボチボチといきますね(GW明けで明日はきつそうなのでw今日はもう寝ます、、、)。

    今回のラ・フォル・ジュルネではワタクシ、ずいぶんシブい曲をたくさん聴いてきました。

    例えば、

    バルトークの「ミクロコスモス」「2台ピアノとパーカッションのためのソナタ」
    マルティヌーの「2台ピアノと管弦楽のための協奏曲」
    シベリウス 弦楽四重奏曲「親しき声」

    なんてあたりは、この音楽祭がなかったら、もうずっと生で聴く機会なんて持てなそう。
    (この中ではバルトークの2曲が名ピアニスト・ラーンキ夫妻のおかげもあって、大満足でした)

    全体としては、やはり個人的に、バルトーク・ラヴェル・フォーレのためにあったようなイベントでした。

    そのほか、当日券を急遽ゲットしたりして、結果的にかなりの数の公演を聴いてきました。
    12とか13公演くらい?
    おまけに無料スペースで行われていたコンサートや映画なんかも観てきたり。

    よく考えてみたら、21世紀になってから、GWって、京都に行くか東京国際フォーラムに行くしか、していないような・・・。あ、1度か2度は「寝ゴールデンウィーク」もあったか。

    演奏の感想の他に、ちょっと考えたのが、コンサート会場でのマナーについて。

    単純に

    「マナー悪い奴が多い!けしからん!!」

    で終わらせられる話でもなくて、結構いろんな問題を内包している気がします。簡単に言うと、通常のクラシック公演でのマナーとこのラ・フォル・ジュルネでのマナーは、かなり違うものでした。それがいいか悪いかについて。というか一概には言えないので、どのあたりで線引きをすべきだったのか、について。

    これも時間があればそのうち考えてみることにします。

    ま、ここんところずっと続いている精神的下降期にあって、少しでも気晴らしになったかな、という点で、このイベントは行って良かったなーと思いますね。



    スポンサーサイト


    音楽全般 | 00:43:47| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。