■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    I like discussion! 3
    それから、メキシコ出身のスパニッシュ男2人組。一人はシカゴ在住でもう
    一人はカリフォルニアのサンディエゴ在住。前者の男は家族がいまスペイン
    はマドリードに住んでいるそうで、その男の名は「ラウル」。そう、サッカ
    ーファンならお馴染みの「ラウル・マドリード」とも言われる「レアル・
    マドリード」の星、ラウル・ゴンザレスと同じ名前なんですね。彼はそのこ
    とを誇りにしているそうで、俺が見た限り彼が自己紹介する時には常にそれ
    をネタにしてましたし、実際人にもよくそれを突っ込まれるらしいです。
    この2人の男性は米国の中学でスペイン語を教えているそうです。「中学生
    という世代はとても難しい」と言ってました。「中学生でもドラッグとか
    やってるのか?」って俺が聞いたら、「ああ、たしかに。でもそれは世界中
    どの国でも共通の問題だろ?アメリカだけがそうみたいに言わないでくれ」
    って言われました。でも日本じゃ少なくても「中学生のドラッグ」なんて、
    今でもまだ非常にマイナーな話題ですよね。
    そう言えば、今日は残業しながら上司の計らいで、サッカー「レアル・マド
    リードVSジェフ市原」の試合をテレビで観ました。うちの職場、業務都合で
    テレビ置いてるんですよね。こんな風にプライベートっぽく使うのはごく
    稀ですけど、ま、ラッキーでした。「ラウル」もビューティフルゴールを
    決めてましたよ。仕事中でしたが、ちょっと「もう一人のラウル」を思い
    出しました。

    そして2日間、行動を共にしたアイルランド人男性37歳とドイツ人女性
    32歳の夫婦。このドイツ女性とは連夜に渡ってイスラム圏のクセにビール
    片手に議論しまくりましたね。

    彼女:「ハラキリとカミカゼは一緒なの?」
    俺:「違う。時代も全然ちがう!」
    彼女:「でも背景となるメンタリティには共通するものを感じるけど」
    俺:「つまり、お上のためなら何でもするっていう集団主義のことかな」
    彼女:「そう。そして貴方たち日本人は今でもそういう所あるわ」
    俺:「でもずいぶん変わったと思うけどな。それよりドイツのナチズムと
     東ドイツ人は共通する所が多いんじゃないの?統一して10年くらいしか
     経ってないけど、国内には若い人でもそういうメンタルを今なお持ってる
     人が多かったりするんじゃないの?」
    彼女:「ドイツでは教育と法律が整備されているから、そういうことが表だ
     って問題化することは少ないの。」
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。